ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

芸術家らの芸術的な抵抗方式週間

☆news.nate.com



シネマテーク建設推進委ドネーション広告、共同画報撮影'作家宣言

ジョン・レノン、ポノ、マイケル・ジャクソン.

これらはただスター、アーティストという名前に限定されない。 この三人は現代大衆音楽社を変えたミュージシャンであり同時代政治社会問題に最も敏感だった活動家らだった。

これらの作った作品を見聞きする時、戦争と飢餓と麻薬に反対する彼切なる歌詞を吟味する時、彼らの芸術的明敏だということと機敏な政治社会的感覚、その洗練された表現方式を私たちはどれくらい羨んだのか。

私たちはいつ頃ジョン・レノンやポノの韓国版モデルを期待できるのか? こういう考えを持った人々がいるならばもう少しは不満を寝かす時がきた。 韓国の文化芸術家らの社会参加、抵抗方式が日に発展している。 もちろん'芸術的な'方式で. 国内文化芸術家らの芸術的な社会参加を覗いて見た。

どこに分かるふるいですか? シネマテークも分からないながら

ウィーン:その頭ちょっとどのようにしろというから。

ボン:ベートーベン? アインシュタイン? 自由な魂と自由な発想.

ウィーン:取ってつけることはどこにちょうど取ってつけますか? ビール味も分からないながら。

映画監督ポン・ジュノ、俳優ウォンビンが出演したこの広告は実際のところ広告ブランドのビールより映画関係者らの'ノーギャランティー'で話題を集めた。 芸術映画と古典映画を享有できるシネマテーク専用映画館建設基金用意のために監督5人と俳優7人がドネーション形態でマックス広告キャンペーンに参加したのだ。 先月27日から電波に乗った広告はパク・チャヌク、リュ・スンワン、キム・ヘスなどが出演した。

ソウル アートシネマ キム・ソンウク プログラマーは"今年の初めシネマテーク建設推進委員会が発足して財政的危険を打開するために2月初め監督俳優が参加するドネーション形式の広告製作アイディアが出てきた。 まず3ヶ月広告が放送されて以後追加で進行する計画を持っている。 現在の広告中である'マックス'になるのか他のブランドになるかは未定"と話した。

海苔プログラマーは"俳優ソン・ガンホ氏など他の映画関係者らも参加したがったが、同じ業界広告を契約した状態と参加できなかった。 映画関係者らの専用映画館建設追加活動計画は5月後援の夜行事と7,8月バカンス映画祭に参加するなどが議論されている"と付け加えた。

シネマテーク建設推進委員会は5月にはファッション雑誌<ハパースバザー>に映画関係者20人が共同で写真集を撮影して後援支援金を作ってソウル アートシネマに伝達するプロジェクトも進行する。 映画俳優イ・ビョンホン、イ・ヨウォン、コス、ペ・ドゥナ、ユン・ジンソ、ハ・ジウォン、アン・ソンギ、キム・ヒョジン、オム・ジウォン、チョン・ユミ氏とキム・ジウン、ミン・キドン、イ・ミョンセ、チャン・フン監督などが参加した。 監督と週・助演俳優など映画関係者らが参加するこのプロジェクトは2007年から毎年5月に進行して今年4番目に入り込んだ。

締め切り遅らせてくれと言わなければならない

'締め切りを遅らせてくれと言わなければならない。 通りに出て行くのに文を書く時間がない。'

この話(言葉)は去年6月若い作家らの時局宣言だった'69作家宣言'でキム未月作家が書いた宣言文だ。 80年代民主化闘争の先鋒に立った文人らの社会参加、抵抗やはり2000年代に入り洗練された方式に変わった。

188人の作家らが一行ずつ時局宣言文を発表した'作家宣言69'は以後政治社会参加アジェンダをヨンサン参事で選定して2冊の憲政集<ここはヨンサン参事役です>、<誰も記憶しない者の死>を発刊した。 ヨンサン参事に関するコラムをインターネット媒体と新聞、雑誌などに無料で寄稿してこれを集めて単行本で縛ったのだ。

文人らの特技は文を書くことと言うことであるはず、この若い文人らは今年の初め授乳向こう側Nで'市民と一緒にする人文学講演'を進行したことがある。 憲政集の収益金と人文学講演で集めた寄付は全額ヨンサン参事遺族に伝えられた

断食、街頭デモ、声明書発表など古典的社会参加、抵抗方式を見せた韓国作家会のやはり今年の初めから形式で変化を見せた。 去る2月韓国文化芸術委員会から集会不参加確認書を要求されていた後'抵抗の文を書くこと'運動を始めたこと。 当時韓国作家会議は"今回の事件は批判的理由と創造的力量を萎縮させて、表現の自由を封じ込めることだと考える"として"イ・ミョンバク政府の反文化的、反人権的形態が止まる時まで抵抗の文を書くことを始めるだろう"と発表した。

