ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カン・ドンウォン 相関図

☆10.asiae.co.kr




下情化:
カン・ドンウォンの中学時代体育先生. カン・ドンウォンは雑誌<良い友人>にそれに対する有り難みを伝える文を書くこともした。 カン・ドンウォンは幼い時期勉強と運動両側を全部上手にして,中学時期25cmが突然大きくて背が180cmになるなど言葉どおり‘厳親’であった。 だが彼が好むサッカーをご両親の反対にできなくなるや思春期とともに彷徨を始めた。 この時下情化が彼をずっと説得してぐっとつかんでくれたと。 以後カン・ドンウォンはまた勉強を熱心にし始め,連合考査で200点満点に192点をむかえて非平準化高校の大層高等学校に入る。 だが彼は高等学校で勉強に大きい興味を感じられなかったし,代わりに友人,酒,ビリヤードで‘ジャーン150点’を得る。 時には試験紙を白紙で出して全校200人中198等をすることもした。 だがカン・ドンウォンはご両親を失望させないためにコ3時期突然勉強を開始,大学に合格した。 言葉どおりしないということだけでできないのはない学生だった強い。

チョ・ソンモ:
歌手. 彼の歌‘確約’のミュージックビデオにカン・ドンウォンが出演した。 カン・ドンウォンは大学進学後ソウルで自炊を始めたし,眼に触れるほかはない容貌で何回も路上キャスティング提案を受ける。 結局カン・ドンウォンは最も大丈夫に見える会社に入ってモデル仕事を始める。 当時カン・ドンウォンは同じキーのモデル平均値より2インチはさらに長い脚など持って生まれた条件に“モデルは表面では派手に見えることができても自分の管理と投資,努力がないならばあっという間に淘汰されやすい職業”というマインドでパリ プレタポルテにも立って海外進出を提案受けることもした。 だがカン・ドンウォンは未来に対して考えて‘確約’等のミュージックビデオで演技を始めた。 当時カン・ドンウォンは相手俳優と初めて会ってキスシーンをとる状況になって演技するのがとても難しかったと。 またカン・ドンウォンは芸能人がファッションショーでいつも専門モデルよりさらに接待を受けることが嫌いで演技者になった後ファッションショーに立たない。

キム・ジョンファ:MBC <1%の奇跡>に共に出演した俳優. 彼は<1%の奇跡%>で冷静ながらも場合塗って,財閥2世ながらも贅沢とは距離が遠い彼のキャラクターを演技してあっという間にペンドムを形成する。 非現実的といっても良い容貌の所有者が現実的な性格のキャラクターを演技して来る妙な衝突が彼を近くに存在するようなファンタジーで作ったもよう。 カン・ドンウォンはMBC <威風堂堂彼女>でなまりを使う医師を演技することもした。

キム・ハヌル:
映画<彼女を信じられないで>に共に出演した俳優. カン・ドンウォンは以前のドラマ出演作らのように<彼女を信じないで下さい>でも無邪気な姿がある田舎薬剤師を演技する。 演出者ペ・ヒョンジュン監督は“周辺で‘日本子同じ素晴らしそうな子供’という認識が多くて田舎男の役割が適合するかという悩みが聞いたがヒチョルが持った純粋さだけは明確に持っていると考え”なって彼に役割を任せたと。 カン・ドンウォンは辛い唐辛子を食べる状況を実感できるように演技しようとチョンヤン唐辛子にウォッシュ費まで混ぜながら食べたし,キム・ハヌルが“侮れない表情演技の達人”と話す程多様な表情を見せる。 カン・ドンウォンが< M>を除いたことのすべての作品で見せてくれる多少緩くてどもりがちな語り口が延期(煙,演技)で見せてくれる彼の特徴ならば,キャラクターに似合う多様な表情は彼が‘モデル出身美男’という偏見を越えることができた重要な理由であった。 特に完ぺきなビジュアルを持った青年が無邪気な表情で継続される姿は言葉どおり‘清純白痴’というほどであった。 なまりを使ったりぼうっとトッピングだけでも女たちを狂奔するようにさせる俳優の登場.

