ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ホン・ジュノ監督インタビュー。。。アレックス・ビリントン

☆Interview the Host Mother Writerdirector Bong Joon Ho
e0109292_1352433.jpg




インタビュー: ホストと母作家/ディレクターホン・ジュノ。
アレックス・ビリントンによる2010年3月15日

以前に、殺人の思い出とHost(グェルム)について、だれかがいます。2、3カ月前に私が持っていた、信じられないほど、韓国人の映画制作者ボングにインタビューするまれでユニークな機会、ホン・ジュノ監督、私の好きなディレクターのひとり。 私は、昨年、カンヌで彼の新しいフィルム母(トレーラを見る)を見て、それがとても好きでした。 ただ打たれた母が、この前の週末の間、米国劇場を制限したので、このインタビューはそのフィルムに焦点を合わせられます。 研摩されて、あなたがファンであればそれがそれが多数をカバーする魅惑的なインタビューである、ホン・ジュノ監督、また、これは必読です。 私たちは韓国の文化における暴力から彼のフィルムの作り替えまでのすべてに関して彼自身の映画制作インスピレーションと彼が1970年代のシネマが好きである理由と話します。
ホン・ジュノ監督、たいてい、彼だけがまた、英語で時折話そうとした翻訳者を通したスポーク、あなたが気付くことができる理由であるものは答えを分けました。 時々、ホン・ジュノ、英語で質問に答えようとして、次に、韓国語に元に戻るでしょう。 私は、インタビューの保全を完全に保つために以下での転写におけるその分離にそれを預けました。 それは言いました、そして、彼はとにかくいくつかの魅惑的な話題を調べます、そして、あなたがまた、インタビューを楽しむことを願っています。 機会を得るとき、母に会うのを忘れないでください--それは現在、現在、劇場でプレーしています!

昨年最初にカンヌで母を見たので、私は、大ファンであると言わなければなりません。 私はこのフィルムがとても好きです、そして、また、Hostはとても好きです。 母のための考えがどこから来たか、そして、あなたがどのようにそれを開発したかから始めたいと思いますか?

翻訳者:
私は2つの部品で説明するつもりです。 最初の理由は女優(キムHye-ja)のため、彼女が私がインスピレーションを得たところのそうであり、話のための出発点であったということです。 彼女は韓国の国家の人々の母親として非常に聖像の母親ですが、私が周囲でそれをはじき出したくて、それが彼女のイメージであり、ショーはこの種類の気が狂って、気が狂った側面です。

そして、第二部は私が母親と彼女の息子との関係について調査したかったということです。 4つの親の関係、父子、父親、娘、母親、および息子から、母親と娘によって、私は、母親と息子関係が最も強力であると感じました。 それは動物の性質を持つ方法で本能的です。 特に、あなたは長い間、息子の子宮を運びます、そして、それらが赤ん坊であることの異なったセックスのものであるという事実は来ます。出かけています、奇妙な緊張が間に母親と、息子と、特に韓国でのその関係の間に母親が息子の世話をする方法でちょっとあります…

それで、その1人の男性がいます、そして、息子であるときに、おかあさんと息子と特に韓国の文化における女性の関係は結婚します。 そのように、彼の妻とおかあさん、彼らには、奇妙な三角関係、おかあさんと息子の間の奇妙な緊張、および息子の妻がちょっといます。 あなたが韓国のテレビで見る韓国のドラマの70~80%、それらはその緊張(それらの3人の間で起こるそのドラマ)にちょっとほとんど基づいています。

あなたが言った2、3のことに触れたいと思います。 まず最初に、あなたは、どのようにキムHye-jaを見つけさえして、彼女にフィルムに主演させましたか?あなたが、戻るように彼女を説得したか、または彼女は、これが、シネマに戻る彼女の時間であると感じました、または、それはどのように働いていましたか?