韓国作家会議は'抵抗の文を書く実践委員会'を作ってブログを運営している。 抵抗の文を書く実践委員会ブログには16日現在の作家らが自発的に使った50編余りの文が載ってきている。 来たオフライン媒体を通じて作家らが投稿していて、この作品を集めて抵抗の文を書く単行本を出版する計画も持っている。

抵抗の文を書くことは文化領域にだけ終わらないで政治・経済・環境・女性・福祉など社会全領域で起きる変化を対象にする。 その初めての主題は政府の4大河川事業. '私の目の前の川'を主題で作家らの市(詩)、散文を集めて7~8月中単行本で開いて出す計画だ。 来月11日には'国家権力と作家の存在方式'という主題で第1回抵抗の文を書く実践委員会シンポジウムを開く。

文を書くこととはまた他の形式の芸術的社会参加度ある。 文化芸術委の'デモ不参加確認書'提出要求に対抗して支援金3400万ウォン受領を拒否して作家会の機関紙<明日を開く作家>が春号から無期限停刊された。 去る3月13日作家らは停刊された春号に入る作品を道路で朗読する通り朗読会を持った。

この日通り朗読会はイ・ジニ詩人の'いきなり',イ・ヒョンホ詩人の'習作時代',ナムジュン・パイク容認の'梅茶毘式',キム・イルヨン詩人の'自画像2010',キム・ソンウ詩人の'瞬間的に光る君の乳色'などが作家の声と発表された。 韓国作家会の傘下自由実践委員会では4大河川阻止運動の一環で来る24日20人の作家が読者とともに八堂(パルタン)一円を歩く行事を用意する。

ト・ジョンファン副理事長は"作家らは最も文人らしい方式、芸術家らしい方式でメッセージを伝達しようとしたしこの法案が抵抗の文を書くことであった。 抵抗の文を書く実践委員会でする今後の活動も芸術家、文人らしい方式で展開するだろう"と話した。

コンサート? 違いますね

社団法人文化連帯で去る10年間リリースした抵抗方式は言葉どおり文化芸術的社会参加だ。 一例で2008年その他を作るコルト・コルテク労働者と連帯して作ったコンサート形態の文化祭は新しい形式の文化芸術的抵抗を見せてくれた。

その他を生産したコルト・コルテク労働者らは永らく黒字を出した会社が突然工場をインドネシアなどで移転しながら2007年解雇にあったし、1年超えて会社と戦って文化連帯とともに2008年9月コルト・コルテクの理由を知らせるコンサートを開いた。

労働運動と大衆音楽をつなぐ一種の'事件'だった。 今でも一月に一度弘大(ホンデ)クラブ パンでコルト・コルテクをためのコンサートが続く。 このコンサートに真の心残りインディミュジションが100余チームを越える。

イ・ハンチョル、ハックルベリー・フィン、ワイナッなど有名なインディミュジションはほとんど全部コンサートに参加したといっても過言ではない。 社会的メッセージを伝達する文化祭で歌と政治スローガン、連帯発言などが回(順序)につながるがコルト・コルテク コンサートでミュージシャンらは何の話もなく演奏だけして舞台を降りて行く。 こういう方式がかえってより大きい反響を起こした。

文化連帯定所研代案文化センターチーム長は"その他会社でミュージシャンが最も大きい1位の消費者なのにミュージシャンらがコルト・コルテクその他不買運動を始めながら会社側にも直接的な影響を与え始めた。 労働運動から文化運動に変わる代表的な事例になった"と話した。

こういう努力のためなのか昨年9月8日仁川(インチョン)地方裁判所でコルト楽器労働者に対する不当解雇判決が下されてきた。 毎月最後の週水曜日弘大(ホンデ)クラブ パンで開かれたコンサートは5月大法院判決を控えて今月にだけ29日弘大(ホンデ)想像の広場でコンサートを開く。

文化連帯は2004年芸術家らと共に工事が中断されたソウル牧童芸術家会館を占拠した。 空いている建物を占拠して芸術家らの作業空間で活用する'ス?'(Squat)を韓国社会に初めてリリースしたこと。 この他にも政府の4大河川事業を反対した弘大(ホンデ)インディミュジションドゥルの公演'そのまま置け',入試問題と関連して青少年らを対象にした文化行事'ツル'フェスティバルなどが文化連帯が成し遂げた代表的な文化芸術的社会参加だ。

"前腕負ける価値はある時関心なかった大衆が歌を歌うコンサートには参加されましたよ。 'これ何故しているのか?'で尋ねて。 前は印刷物を受けなかった人々が何のコンサートなのかインターネット検索してみてコルト・コルテクに耳を傾けて。 社会をさせて、大衆に知らせる新しい地点を悩み始めたとのことで意味があると考えます。"

コルト・コルテク コンサートを3年間一緒にしているチョン・ソヨン チーム長の話だ。 文化芸術家らの芸術的社会参加はそれ自体で私たちの社会地形図を変えている。

イ・ユンジュ記者misslee@hk.co.kr
原文記事転送2010-04-22 10:15
by kazem2 | 2010-04-22 19:08 | kim jee woon