ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

‘アバター’ジェームズ・キャメロン監督 韓国にて講演

☆newsen.com
    “3Dは未来映画の標準に位置すること”
e0109292_15394474.jpg




<ニュースエン ペク・ジヒョン記者>

ジェームズ、キャメロン監督が3D映画が未来映画の標準になると話した。

ジェームズ、キャメロンは5月13日SBSで生放送された'ソウル デジタル フォーラム2010'に登場して特別演説をして3D映画に対する所信を明らかにした。

キャメロンは"映画'アバター'は観客が最上の映画経験を望んだので興行することができた"として"アバターのように3D熱風は続くだろう。 前に劇場と映画市場での3Dの威力を無視することはできない"と強調した。

キャメロンは引き続き"その威力は映画'アバター'焚いて見ることができるように観客らが立証した。 すべての人々が3Dの方向を占っている。 未来を占うのは危険なことだが私が考えた時3D映画は未来映画の標準になるだろう"と話した。

彼は"初めて映画がカラーで上映された時、そして無声で有性映画に越えてくる時白黒映画と無声映画はみな切れた。 カラーが初めて出てきて標準になるまで長い間の時間がかかった。 1939年映画'風と共に去りぬ'以後カラー映画が大衆的になった1960年代まで何と25年もかかった。 もちろん3D標準化はこれより短いだろう。 ハリウッドは今3D製作に追い込まれている"と知らせた。

一方キャメロンはこの日演説で"もうTV市場も3Dに合うように普及してこういう3Dブラウン管を満たしてくれるコンテンツ製作が至急だ"として3Dテレビ番組製作の重要性も力説した。

ペク・ジヒョンrubybaik@newsen.com[2010-05-13 11:58:29]
☆tvdaily.co.kr
by kazem2 | 2010-05-13 15:33 | Movie | Comments(0)