チョ・ハンソン:
映画<オオカミの誘惑>に共に出演した俳優. <オオカミの誘惑>でカン・ドンウォンは少女漫画から出たような姿で登場,路上をすぎて女子学生らに頭を取られる程の人気を得る。 高校時期容貌で‘まったく’(‘最高’を意味する慶尚道(キョンサンド)なまり)を占めた彼の人生をもう少し劇的に見せたもよう。 またカン・ドンウォンは<オオカミの誘惑>で最も印象的な場面で“壁とってナルラチャギ”と話す程アクション演技をして,いつでも涙を流す程涙演技も習った。 またチョ・ハンソンと共に運動とゲームをしながら撮影の雰囲気を習った。 <彼女を信じないで下さい>撮影序盤には映画撮影方式もよく分からなかったカン・ドンウォンに<オオカミの誘惑>は・インギもちろん映画演技と現場を十分に経験する機会まで与えたもよう。 しかし<オオカミの誘惑>は彼をファンタジーに近いハイティーン ロマンスの主人公で作ったし,以前までじわじわ演技者で無事に到着したカン・ドンウォンはあっという間に映画界のアイドルになった。 そして少女漫画の主人公の代わりに成功に対する欲望でいっぱいである男を演技したSBS <マジック>は期待ぐらいの成績を上げることができなかった。

シン・ヨンウク:
デビュー初めのカン・ドンウォンに演技を教えた演劇俳優. カン・ドンウォンは彼の情熱に似たいと話したことがある。 <彼女を信じないで下さい>きて<オオカミの誘惑>間,カン・ドンウォンは“根気よくするのがあまりないのにサッカーのほかは唯一ますますおもしろくなること”と話す程演技を楽しみ始めた。 特に彼は<彼女を信じないで下さい>で先輩らの助演演技を見て“照明した中で立つことよりあるようにないように照明端や外側で光る演技の大切さ”を分かったし,監督との協議下に自身のキャラクターを意図的に地味に演技してみることもした。 もちろん当時カン・ドンウォンは自分の演技に対する以上を設定するよりは“これからどのくらい良くなるのか”だけ考えた時期であった。 だが彼の本格的な演技に対する悩みは演技のために“感情の幅をたくさん広げて経験もたくさんしなければならない”ということを悟ることになって彼がより多様な作品を選択することができるようにする。 <マジック>以後彼は毎作品ごとにジャンルとスタイルが違う作品らに出演する。 “私にあらましということ,妥協というのはない”と話す程強い勝負欲の所有者が演技と本格的に試合を始めた時期.

ウォンビン:
カン・ドンウォンと最も親しい先輩の中の一つ. 二人は芸能人サッカーチーム‘ウィーナス’で一緒に走ったし,サッカーゲーム‘ウィニングイレブン’を楽しむ。 またカン・ドンウォンは<威風堂堂彼女>とった直後稼いだ金でバイクを買ったし,好むこと10種類を選んでくれという質問にサッカー,‘ウィニングイレブン’,RCカーなどを挙げる程男性的な好みを持っている。 楽しくみた本で漫画<カンツ>を挙げて“その話にもならない暴力性と緻密に連結する展開は本当に終わらせる”と話して,自身になりたい姿で“男が認める男”と話すほど。 彼のこういう性格は少女漫画的なビジュアルとより増して作品ごとに奇異な魅力を抜き取る。 カン・ドンウォンは<刑事>の刺客,<私たちの幸せな時間>で殺人罪を犯した死刑囚を演技しながらもその中で男の‘清らかさ’を引き出す。 特に<刑事>で男性ながらもハ・ジウォンよりさらに女性的というほどの‘悲しい目’のキャラクターはカン・ドンウォンのキャラクターとビジュアルが衝突して作り出した絶妙の結果だ。

ハ・ジウォン:
映画<刑事>に共に出演した俳優. <刑事>はカン・ドンウォンが本格的なアクション演技を試みて,自ら“変に前は現場が大変だったが<刑事>は本当おもしろくとった”とする程現場の面白みを感じるようにした。 そして<刑事>は以前まで誰でも感じることはできたが明確につかみ出せなかった‘カン・ドンウォン活用法’のある極端を見せた。 <刑事>で彼は‘悲しい目’をほとんどセリフなしで消化して観客らに完ぺきに眺めることの対象になる。 カン・ドンウォンをただ眺めて初恋を感じるハ・ジウォンの姿のように,カン・ドンウォンは演技で何を伝達するよりは観客らが何か考えるようにさせる神秘な生命体であった。 写真作家薄紙ヒョクが言った通りに“モデルのシックさと俳優の深い表情が合わされて被写体として完ぺきな人物”だった強い。 <刑事>は興行で大きい成功を収められなかったがカン・ドンウォンは<刑事>の観客らを‘ホルリョッ’で,自分だけの領域を作っていき始める。

