ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ハイトビール 第11回全州(チョンジュ)国際映画祭を公式後援 

【ソウル=ニューシスヘルス/ニューシス】
ハイトビールが29日開幕した世界の人の映画祭り第11回全州(チョンジュ)国際映画祭(JIFF)を公式後援する。

ハイトビールは去る2008年から2年間持続的に全州(チョンジュ)国際映画祭を後援してきたし、釜山(プサン)国際映画祭を後援するなど国内英火山業と文化を発展させるのに一助となってきた。

特に'マックス'ブランド広告ではその間酒類業界広告で見られなかったパク・チャヌク、ポン・ジュノ、キム・ジウン、チェ・ドンフン、リュ・スンワンなど国内映画監督らを登場させて映画に対する格別な愛情を見せた。

主流後援その他にもメイン行事場所の'ジープ(JIFF)スペース'と'ジープ(JIFF)観客ラウンジ'で観客休憩空間を運営する。

この二空間はビールを運ぶのに使われるビール箱とパレットを素材で製作されて災い斉家されているが、ビール箱とパレットは映画祭が終わった後ビール流通現場でまた活用される予定だ。

これはきれいなことで代表されるハイトビールの親環境的企業イメージとよく合う部分なので映画祭を探した多くの観客らから良い反応を得ている。

ハイトビール マーケティング室シン・ウンジュ常務は"消費者らが窮極的に望む楽しみを文化という媒介を通じて伝達するために映画祭後援など多様な文化マーケティング活動を進行してきた"として"今後も創造的挑戦らを通じて持続的に変化するハイトビールの姿を見せる"と明らかにした。

一方今年で11回をむかえた全州(チョンジュ)国際映画祭は29日~5月7日まで進行されて、開幕作'キスすることを'(監督パク・ジンオ)を始め閉幕作'アルラマル'(監督ペドロ コン肉レッズ-ルビオ)まで全世界29ヶ国209編の映画を観客らにリリースする予定だ。

チョ・ジンソン記者jingls29@newsishealth.com 転送2010-04-29 16:26
☆一番下のスポンサーネームをクリックするとそれぞれの公式に行けます
by kazem2 | 2010-04-29 16:36 | kim jee woon