翻訳者:
40年間行動していますが、ほとんどそれはテレビにありました、そして、彼女は実際に2つの特徴しかしませんでした。 しかし、そのフィルムのファンであったのでMurderのMemories(殺人の思い出)であり彼の前のフィルムであり、彼女は本当にそれが好きでした。 彼が近づいたとき、彼女に近づくことに関して、彼女は、'おお、あなたはMurderのMemories(殺人の思い出)のディレクターです'と言いました。それで、彼女は存在と考えに非常にオープンでした。 2004年に、彼は、最初に話の考えを売り込みました、そして、それ以来、彼らは、それをさらに開発しています。 事実、それ、スポイラーが外した母親。 全体の終わりの一部がそれ以来残っています、そして、彼女は本当に、母親がその種類のキャラクタに変わるというその考えが好きでした。 それが彼女が暖かくて、親切な母親を一層ように演奏したところでした過去の役割と少し異なっているところで彼女は何かを試したがっていました。

ホン・ジュノ監督:
彼女がその話を拒否したなら、私がプロジェクトに見切りをつけなければならなかっただろう、…

翻訳者:
彼がこの映画を計画していたとき、役割に彼女がいなかったなら、映画は離れてちょうどぼろぼろに崩れたでしょう。 基本的に、この映画全体は彼女の性格の周りに造られました。

彼女がフィルムを作る際に多くの開発を持っていたように聞こえます。 彼女はあなたと共にスクリプトに取り組んでいましたか? 彼女はどれくらいかかわっていますか? 彼女には確実にするのにするいろいろな事があったように聞こえたので、それはした道を終わらせました。

翻訳者:
彼女は、実際に書き込み過程のどれかにかかわりましたが、彼がスクリプトを開発していた間、彼は、あらゆる数カ月単位で、彼女、または毎月に会うか、または彼女をそのように、そして、次に、まさしくちょっと観察するでしょう、彼女の表現、彼女が話す方法ということでなく、また、息子の母親であるので、ただ関係が見えています。 ただ彼女を見て、その過程で彼女とコミュニケートできるのは彼を大いに助からせました。 彼女に会っていた間、彼は多くの写真を撮るでしょう。 彼は、彼の俳優と共に大いにこれをするのが好きです。 それで、彼は彼女の何千枚もの絵のようにそうしました、彼女の顔、交信しました、そして、あなたがフィルムを見ても、それはクローズアップのフィルムですが。 それで、あなたは彼女の多くのクローズアップを見ます。 そして、ただそれらの絵を研究して、彼女の異なった表現、その種類の助けを見ると、スクリプトは育まれます。

私があなたのフィルムで気付いた他のものの1つは、暴力がむこうでほとんど残忍であり、ある意味で無検閲であり、どれがアメリカ人にそれを培養するかは、私たちの評価体系のため人気がないということです。 私は、それが韓国の文化から来る何かであるかどうかそれが、あなたが特に求めて努力する何かであるかどうかと思っています、あなたのフィルムを向けて。

翻訳者:
独裁政体が韓国にあって以来50年前であっただけであるので、一般に、とても韓国の文化は暴力に非常に慣れています。 それで、その暴力は文化にちょっと染み込みました。 ただ暴力を見るか、または他の人々に乱暴でさえあるように、人々がお互いを殴ると、彼らはもう少し冗談を言っていて、笑う方法でそれをただ取るでしょう。 それで、暴力は、韓国の文化で、よりなじみ深くて、何かいつもであることのものです。 高校に彼が実際にいたとき、教師は、子供を打つことができました。

ホン・ジュノ監督:
毎日何回も。

翻訳者:
彼らが研究しなかったか、または彼らが何でもただそれらを打ったなら。 しかし、今、今日の文化では、それは社会でちょっと変化しました。 教師が今までに子供を殴ったなら、すべての子供が、彼らの電話を取り出して、写真を撮って、インターネットにそれを置いて、物議をかもすでしょう。 あなたがMurderのMemories(殺人の思い出)と探偵がケースにちょっとアプローチする方法と探偵が20年後に作られる母のケースにアプローチする方法を比較するなら、ただその社会がどう変化したかを見るのはおもしろいです。 あなたはおもしろい。