イ・ミョンセ:
<刑事>きて< M>を演出した監督. <刑事>がカン・ドンウォンの外面を極端に見せたとすれば,< M >は初めから最後までカン・ドンウォンの内面を見せる。 彼はシーンごとに視空間がさかさまになるこの映画を演技するために演技のトーンを“人工的で誇張されるように”捉えたまま鋭敏な小説家の日常を見せる。 <M >ではカン・ドンウォンの素敵なビジュアルより鋭敏で艶がない彼の表情が先に見える。 実際にカン・ドンウォンは“あれこれ取りまとめて重要なことをのがすことよりはいっそ悪い人になりたい”とする程自分の色が明確で,自ら仕事をする時とても神経質という程演技にあって鋭敏だ。 論語の‘支持者火女護持者護持者火女タコ者(知之者不如好之者好之者不如楽之者)’を座右の銘とする程自身が楽しむ仕事をしようとするが一度すれば完ぺき主義者にならなければならない性格であるわけ。 < M >はそのようなカン・ドンウォンの姿をスクリーンの上で見せてくれた作品であったし,カン・ドンウォンはそれをもう少し誇張された身振りと彼だけの口調で形象化させた。 少女漫画主人公の顔の下にあった慶尚道(キョンサンド)男の‘一癖(根性)’が見え始めた瞬間. < M>をすぎてカン・ドンウォンはより明確にキャラクター中に自分だけの姿を表わす。

チェ・ドンフン:
<戦友分>を構想する当時からカン・ドンウォンを戦友分と考えた監督. そして<戦友分>をとった後カン・ドンウォンが“過度に人を笑わせようとしなくて自身の軽快なことで人を楽しくする演技”をしたと絶賛した。 カン・ドンウォンは持って生まれたビジュアルに<刑事>で(なじむ)実らせた踊りのように優雅なアクション,そして自分だけの余裕があるということを加えて戦友分を最も独特の韓国ブロックバスターの主人公で誕生させた。 タフな他のブロックバスターの男性主人公らと別に,戦友分はいくら経たアクションをしても少女漫画主人公のロマンが生きている。 (素朴だ)受け取った韓服でも派手な現代服装でも全部似合って,アクションにも美しさとユーモアが生きている彼の演技は<戦友分>を導いていく核心的な情緒だ。 そして現場によく適応できなかったというカン・ドンウォンは<戦友分>をとる間俳優らと酒を楽しんだし,チェ・ドンフンが“(スタッフ全部)カン・ドンウォンのファン(パン)になった”と話す俳優になった。 彼は今20代後半にブロックバスター一つを引っ張っていくことができる俳優だ。

ソン・ガンホ:
<義兄弟>に共に出演した俳優. カン・ドンウォンは<義兄弟>で“何一つの外に表わすことはできない苦しい”キャラクターの北朝鮮の工作員を演技した。 だが彼のキャラクターは多くの秘密を持った危険なキャラクターでなく傷ついたまま道に迷ってさ迷う清楚な青年に近かった。 それで観客らは彼の人生がハッピーエンドで終わるように願って,これはち密で冷たい雰囲気を本質にむくソン・ガンホと調和を作り出して<義兄弟>にぬくみを呼び込んだ。 <私たちの幸せな時間>でコン・ジヨン作家が“多くの人々が死刑制度廃止に同意するようにさせる程よくできた”顔を持ったといった彼は自身のビジュアルを自分だけの雰囲気で表現する。 そしてそれはカン・ドンウォンがどの作品でも自身の色を残せるように作る。 それはカン・ドンウォンがいつも話したように“楽しみたいこと”をしながらも大衆的な愛を受けることができる力になるだろう。 彼はデビュー初め“顔で押し通すのがどれくらい行くか。 サッカー選手や演技者や結局長引いてうまくいく人は上手にする人”と話したことがある。 そうだ,彼は今上手だ。
by kazem2 | 2010-03-08 18:50