ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画「便パリ」。。。息もできない(日本版タイトル)

☆cafe.naver.com.ddongpari09(便パリカフェ)
e0109292_1905437.jpg

映画「便パリ(息もできない)」を鑑賞してきました
監督初作品で主演のヤン・イクジュンをみたかったからです
ミンギと共演すると聞いたときから何故だか親しみが湧いてきて
彼のインタビューや考え方を読むうちに興味を持ちました
映画は暴力と言葉の汚さと貧しさと家族間の傷つけあいと
観ていて疲れました
「クソ野郎」と言う言葉が何回も出てきたのにハングルのセリフが思い出せません
「シバリ(?)(クソ野郎)」というセリフが多くて
世界の映画祭を総なめした映画ですが
感動と言うよりは驚いたという感じです
愛する気持ちがあるのに愛を伝えることに慣れていなくて
傷つけることでしか人との距離を持てない男でした
映画館(心斎橋シネマート)は9割の入りでしたが
途中でいびきをかいている人がいてちょっとびっくりしましたが
ちょうどお昼時だったせいか私や両隣のヨジャにナムジャの腹の虫が聞えてきて
恥ずかしい思いをしました^^



☆cine21.com.Movies
世の中は飴のようで、血管は汚く痛い

シノプシス

同僚でも的でも区別しなくてののしって、殴って自分気が向き次第生きてきた用役(サービス)チンピラ叙勲. 世の中恐ろしいことない叙勲だが、彼にも心の中に簡単に追い落とすことのできない深い傷がある。 すぐに‘家族’という名前が残した悲しみだ。
そのようなある日、偶然に道で女子高生ヨニと争いが起こった叙勲. 自身に全く臆しないで立ち向かうカンシャク持ちのヨニが珍しかった彼は以後ヨニと近づいて彼女に妙な同質感を感じる。 そのように少しは平和な日常を送ったある日、お父さんが15年ぶりに出所しながら叙勲は激しい感情に包まれるけれど...

製作ノート

2009年世界が<便パリ>を選択した!
2009年韓国映画中国際映画祭最多招請、最多受賞の話題作!

2009年4月3日現在総17個国際映画祭招請、非競争映画祭3個除いた14個映画祭競争部門進出!
国際映画祭での絶え間ない受賞の便りで2009年最も熱い映画に浮び上がった<便パリ>. 全世界映画祭からラブコールを受けて観客と評壇の大きい呼応を...
e0109292_1914161.jpg

           サイン入りのポスター
by kazem2 | 2010-04-18 19:06 | Movie