ホン・ジュノ監督:
MurderのMemories(殺人の思い出)では、探偵は容疑者を負かします。 しかし、母では、彼らは容疑者ではなく、りんごを打って、唯一のりんごはフィルムからの内輪の冗談です。 しかし、それは非常に控え目な表現です。

翻訳者:
今日、ほんとうは、彼らは、容疑者を決して打ちませんでした。
今までに、ここでハリウッドとダイレクトフィルムに来るためにあなたを提供したことがありますか?

ホン・ジュノ監督:
実際に、Host(グェルム)の後に、ある政府機関が、私に近づきました、そして、今、私には、エージェントがここにいます。 彼らは毎カ月あたり1つのスクリプトで私をいつも送ります。

もっともここにプロジェクトを引き受けることの代わりにそこにフィルムを向けて、韓国にいるあなたが、決めた理由がありますか?

翻訳者:
私はハリウッドで映画を撮る可能性にオープンですが、すべてが計画通りちょっと行っているので、時間的に関して、それは本当に起こっていません。 Host(グェルム)の後に、彼は、母を撃つつもりでした、そして、母の後に、スノーPiercer(雪国列車)、彼の次のフィルムを撮りたがっています。 それで、それに関して、それはちょっと設定されましたが、彼は可能性にオープンです。 しかし、彼は彼のフィルムの上にいつも100%の最終的なカットと創造的なコントロールを持っていました。 彼は確実に、それがハリウッドで可能になるかどうかということではありません。 それで、それを持って、まだフィルムを作ることができるのにおいて少しのジレンマがハリウッドにあります。

次に、100%の創造的なコントロールを持つことができる限り、彼は、何処かで働いても構わないと思っています--日本、フランス。 日本では、彼がShakingを東京、オムニバス映画にしました、そして、それの100%のコントロールがありました。 それを作るのは、非常におもしろくて、楽しい経験でした。 そして、全体のフィルムを創造的に制御できる限り、彼は、異なった断片を試しても構わないと思っています。
韓国とアジア全体にわたるとても多くのディレクターが意識を取り戻すので、ハリウッドでの仕事と時々それへのアメリカが解決しないのを見たので、私は尋ねます、あなたが言ったように。 そして、私は、あなたが、韓国で働き続けているのを見るのを好んで、これらのすべてのすばらしいフィルムが韓国から来るのをまだ見ています。 それは私が尋ねる唯一の理由です。 何が、それ以上のことをするように、あなたをしますか: スクリプトを書きますか、フィルムを撮りますか、またはそれを一緒に編集しますか? あなたはどれを好みますか?

ホン・ジュノ監督:
私はいつも自分によるスクリプトを書きます。 私には、Screenwritingは最も苦痛です、とても孤独であり、それは嫌いですが、ある種のscreenwritingパートナーがまだいません、長期のscreenwritingパートナー、しかし、私はだれか(何らかの名コンビ)を見つけることを本当に望んでいます。 それで、現在それでも、私は次のプロジェクトのために私自身のスクリプトを書いています。

翻訳者:
フィルムを作る全体の過程はかなり難しいです。 それは時には、苦痛である場合がありますが、私が最も楽しんでいる部分は、混合です。 それで、私が撮った場面を見て、それの上に音楽の層を置くとき、私は、快さがまさしくそのただそれを見ていると感じます、それが音楽と共に来るのを見て。

ホン・ジュノ監督:
スコアが良いなら。 笑い

あなたはどのくらいのポストプロダクション仕事をしますか? 何かあなたがそれを結局良く見えさせるようにするCGI仕事がありますか?

ホン・ジュノ監督:
母のために?

賛成、中の母が特定ですか、またはあなたは撃っている間、カメラのすべてをしようとしますか?

