ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「家を出た男たち」メーキングこぼれ話

☆cine21.com
e0109292_18321430.jpg

    (写真 道路を統制してスタッフらが撮影している。)



<家を出た男たち>メーキングフィルム アニェイ

S#1.
メーキングフィルムは現場を第三者の立場で見て記録することだ。 それで現場を見守っている時が多い。 <家を出た男たち>は・ペウをよく分かる監督様と監督様をよく分かるスタッフらで大声も、雑音もなくて見守る立場で余裕がある現場だった。 家が空いてくれば苦労だというのに、移動する時間も旅行する楽しみに残るようにして<家を出た男たち>と共にした時間らが幸せだった。

S#2.
地方撮影を行けばスタッフらも各地域特産物や美味しい店を尋ね歩く。 スタッフらの間にサービスエリア リストがあった。 照明監督様が撮影会場近所に本当においしいチャムポンジプがあると紹介したが、昼休みに行ってきたチ・ジニ先輩が断固として“まずかったのに!”と公表した。 その後照明記事様の美味しい店推薦はリストから除外された。 高麗人参が特産物の地域であったか? 町内住民がプレゼントした人参酒をしばらく必ず抱いたままとても明るく笑ったチ・ジニ先輩の表情を忘れることはできない。

S#3.
前週のある小学校で撮影をする時、ヤン・イクジュン先輩の前にサインを受けに長く立ち並んだ小学生らの行列を見てびっくりした。 ヤン・イクジュン先輩が“君たち私分かるの?”と尋ねるとすぐにどこかで“ファン(パン)です”という返事が聞こえてきた。 あるスタッフがサインを受けた小学生に後ほど尋ねた。 “さっきサイン受けた人が誰なのか分かるの?”その子供は覗いて見て“ヤン・イクジュンで、ネイバーに探してみれば良い! リアルタイム検索1位させてあげなくちゃ!! ところでチ・ジニはいつきますか?”と話した。

文・写真アニェイ
2010.04.26
by kazem2 | 2010-04-26 18:29