ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

サイダス FNH,"投資配給,新しい元年開始は'下女'と共に。。。

☆news.nate.com



<ノーカットニュース映画チーム シン・ジンア記者>

“2010年は投資配給会社で再整備したサイダス AFNHがまともに始めて着手を踏み出す元年だ。”

去る2005年 KTの系列会社に編入したサイダス FNH(以下サイダス)が今年 CJとロッテ,ショーボックスと肩を並べるという野心に充ちた抱負を明らかにした。

ユン・ソニョン投資配給本部マーケティング室長は最近ノーカットニュースと会って“去年5月チュェピョンホ代表が就任して既存製作会社で投資配給会社で会社性格を再整備した”として“去る一年作業した映画らが今年その姿を表わし始める。 サイダスに対する評価は今年からだと見れば良い”と強調した。

ユン室長は引き続き“多様な映画で市場占有率を広げることが2010年目標”として“配給代行する作品を含んで全12~15編の映画を自らの製作および投資,配給することになるだろう”と明らかにした。 またKTの系列会社でグループ間のシナジーを出すことができる映画を悩むと説明した。

“単に劇場だけでなくコンテンツ提供業者でIPTVなど変化する媒体環境に合わせて映画を投資して製作するだろう。”

◇‘下女’筆頭に年間12~15編投資,製作,配給

‘カンヌの女王’チョン・ドヨンとイ・ジョンジェが主演した‘下女’は今年前半期最大話題作の中の一つだ。 カンヌ競争部門に作品が出品された状態とチョン・ドヨンが2007年‘密陽(ミリャン)’に続きもう一度カンヌのレッドカーペットを踏めるか忠武路(チュンムロ)内外の関心が傾いた状態.

ユン・ソニョン室長は“‘下女’は今年サイダスがメイン投資して配給する最初韓国映画”として“カンヌ競争部門に進出するならばこれよりより良いことないだろう”と期待感を表わした。 カンヌ進出可否は4月中旬に明らかになる予定であり国内封切りはカンヌ開幕翌日の5月13日に定めた。 これに先週には投資社製作会社広報マーケットが参加した中でカンヌ バージョン内部示唆が進行されていた。

ユン室長はこの日内部示唆の雰囲気を尋ねるとすぐに“厳粛な雰囲気であった”と言葉を慎んだ。 “観客として映画を楽しむための目的でなくことで映画を見るためだ”として“国内封切りバージョンはカンヌ バージョンとどのように違うように修正するのか広報マーケティングコンセプトは映画に合うようにまともに行っているのかなどをモニターした”と耳打ちした。

サイダスはすでに去る3月投資配給した外貨‘グリーンゾーン’を封切りさせた。 ‘グリーンゾーン’は封切り初めての週週末ボックスオフィス1位を占めた。 この他に外貨‘大兵所長(訴状,小腸)’等を配給したし韓国映画では‘ウェディングドレス’を配給した。 また4月には韓国映画‘家を出た男たち’ ‘実家ママ’を配給する。

◇'血みどろの戦い’ ‘グランプリ’下半期を狙う

上半期に‘下女’があるならば下半期には史劇アクション‘血みどろの戦い’とスポーツドラマ‘グランプリ’が準備されている。 ‘淫乱書生’ ‘追撃者’をリリースしたシルク道で製作する‘血みどろの戦い’はパク・ヒスン、珍句、高唱席が主演する史劇アクション.
キム・ジウン監督の‘悪魔を見た’,リュ・スンワン監督の‘不当取り引き’シナリオ作家出身のパク・フン情監督のデビュー作だ。

明国で派兵されて戦闘で生き残った三人の朝鮮軍がお互いを殺さなければならない状況で広がる心理戦とアクションを描く。 今年8月封切り目標ですでにクランクインした状態で純製作費は20億ウォンが投入される予定だ。

キム・テヒ,イ・ジュンギが主演する‘グランプリ’は負傷で夢をあきらめることになったある競馬騎手の涙ぐましい再起を描き出す感動ドラマ. ドラマ‘アイリス’で良い縁を結んだヤン・ユノ監督がキム・テヒとまた一つになったし‘韓流スター’イ・ジュンギがキム・テヒを助力する競馬騎手で加勢した。

ユン室長は“‘国家代表’のように慶州競走場面をスペクタクルするようにとってスポーツがあたえる快感を伝達すること”としながら“パク・ゴンヒョン,コ・ドゥシムなど中堅俳優が助演で出演して済州道(チェジュド)でオールロケする”と明らかにした。 また“‘角砂糖’はサイダスが製作した作品だ。 だが‘グランプリ’が‘角砂糖2’と見えることを願わない”と強調した。 秋夕(チュソク)封切りのこの映画はスンジェ40億ウォン中に韓国馬事会が20億ウォンを投資した。 馬小屋会は現金投資だけでなく現物支援も惜しまない予定だ。

現在真っ最中キャスティング中にある‘甘く殺伐な恋人’ソン・ジェゴン監督の次期作‘2階の悪党’はサイダスが自らの製作する作品. ユン室長は“年間1~2編(便)程度自らの製作する予定”としながら“‘2階の悪党’は監督の前作と同じように独特のロマンチック コメディ”と説明した。(キム・ヘスssiがキャスティングされました)

この他に'無事'キム・ソンス監督が開発しているアジア プロジェクト‘トクピも’が進行している。 ユン室長は“香港と共同製作および投資する映画でまだトリートメント段階”として“会社でアジア,特に中国市場に関心が大きい”と伝えた。
jashin@nocutnews.co.kr

原文記事転送2010-04-08 15:28
by kazem2 | 2010-04-08 21:38 | kim jee woon | Comments(0)