ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カン・ドンウォン 初めてのパパ役にショック!?

☆osen.mt.co.kr



<OSEN=チェ・ナヨン記者>
2010年封切りした韓国映画中最も速い興行レースを広げている'義兄弟'中カン・ドンウォンの生涯初めてのパパ演技が目を引く。

女心を曲がって捕まえる美男'オオカミの誘惑',秘密を大事に保管した刺客'刑事',ムチャクチャ悪童導師'戦友分'まで,想像の中にだけ存在しそうな人物を自然に表現やり遂げたカン・ドンウォンが'義兄弟'で引き受けた役割は背信者寃罪をこうむって,北から捨てられた南へ派遣(南派)工作員だ。

表面では寡黙で冷静だが内面に暖かい感性を持った支援で仏韓カン・ドンウォンの演技は評壇と観客らの好評を導いている。

カン・ドンウォンは劇中生涯初めてパパ演技を披露して何と6年の間北にある妻と娘に会うことができない男の内面演技をする。 ある日仕事を終えて帰り道に自身の娘と似た年齢の子供を見て足を止める姿,顔も見ることが出来ない娘の年齢は6才になったことという考えに子供を見つめる支援の目つきが自然につらい。

生涯初めてのパパ演技に対してカン・ドンウォンは"率直によく似合ってショック受けた。 気持ちが妙ながらも一方では私も年を取ったんだなという考えにおもしろいこともした"と所感を明らかにした。

一方'義兄弟'はソン・ガンホとカン・ドンウォンの演技アンサンブル,そしてチャン・フン監督の水準級演出力で2月韓国映画の底力を見せている。

nyc@osen.co.kr  2010.02.16 16:51
by kazem2 | 2010-02-16 18:10