翻訳者:
それで、一般に、韓国の映画産業は非常にデジタルに適応します。 彼らは本当に全体のデジタル過程が好きです。 デジタル中間的。 母はまた、DIでした。 あなたが完全に見ることができるというわけではないあるものがあります、そして、したがって、それらのデジタル効果が映画にありますが、それらはほとんどシームレスです。 あなたは本当に言うことができません。 そのような詳細の1つは、質問者が来て、彼の口からりんごをけり出す場面です。 それは本当のりんごではありません。 それはCGIりんご、まさしくそのようなものだけ、ただ小さい現実的な詳細です。

Redカメラは韓国に来ましたか、あなたが異なったカメラを撃ちますか?

ホン・ジュノ監督:
HD、うん。 かなり多くの主演映画が現在韓国にRedカメラを含むHDを使用します。 しかし、場合では、私はフィリップスをより好みます。

翻訳者:
彼はその1人の奴になりたがっていますたとえ何があっても、最後の最後までフィルムを撮る、全体の産業が変化しますが。

おお、私は、それがいつまでも周囲にあると賛成して、思います! あなたにとって、あなたの人生でどんなフィルムかが最も鼓舞していますか、あなたの好きなフィルムは何ですか?

ホン・ジュノ監督:
一般に、母かそれとも正当ですか?

ちょうど一般に。

ホン・ジュノ監督:
私は日本人のディレクターShohei今村を愛しています。 1979年の彼の傑作は呼んで、イギリスのタイトルはVengeanceがMine(復讐するは我にあり)であるということでした。 それは実話に基づく1つの日本の連続殺人犯の小さい話です。 私たちが映画でその映画で殺人者を見ることができなかったので、私がMurderのMemories(殺人の思い出)を作るのは、非常に鼓舞していました。 Murderと私の映画Memoriesで。 或るものはスペースを空にします。 殺人者、しかし、映画、VengeanceがMine(復讐するは我にあり)であることは、完全に実際の本当の連続殺人犯に焦点を合わせられます。 しかし、主なキャラクタは探偵、連続殺人犯ではありません。 それで、それは、私にとって非常に役立って、私にとって、非常に鼓舞していました。

そして、私がすべてがとても好きである。 あなたは黒沢清ディレクターを知っていますか? 彼は日本の恐怖、清黒沢、およびShohei今村の多くの傑作を作りました。 キムKyung Hyun、そして、また、私は韓国のシネマの1960年代と70年代の大きいマスターを愛しています。 2年前に、マーティン・スコセッシは、カンヌClassic部と、たぶんニューヨークのリンカーン・センターでも彼の映画を提示しました。 キムKyung Hyun、彼らは彼の映画の何らかの回顧展をしました。 彼は師です、そして、また、私は1970何年代ものアメリカ映画、その期間がとても好きです。 スタジオ映画、その期間からの映画の部分でさえ、一種のcinematique、美、および威厳があります。

あなたはあなたのフィルムでどのようにスタイルを見つけますか? あなたが特に母と共に外観かスタイルを思いつくために特にすることがありますか?彼女が店から逃げ出して、ショットが彼女の側面に沿って続く… 私はそのスタイルのすべてが来るところでただ好奇心が強いです--ときはいつもの、私の好きなショットの1つはそうです。

翻訳者:
私は、自分について説明しようとするのが少し難しいのがわかりました。 また、私はいつもそれを意識しているというわけではありません。 これは、本能と、まさしく私がものを撃つと決める方法でちょっと起こる何かです。 一度次に、位置を知っています、そして、それを非常に意識しています、一般に、ある設定を非常に知っている場合があります、私が場面が起こるように正しい位置を見つけるのが、非常に重要であり、次に、私はその場面をちょっと撮る方法を知っています。

ホン・ジュノ監督:
それで、制作に先立つ時期の間、私は韓国にロケーションスカウトの時間のかなりのロットと、他のフィルムの制作に先立つ時期よりはるかにいつも費やします。

それは美しく見えます、そして、私はあなたのフィルムのすべてが見る方法がとても好きです。 あなたには、何かここ、米国のHost(グェルム)の作り替えにおけるかかわり合いがありましたか? 彼らはあなたといったい話しましたか?

