ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

モネの<睡蓮>連作睡蓮は夜の間にどんな卵を産んだのだろうか?

☆cine21.com.article



<キム・ギョン主義繊細さを擁護する>夢想が咲くな

文:キム・ギョンジュ| 2010.02.26

印象派画家,クロード・モネの<睡蓮>連作睡蓮は夜の間にどんな卵を産んだのだろうか? -ガストン・バシュラール<夢見る権利>中で

1.モネの睡蓮は夏花だと始める文章がある。 それはふさわしい言葉だ。 初めてパリに行った時モネの美術館と呼ばれるオーランルージュに走って行ったことがある。 私の夢想のイメージの中にぎっしり埋まった睡蓮を直接見たかったためだ。 美術館のそばに留まって明け方ごとに睡蓮を眺めたモネの目の中を出入りする想像は楽しかった。 睡蓮を眺めることは夢想の成層圏で絶えずどんなイメージらを引き上げること同じだった。 告白しようとするならその時期は何か世の中の鮮明さからかすんでくる練習などをしてみたかった頃だった。 それを市価こようとする換地筒だと呼んでも良かったし,市になろうとしてやめたどんな臨界点のようなものだと呼んでも良かった。 ‘モネは睡蓮をかみ見た夢で見たかけるだろうか。’私がパリを離れて小さい手帳におりた音節らはその程度が全部であった。 記念に買ってきた絵一枚まだ私のベッドの枕元だ。 部屋をしばしば変えて生きているけれどその睡蓮が咲いた美術館はいつも寝つく私の頭の上に浮いている。 人々にはこの世の何とも変えたくない自分だけの住みかが一つあるはずだ。 枕元のその美術館が私にはそのような所の中の一つだ。 朝目を開けば睡蓮がいっぱい咲いた自身の美術館を一番最初に見回すハン詩人の私生活だ。 寝つく前その睡蓮を眺めるのは二つの種類の睡蓮を理解していくことだと話したい。 今目を開いて向き合うあの水面,今から目をとじれば始まる睡蓮,その間界を漂ってフドゥクドゥク広がっている夢想の睡蓮.

しばしば,睡蓮を描くために夜明けにモネが家を出る時絵画と共に持ち出したりした牛乳が入れられた鉄桶一つを思い出させたりした。 片手でぬくみが少しずつ消えていく鉄桶の牛乳を飲み込んで絵を描く彼の唇を,睡蓮のように,自身も知らないうちにだらだらと広がった口元の白い牛乳バブルを。

2時間の水分らモネは水がよく食べる宥和用筆を主に使った。 モネはその筆で明け方ごとに睡蓮に向かって話しかけた。 筆は睡蓮をこちらに移ってきて少しずつすりへって行っただろう。 ある葉の睡蓮を移して筆はそちらにみな染みてしまったことではないだろうか? モネの睡蓮を静かに覗いて見ればそのような気がする。 広がるものなどを移すためにはそれに(彼に)つりあった時間と空間が必要だ。 モネの筆は睡蓮が咲いている間,その時間を移すための,睡蓮の時間を移している,繊細な労役だった。 少しずつその花の時間を減らしてくるのに筆はのろくて忠実に使われただろう。 偉大な芸術家の絵には他の時間での移植(利殖)を夢見ている跡がある。 移植(利殖)という概念にはどちらか一方の喪失も存在してはいけない程精密性が要求される。 睡蓮が向うに実際に存在するという正当性と同じ見解こちらにも存在しなければならない理由を芸術家はヨミラン計算で作り出さなければならない。 筆はその間をやわらかくて厳格に流れさまよう。 それは創造をあう時芸術家らの古くなった夢想法の中の一つだ。 バシュラールは睡蓮が水の脈拍を入れていると話した。 睡蓮が水の脈拍を持っているという事実,それは私たちに絵の夢想を助ける立派な方法を提供して修練の脈拍を感じる水の夢想を眺めることでもある。 あるいは絵があの自らを夢想している,絵の中の言語だ。 移植(利殖)の原理は睡蓮の脈拍を単に完全に安全に移したという感じで終わらせようとしない。

