ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カン・ドンウォン 問題児だった

☆spn.edaily.co.kr



[イーデイリーSPNパク・ミエ記者]
“私は(高等)学校通う時問題児にさらに近かった。”

カン・ドンウォンは何気なく話して微笑んだが芸能界代表‘厳親’の口から出た話とかなり新鮮に聞こえた。 分かるほどの人々は皆知るよう彼は名門高大層高出身だ。 その当時連合考査200点満点に192点という豊かな性的に大層高に合格した。

その点を言及するやカン・ドンウォンは“本来昌原(チャンウォン),馬山(マサン)そちら側の地域が教育の熱意が高いほう”としながらも“入学する時成績だけ大丈夫だった”とすぐ自身を低くして見た。

中学校の時には半分で1,2等を争ったが高等学校初めての試験で成績が半分で中間程度で大きく落ちて勉強に興味を失ったようだ。 勉強できる学生たちだけ集まったのでそのはずであるところにとってはかなり衝撃であったか彼はその時から学校生活に適応をできなくて彷徨の道を歩くことになったといった。

親しい友人らとだけ似合って人見知り激しくて内省的な性格もその当時生じた。 そのような性格はカン・ドンウォンがモデルになって俳優になった後にも続いている。

-名門高の大層高を卒業した。 カン・ドンウォンの高校時代はどのようだったか。
▲親しい友人と交わっておくのを好んでサッカーが好きだった。 人々が考えるように‘厳親’という違う。 ‘厳親’という勉強ができる人なのに私の場合初めての試験で成績がたくさん落ちた後勉強と塀を作った。 勉強をしなかったのでむしろ問題児にさらに近かったようだ。(笑い)

-高等学校の時にも勉強ができたら芸能人にならなかった場合もある。
▲そうするかも知れない。 ご両親はずっと勉強することを願われたから。

-本来顔をたくさん分ける性格なのか。
▲そうだ。 以前よりましになったりしたが一時は本当に激しかった。 人々とよく似合うことができなくて分からない人が私に話すのも嫌いだったことがある。

-人見知りが激しいということは違うように解釈すれば防御しくみが強くて立つためでないか。 人に大きく傷ついたことでもあるか。
▲今までそのように考えてみたことはないがそうするかも知れない。 人に傷を受けたこともあったし一時は人を信じることができなかった時もあったから。 相手方が私に接近する時人間的でない他のどんな理由で近づけば腹が立つ。 真剣に悩んでみる必要があるようだ。

-カン・ドンウォンはモデルで出発したが演技はどのように始めることになったことなのか。
▲大学校の時1999年頃だったか,道でキャスティングされた。 そのようにモデル仕事を始めたがモデルが不安定な職業であるからご両親は大いに心配された。 ご両親は私が勉強を継続することを願ったがそれでも学生が金を儲けるから中では立派がられたようだ。(笑い)

そうするうちに2000年頃どんな方の勧誘で偶然に演技授業を受けたがその瞬間頭をごつんと殴る感じがあった。 おもしろいと思ったしこれ演技をしなければ一生後悔しそうだった。 それで演技者の道を歩くことになった。 初めてのドラマ‘威風堂堂彼女’だったが幸い私によく似合うキャラクターであり放送がされた後にも反応が悪くないからご両親も満足に思われたもので記憶する。

-‘義兄弟’でジウォン(カン・ドンウォンの方)が幼い子供を抱きしめる場面が印象的だった。 パパの役割は初めてではないのか。 子供は好むか。
▲その間フィアンセもあったし妻もいたが子供は今回が初めてだった。 子が6才にもなるから初めには家族のように見られなければどうするようでこと情をたくさんしたが撮影してモニターしてみると子がそんなに大きいのに思ったよりよく似合って思わず笑いが出てきた。

子供たちは可愛いから好む。 単に私が育てる自信がないからそうであって。 それでも責任感が強い方なので私の子供ができればパパの役割上手にしないだろうかと思う。(笑い)

-子供話が出たので話なのにカン・ドンウォンの理想が気になる。
▲容貌は重要ではない。 自分の主観と個性が明確で自分だけの世界がある人々が良い。 そのような人々はたいていどんな特別な感じや雰囲気が漂われて出る。 そのような女性に好感を感じる。

-本当に容貌は関係ないか。 女性ファンらがたくさん心配しているけれど。
▲音…杯(倍)は出てこなかったら良いだろう。(笑い)

▲ (写真=漢大ウクキ者)

入力:2010-02-08 14:59:35
by kazem2 | 2010-02-08 23:30 | Comments(0)