ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

インディフォーラム15周年記念オムニバス映画作る

e0109292_1023493.jpg




15人の所属監督ら<もう私は勇敢になるのだ>製作参加

今年15周年をむかえたインディフォーラムと<シネ21>がオムニバス映画<もう私は勇敢になるのだ>を製作する。 参加する監督は壮健材、イム・チョルミン、キム・ソンチョル、イ・ジョンピル、起債生、彩旗、容貌院、チュェアルム、チョン・ジヨン、キム・ジョンチャン、パク・ジョンビン、パク・ジェピョン、キム・ミンギョン、キム・ミンギョン、新履修、イ・ジンウ、チャン・フンなど、総15人だ. これらは最近独立映画の最大の話題の‘自生’という主題を持って5分内外の短編映画を作る予定だ。

参加する監督が多いだけ選定に困難を経験しはしなかったのだろうか。“選定のためにいちいち監督らの作品を探してみた”というパク・クンヨン プロデューサーは“インディフォーラム作家会議で活動する監督らを中心に今回のプロジェクトに似合うほどの独立映画監督らを選定した”と選定基準を明らかにした。 また、彼は“彩旗監督は済州道(チェジュド)、起債生監督は光州(クァンジュ)に住んで、キム・ミンギョン監督は個人事情でカナダに行かなければならない状況にもかかわらずこれらをはじめとするすべての監督らが快く一緒にして下さって感謝する”と話した。

“オムニバスを試みたのは事実今回が初めてはいや”というインディフォーラムのイ・ソンヒである議長は“以前にインディフォーラム事前製作支援というプログラムがあったが色々な事情でまともに持続できなかった”とし“15周年をむかえる今年を契機に粘り強く進行すればクォリティーを保障できる作品が出てこないだろうか”と話した。 また、“何より独立映画に今年は難しい時期だ。 政府の文化政策や栄進委の支援が皆切れた状況で独立映画がそれでも自生できることを見せようとする。 その点で今回のオムニバス プロジェクトは今の状況を反映するパフォーマンスになるだろう”とした。 インディフォーラム作家会議のキム・イルグォン シネマ月代表は“今回のプロジェクトはインディフォーラム事前製作支援プログラムの大きさをさらに育ててみることができる機会になると期待する”と話した。

オムニバス映画<もう私は勇敢になるのだ>は現在の撮影を控えている。 5月31日午後5時10分‘インディフォーラム映画祭2010’の‘フォーラム企画’セクションで初公開されて、以後インディプルログでオンライン封切りをする予定だ(開封日は未定). 5月17日からで<シネ21>はオンライン ホームページ等を通して該当プロジェクトらを紹介して製作後援の意を積極的に集める予定だ(インディフォーラム作家会の02-720-6056,indieforum@gmail.com).

文:キム・ソンフン 2010.05.14
by kazem2 | 2010-05-16 10:23