ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

イ・ミンギ 今年は2編の映画に出演予定!!!

スクリーンを野次馬のように駆け抜ける映画俳優イ・ミンギ

                     意地っぱりな顔^^



明確な線を描いてぎゅっと閉ざして意地っ張りな印象を与える唇,そして慶尚道(キョンサンド)なまりが濃厚にバン語り口. 単幕劇を経て2005年<強くなれクムスン>(MBC)でブラウン管に本格登場したイ・ミンギは下手でやぼったかった。 演技がひもじくてランナウェーを抜け出した彼は,彫刻のようにハンサムな容貌と定形化された演技スタイルで綴られた新人らとは確かに違う雰囲気を漂った。

彼が自身を本格的に刻印させたのは艶がないが心弱い柔道選手で出演した<ベスト劇場-泰陵(テルン)選手村>(MBC,2005). この役割を似ているように変奏したドラマ<タルジャの春>(KBS2)と映画<浮気をしやすい日>でうぶで賢くない純政派大学生のイメージを固めよとするようだったのは取越苦労であった。 イ・ミンギはスクリーン中で自由に飛び回った。

<おいしいマン>(2009)では傷ついた人間の内面に集中するのかと思われると,<10億>(2009),<海雲台(ヘウンデ)>を通じて存在感を浮上させる方法を習った。 一言より貴重な表情で真心を伝えるのに成功した彼は結局百想芸術大賞新人男優賞という大事な結果も得た。 信頼をあたえる俳優になったという証拠だ。

ランナウェーでスクリーンで,そして音楽まで,イ・ミンギはいつも自身を表現できる最適の方式で自由に動く方法を習っている。 今年二編の映画で観客を探す予定というイ・ミンギ. 貴重に探求するように演技する彼の意地っ張りな顔をまもなく会える。

★全てのものが新しくなった<ムービーウィーク>を会って下さい!★
by kazem2 | 2010-04-06 11:17