ホン・ジュノ監督:
ユニバーサル・スタジオはリメーク権をHost(グェルム)に買いましたが、私は気にかけません。 私はそれと関係ありません。 私はそうしたくはありません。

翻訳者:
それで、実際に、それへのすべての権利がおそらく続編と他のものに関して撮影されて、私はちょうど一層の謝意として映画を製作したプロデューサーにその映画を製作したプロダクションへのすべての権利を与えました。 それで、彼らはそれで欲しいことなら何でもできますが、プロデューサーが、時々、私に近づいて、'あなたは続編をしたがっています'と言うだろうか、または何でも、しかし、彼は興味を持っていません。

ホン・ジュノ監督:
現在、アメリカの作り替えがあります、そして、また、Host(グェルム)が今準備するいくつかの中国のバージョンがあります。 韓国に、準備しているHost2があります。 彼らは続編を準備しています。 しかし、他のとても多くの新しい話を持っているので、私は全く気にかけません。 私は続編か作り替えをどんな種類で主題にして書きません。

さて、それが解決するなら、あなたはあなたのフィルムのどれかに続編をするでしょうか?

ホン・ジュノ監督:
うん。

翻訳者:
私が繰り返し言いたくないタイプです。 私はフィルムで新しいものを試みたく続けます。 それで、彼らがアメリカで映画を作り替えたかどうかただ言ってください。そうすれば、彼らが新傾向にそれを取るのを新改革を試みてください、新しいレベルに話を上げて、本当にすばらしい映画で消されて私はフィルムのオリジナルの創造者として非常にうれしく思うでしょう。 しかし、行ったとしても、完全な逆方向と映画はただ全くの大便であると判明しました、ねを示しているので、私はそれでオーケーでしょう、それでも、私のオリジナルの映画が、より良いです。

私は、何人かの映画制作者が、彼らが、彼らが、他の誰にも彼らが作成したことを台無しにして欲しくないので、戻るのが好きであると言うのを聞いたと推測します、それが続編か作り替えでそうであるか否かに関係なく。
ホン・ジュノ監督:
作り替えを台無しにすると、たぶん、彼らは私のオリジナルのDVD の映画を探しに行くでしょう。 そして、それで、私は幸福になります! 笑い

ちょうど! また、私は、スノーPiercer(雪国列車)に関してそれがまた、そして、どれくらい早く開発に入るだろうというようにただ頼みたかったです。 それは始める準備ができていますか? スクリプトは書かれていますか?

ホンジュノ監督:
今、私はスクリプトを書いています、そして、ほとんど毎日私の注意の私の視覚考えから何かをいつも得ています、時々飛行機で。 それで、たぶん、私は、すべての来年、screenwritingと制作に先立つ時期に費やすつもりです。 たぶん、次の2年間で撃ち始めるのは、かなり難しいです。 とにかく、私は、2011年にその映画を終えることを望んでいます。

まさしく私がSF大ファンであるので、それを楽しみにしています。

ホン・ジュノ監督:
私も。

ボング、ありがとうございます、ホン・ジュノ監督そして、この機会のマグノリアPictures。 ボングに必ず会ってください、本・ジュノ監督、母、現在それのように、たった今の限られた劇場とそれでプレーするのは、すばらしいフィルムです。

以上を発見してください: 特集されて、外国のインタビュー
Commented at 2010-03-16 08:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-03-16 09:14
☆08:59の非公開さん
おはようございます

今 みてきました

ほんと びっくりしましたね

スポンサーがつかなかったんですね~

今年は戦争物が多いから敬遠されたのかもですね
by kazem2 | 2010-03-16 01:32 | Alex Billington | Comments(2)