ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アリスの次は「オズの魔法使い」か

☆latimesblog.latimes.com.movies




新しい'オズの魔法使い'は2010年3月9日にハリウッド道路の下側に進むことができました。| 午後5時0分

排他的: 新たに、ティム・バートンの「不思議の国のアリス」があるディズニーの大規模な成功から、ワーナーブラザースは別の幼年期のクラシックを作り替えたがっています。 同様であって、本当に古典的です。

スタジオは既存の「オズの魔法使い」が映し出す2を調べています、それらの1つが現代の艶とそれをスクリーンに向かって動かすことである付与に向かった目で。

「オンス」と呼ばれる1つのプロジェクトが、現在、ワーナーのNew線ラベルに生きます。 それは、「薄明かり」と呼ばれる少しのフランチャイズの後ろにあって、ダーレン・レムケによって書かれたスクリプトを持っているTempleヒルによって生産されました、今度の作家、「Shrek、いつまでも、後」

「オズの魔法使い」が突出する1秒(Warners本土で上がっているセット)は、より暗い状態で少し歪曲します--それは「暴力の歴史」でOzに戻る、悪と戦うドロシーの孫娘の上の映画脚本作家のジョッシュ・オルソンと焦点を書きました。 プロデューサーBasil Iwanykと彼のThunder Road Picturesがそんなに1にいる「タイタンの戦い」 (「卵」創造者トッド・マクファーレンは、トーンの何らかの考えをあなたに与えるために潜在的にproducerial容量にかかわります。)

新しい「オズの魔法使い」の考えである間、映画は開発にはあると言われていて、これについて口々に論じていようというステージ、それがロットで十分真剣に進められたので、ハリウッドの周りの何人かの社長の代表は事情を知らせられました。
1939年からのジュディガーランド-主演「オズの魔法使い」--魔女、スズ男性、ドロシー、および他の人皆の上の酒を差し上げることができましたが、本当に、私たちは、必要がありますか? -- 以前、代替の処理を与えたことがあります。 1978年の演劇「ウィズ」の黒のテーマの映画化がありました。 そして、もちろん、グレゴリー・マグワイアの「悪さ」のブロードウェイ適合、少女、魔女、およびエメラルドの都政治の代替の話は約6年前に来ました。 特性は、Universalで開発中であるフィルムバージョンをうながして、巨大なステージヒットを立証して、プロデューサーのマーク・プラットを「欠乏しました」。

聴衆はおいしさ(「少なくとも最初の方は良かったです」と、私たちが言った1人の同僚が言った)か恐怖をもって新しい銀幕「オズの魔法使い」の考えに応じそうです、まさにオリジナルがそのようなクラシックであるので。

しかし、Warnersのために、大きいスクリーンへのドロシー社の後部の話を取ろうとするのにおいて多くのアピールがあります。 2億1000万ドルグローバルな狂うのがあります。「アリス」のために、開きます。(それは、あなたがメガ超大作を創造しようとしているなら、それをする1つの賢い方法がタイトル民族が取るために、効果時代に知って、アップデートするということであることを示しています)。 そして、きちんとした対称があって、一流映画のTechnicolorバージョンが色のために、映画で多くの人々が言うことをしたので、おそらく現在の「ウィザード」という「アリス」というその「アバター」が、3Dのために映画でできました。

また、ハリー・ポッターシリーズが残り少なくなっていて、Warnersはフランチャイズの考えが好きです、そして、同じキャラクタ(それのすべてが公共の場にある)の多くを特徴とする、L.フランクバウムが書いた「オズの魔法使い」と多くの本が、うまく必要条件を満たしています。 そして、「そして、特性の強くて、若い女性の主役を忘れるのをやめましょう、現在、ポスト薄明かりで非常に流行している」、--「アリス」時代。

プロジェクトのタイトルに関して質問がまだあるかもしれません(本「素晴らしいオズの魔法使い」は公共の場では、映画の唯一の「オズの魔法使い」がそうではありません; それがMGMによって所有されているということです)。MGMのライブラリはワーナーブラザースによって一部所有されています。 そして、次に、映画制作者が楽音的要素で映画を作るだろうかどうかに関するその件があります、オリジナルがもちろんしたように。 それらの質問は別として、それは金儲けの公式であるかもしれません。

黄色いレンガの道に続いてください。 それはCGI、テントの支柱、および3Dでばらまかれます。 もちろん、そして、少しの緑色。

-- スティーブンZeitchik

写真: 「オズの魔法使い」からの場面。 クレジット: ワーナーブラザース/ターナーEntertainment


以下の以上 不思議の国のアリス、作り替え、スティーブンZeitchik、オズの魔法使い
Commented at 2010-03-10 18:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-03-10 19:27
☆18:42の非公開たん
こんばんみ~^^

かたっぱしから古典を今風に蘇らせているよね

アリスも大人のグリムのような感じらしいよ

ネズミも来てた?

3D流行りだからこれが当たり前になっていくんだね~

うん
アカデミーの基準は多くの人が観て感動したと言うのではなくてインテリジェンスなアカデミーの審査員が
高尚な 哲学的な そんな作品が好きなんじゃないの~

独立映画(インデペンデンス)なんかは評価されるんと違うかしら

多くの人が観ていなくてもね^^

アバターはよすぎて嫌われたのかな~^^
大衆過ぎたかな^^

ダークナイトもそうだったしね~

by kazem2 | 2010-03-10 12:47 | Movie | Comments(2)