ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画監督‘キム・ジウン’あきれた記者会見?!

☆web.reviewstar.net
e0109292_18301660.jpg




“イ・ビョンホンのために屈辱?”

去る13日放送されたKBS 2TV元旦特集ドキュメンタリー‘イ・ビョンホンがいる’で映画監督キム・ジウンの笑うことのできない理由が公開された。 映画‘良い奴,悪い奴,おかしな奴’と‘甘い人生’でイ・ビョンホンと共に作品をした彼は日本記者会見場でのエピソードを通じてイ・ビョンホンの人気を体感したと回想した。

キム・ジウンは“記者会見場に入るべきなのにイ・ビョンホン氏のファン(パン)がとても多くて入ることができない状況が多かった”と当時の状況を伝えた。 引き続き監督の自身さえ日本ファンたち隙間でイ・ビョンホンを見物しなければならなかったとし“入らなければならないのに警護員が制止した”として気さくに笑った。

以後放送はキム・ジウン監督と一緒にした‘良い奴,悪い奴,おかしな奴’と‘甘い人生’を通じて世界的なスターで背伸びしたイ・ビョンホンの姿を光を当てて二人の格別の縁を公開した。

映画‘私は雨が降って共に行く’を通じてイ・ビョンホンと呼吸を合わせたという監督はこの日放送を通じて“イ・ビョンホンが演技したマフィア親分は残忍で暴力的ながらも魅惑的で強烈な感じでタガワ非常に印象的だった”と所感を明らかにした。 引き続き“完ぺきに二つの顔を表現しなければならなかったがイ・ビョンホンだけの存在感があってその役割を消化したようだ”として絶賛した。

一方この日放送は期待とは違い4.0%(AGBニールセン コリア基準)という低調な視聴率を記録した。

新芽の記者/ idsoft3@reviewstar.net新鮮なニュース レビュースター
2010-02-15 17:01
by kazem2 | 2010-02-15 18:12 | kim jee woon