ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

百想芸術大賞作品賞 パク・チャヌク監督Vsホン・ジュノ監督

☆news.nate.com
今年の百想は面白い!



今月26日開かれる第46回百想芸術大賞映画部門作品賞候補五編が選ばれた。 昨年2月1日から今年2月まで開封された韓国映画中1次審査を通過した作品は'海雲台(ヘウンデ)'と'国家代表' 'マザー' '義兄弟' 'コウモリ'だ。 今年百想芸術大賞を派手に数を数える作品賞の主人公は果たして迷惑をかけるだろうか。 昨年には汚点菌監督の'慶祝! 私たちの愛'が作品賞の栄誉に授かった。

▲興行士ポン・ジュノ・パク・チャヌクの対決

今年映画部門作品賞候補には忠武路(チュンムロ)興行保証小切手に通じる名監督らが大挙カムバックした。

'怪物'と'オールドボーイ'でカンヌ国際映画祭を数を数えたポン・ジュノ・パク・チャヌク監督は今年百想芸術大賞で各々'マザー'と'コウモリ'で作品賞を狙うことになった。 300万観客を集めた'マザー'は人間関係中最も強烈で原初的な'母子'関係に注目して評壇と大衆の世間の注目を集めた。 殺人疑惑を受けている息子を救うためにあちこちで走るお母さんの切迫した心境と背筋が寒くなった結末が話題であった。 この映画は第62回カンヌ映画祭'注目するほどの視線'部門に招請されたし,29回ハワイ国際映画祭開幕作に選ばれることもした。

パク・チャヌク監督の'コウモリ'は復讐シリーズ3編を網羅する決算版だった。 卓越した心理描写とこまかく構成されたナレーティブが評壇の好評を受けた。 道徳的ジレンマに陥った主人公が救援(旧怨)を受けるために激しく戦う設定はパク・チャヌク監督の前作と軌を一つにする。 ヴァンパイアになった神父が殺人を犯して,友人妻を犯す破格とソン・ガンホの全裸チョルラ)露出演技も引き立って見えた。 パク・チャヌク監督はこの映画を通じてキム・オクピンをなる性呼んだ双葉で主演級俳優で跳躍させた。

▲ '海雲台(ヘウンデ)' '国家代表'に'義兄弟'も加勢

昨年最高興行成績をおさめたユン・ジェギュン監督の'海雲台(ヘウンデ)'も作品賞候補に名前を上げた。 この映画は昨年開封された映画中最高売上額の810億ウォンを記録して投資社CJエンターテイメントの自尊心を立てた。

'海雲台(ヘウンデ)'とは'頭詞父母の祭日体' '色即是空'でコミック映画演出に才能を見せたユン・ジェギュン監督が100億ウォン台災難映画にも成功できることを見せた作品だ。 コンピュータグラフィックも見るべき程であったが天災地変津波に相対して戦う人間群像らのヒューマニズムが観客の涙腺を触って1000万観客を集めた。 イ・ミンギとカン・イェウォンは'海雲台(ヘウンデ)'で男女新人演技賞候補に並んで上がった。

'オー! ブラザーズ' '美女は苦しくて'の続いた興行で小包母語ジンクスを破ったキム・ヨンファ監督の'国家代表'も大衆性と作品性を等しく満足させた秀作だった。 劣悪なスキージャンプ国家代表選手たちの孤軍奮闘を描いたこの作品は監督の演出力とハ・ジョンウ・キム・チソクなど俳優らの好演で800万観客をひきつけた。

400万観客を突破した'義兄弟'もソン・ガンホ・カン・ドンウォンという2人の俳優を前に出して作品性と興行の二匹ウサギを全部捉えた。 組織と国家で捨てられた前国家情報院対共要員と南へ派遣(南派)工作員がお互いの身分をだまして手を握ることになる話が興味を培った。

アイエスプルロスと日刊スポーツが主催して文化体育観光部・中央日報・ JESが後援する46回百想芸術大賞授賞式は26日午後8時ソウル国立劇場ヘオルム劇場で開かれる。 KBS 2TVを通じて2時間の間生中継される。

キム誠意記者[zzam@joongang.co.kr]

日刊スポーツ原文記事転送2010-03-03 09:50
by kazem2 | 2010-03-03 12:46 | Comments(0)