ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ムービーレビュー「Alice in Wonderland」

☆latimes.com.entertainment.news
「RELATED」もクリックしてみてね



ある錠剤であなたは、より大きくなります、そして、1個の錠剤であなたは小さくなります、そして、ティム・バートンがあなたに与える錠剤は全くありません。

ジェファーソン・エアプレインの「白ウサギ」を無断借用させてもらって、それは多少、「不思議の国のアリス」(ディレクターのルイス・キャロル物語のまずまず新しいバージョン)をまとめます。 うまくいっている瞬間を過しますが、それは全体的に見て驚くほど不活性です、彼が実際に自分にしたことよりバートン派生物のように。

また、それ自身のどんなせいを通しても、「アリス」は「アバター」革命の後に出て来る最初の主要な立体リリースである不運を持たないで、バートンが、2-Dで撃って、場面を変換させるのを選んだので、あなたが加えるとき、それは、必然的にことをする古風な方法の最後の喘ぎの1つをように演奏します。

特に旧派は、ベテランのディズニーアニメーション映画脚本作家リンダ・ウルバートン(「美女と野獣」、「ライオン・キング」)によって工夫された縁どり装置です。 このバージョンでは、アリスは穴で低下して「これらのすべての生物を見ます」のビジョン(彼女の親切なおとうさんがただ夢であることを彼女に知らせるエピソード)に困っている6歳の少女のときに、紹介されます。

次に、13年より遅いです、そして、アリスは彼女の母親と共に豪華な園遊会に向かったぽってりしている若い女性(オーストラリア人の女優ミアWasikowska)です。 アリスはちょっとした反逆者(彼女はコルセットを着ません!)です、そして、それを知りま)んが、彼女は彼女の家族が彼女の約束パーティーであることを望んでいることに行く途中です。

しかし、いったん意図するアリスのもの、ヘーミッシュという完全なあざけりに会うと、私たちは、結婚が起こる行くのと、また、良いものでないことを知っています、フィルムのこの部分が非常に退屈であるので、私たちがうさぎの穴が提供するエスケープをほとんど求めているので、特に入り口としてバートンの発明的な心に機能するので。

伝統的な白いウサギ(マイケルSheenによって声に出される)に続いて、アリスはすぐ、また、逃れるのに必死であり、彼女は、穴で突進して、動物が話す驚異の世界に立ち向かって、花さえ心を打ち明けます。

バートンの想像の強さを考えて、これらの生物の多くが従事しているのは、驚くべきものではありません、特にそれらがそのウサギのように最高イギリス人の俳優によって声に出されるなら。

不穏なチェシャ猫(スティーブンFry)は忘れにくいです、畏怖JabberwockyとしてのBayardのAbsolem Blue Caterpillar(アラン・リックマン)、Bloodhound(ティモシー・スポール)、および恐怖伝説的人物クリストファー・リーのように。

かなり少ない満足させるのが、生物がこのアリスがその10年前にうさぎの穴で来た同じ人であり、そうしたかどうかが、そうであれば介在する数年間「彼女のたくさんを失ったかどうか」に関して口論するのに多くの彼らの時間を費やすというスクリプトの概念です。 彼らは、位置の名前を間違うために困難を彼女に与えさえします: 彼女は、それがUnderlandであると軽蔑して不思議の国ではなく言いました。

アリスのチャンピオンのひとりがジョニー・ディップによってプレーされても、これらの論争はすぐ、退屈になります。 彼のマッドハッターは、私たちがそこのように気違いじみたかぶり物を設計するのが、明日ノーであることを確実にさせる本物のファッション界に夢中な人です。 何かデップの贈り物と能力、しかし、この性能がともに寛大であると感じられることを否定しないで、私たちが皆、以前見たことがあるものがあります。

さらに不幸なことはそれ自体を「指輪物語」のUnderlandバージョンに変えるフィルムの試みです、善悪のひと固まりになっている力がすべての戦いを終わらせるために必然的に悲しげに一般的なCGI戦いに向かって率いられている状態で、完全です。

光の強国を奮い立たせるのは、ホワイト女王(アン・ハサウェイ)です、危険側の上に立つのが、彼女の姉妹と、消化不良のRed女王(ヘレナ・ボナム・カーター)とStayneですが、Hearts(クリスピン・グローバー)のKnave、彼女の7フィート6インチの最高一般。

Oraculumと呼ばれる立派なドキュメントが、アリスが戻って、光の力を導いて、暗い側のチャンピオンを殺すと予言したと判明するので、これらのすべての人々が石鹸の泡のアリスに関するものです、強力なJabberwocky。

アリスは、彼女を非暴力の種類であってどんなそのようなこともしそうにないともちろん主張しますが、率直に言って、彼女は何を知っていますか?

それらの戦闘シーンが少年を喜ばせるために適所にあった状態で、バートンと会社は、聴衆の少女のための女性の権限委譲アイコンとして完全なジャンヌダルクというプリンセス戦士としてのアリスの絵によろいかぶとを提供するために特別に注意を払いました。

いつもその種類のものが不足している間、そのイメージ(全体で映画)が心臓から来た状況のように法人の移動とその他のような気分でないなら、より良いでしょうに。

kenneth.turan@latimes.com 著作権とコピー。 2010、ロサンゼルスタイムズ
Commented at 2010-03-06 10:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-03-06 12:29
☆10:53の非公開さん
こんにちは~

ご機嫌いかがですか~^^

はい^^
映画は小さい時からみてきていますね~

特に洋画が好きです

勿論字幕アリですよ^^

近頃は字幕の漢字が読めないということで 吹き替えが増えてきたという記事を読んだことがあります

洋画は俳優が出す声も大事なセリフと同じだと思うので
その俳優が出す言葉を聴く方がいいですね~

勿論ハングルもそうです
映画の字幕で「ごめんなさい」というのを私は「ミヤネヨ」で訳して
読んでしまいましたからハングルが好きですね~^^

暗いところがダメなの~?

私は何かあると映画館に行って考えていましたね

映画館の空間が好きですね~

子供のころは誰かと映画を観ていましたが
大人になってからはひとりで観に行くようになりましたよ

だから韓国に映画を観に行くときもひとりで平気でした^^
旅行と思えばひとりはつまらないけど映画をみるならひとりでもOKです
Commented at 2010-03-06 12:56 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kazem2 at 2010-03-06 13:40
☆12:56の非公開さん
まいど!

お嬢さんは映画の面白さを知ったんですね^^

うちの子供たちも映画は好きですね

2歳でE.Tをみせましたがぐずらないで最後まで観たんですよ~

子供が主役の映画は大体見せたと思います

風の又三郎や少年時代はよかったですね~

ドラえもんが30周年になるんだそうです

ドラえもんがテレビで始まった頃からみていて
映画も観に行きましたね~^^
私も30周年記念のドラえもんを観に行こうかしら

そうなんですよね~
DVDが吹き替えだったりするとがっかりしますが
右クリックで元に戻せますョ
by kazem2 | 2010-03-06 08:59 | Movie | Comments(4)