私はそれをどんな状態に広まる夢想の履歴だと見るほうだ。 大量の音節らがそれを話してくれるはずがない。 モネはなるようにゆっくり睡蓮が抱いている時間の水分らを移そうと努力しただろう。 あの空間を描くという感じよりはこちらでその空間が広がるように筆を訓練しただろう。 あたかもほとんど見えるようやめるよう展開する修練の開花の中に自身の筆づかいを少しずつ隠しておくように。

水は和らげて同時に薄い。 水が抱いている時間を絵画に移すことは睡蓮が新しいところで息をして摂生できるとても重要な空間を移すことでもある。 モネはどのように定員の水を覗いて見て睡蓮の摂生空間のその水分を絵画で移植(利殖)してくることができたのだろうか?

3浮力の夢想睡蓮を水に浮いている広がるということとヒミハムチョクで話すためには必ず必要な夢想がもう一つある。 それは浮力の夢想だ。 浮力は薄いが明らかに存在する力の過程で見られなく広がっている世界の生命だ。 浮力を失った肉らが水の外に浮び上がって死ぬように,手でのがしてしまった風船が空である瞬間浮力をなくして土地でプルルク消えてしまうように,浮力をなくした世界はすぐ実体があらわれる。 人間の世界でたとえば,私たちが分からない世界での移動のようなものを思い出させる時‘夢,睡眠,呪術,夢想のようなものら’,この浮力の実体はどんな生命性より強い密度と色彩を鮮明に表わす。 芸術の創造作業においてだけでなく私たちが生きるところにあっても浮力は他の世界へ渡っていくための最も重要な夢想の中の一つなのに,たとえば孤独な日ならば私たちの両目に浮いている浮力だけで世界を相手にしたように他の世の中に会うのに必ず必要だった自身の発声法と言語体系を私たちは夢想ではないならばどんな生命だと命名しなければならないということだろうか? その感情と繰り広げた数多くの別居と移動をどのように耐えてきたことであろうか? 私は絶えず蜜を集めて盲目に対する洞察を捨てて蜜の密度を選んだハチらの巡礼を夢寐とだけ呼ぶことはできない生態系に住んでいる。

モネは睡蓮の浮力を描くことの風景に移ってきて自分だけの他の浮力を隠しておいた。 隠した浮力が絵の中から生き返って睡蓮を生きて動くようにすることだ。 絵の中の睡眠は浮力が姿を隠したまま流れさまようとても隠密な場所に成っていく。 人々が絵を見る時ごとに浮力の現在を発見することができるように,言ってみればモネは絵の中に浮力を小出しにするということによって人々に今までは全く違う目を持つように助けることだ。 言葉を変えれば浮力は人間の新しい目を助けているといえるだろう。 自身の現在に新しい夢想が咲くように,誰でも修練の中に蝶々一匹をそっと閉じ込めておくように。

睡蓮は浮力を持った花だ。 バシュラールはある日私たちが美しさをとても意識して太陽が沈むのにも隠れに行くことはできない日がくるかも知れないといった。 ‘白鳥の高貴な卵’のように,睡蓮はふと朝咲いていると夢想のイメージでいっぱいであるバシュラールの文等とモネの絵だけかわるがわる見ても時間がすぐ過ぎてしまう時期がある。 睡蓮はバシュラールとモネの間で血はもう一つの夢想である。 一つの修練を夢想するということはどんな浮力を目撃しているということだ。 どこかで飛んできた蝶々一匹内枕元の睡蓮上に座ってしばらく足首を休んでいくように。

筆者紹介:キム・ギョンジュ詩人,劇作家,<アマチュア無線紙コップ通信>編集長. 詩集で<私はこの世の中にない季節だ> <奇談> <<差の目をなだめる>,散文集<パスポート>などがあって今日の若い芸術家上,キム・スヨン文学賞などを受賞した。


文:キム・ギョンジュ
by kazem2 | 2010-02-28 14:54