ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

[インタビュー」ソン・ガンホ"光栄だけの俳優人生10年史

☆news.mk.co.kr



怪物に奪われた娘を救うために死闘を行うパパ,満州の列車強盗犯,ヴァンパイア神父までどんな人物でも特有の生命力を吹き込んで自分だけのキャラクターで再誕生させる俳優ソン・ガンホ. 彼が映画‘義兄弟’で作戦失敗で罷免された前職国家情報院要員‘イ・ハンギュ’に帰ってきた。 ‘ハンギュ’は失った名誉も取り戻して分厚いスパイ懸賞金も取りまとめるために的だった‘支援’(カン・ドンウォンの方)に接近する人物. ソン・ガンホは極めて現実的ながらも人間的な‘ハンギュ’キャラクターを通じて強力なアクション場面はもちろん,ワンマンショーに近い1人コメディから胸胸が痛い生活人演技まで多彩な演技の歩幅を見せる力を発揮する。

-‘義兄弟’に参加することになった過程が気になる。

●チャン・フン監督様が使ったシナリオではなかったがショーボックス側から渡されて読んでみるとかなり大きい映画ではないが斬新な構成が引き立って見えたよ。 分断を素材主義的に利用しないのに軽くて滑らかにタッチするのも良かったし。 それで監督は誰かと尋ねたところチャン・フンといったよ。 当然期待値が上昇するほかはなかっただろう。

-どんな点で?

●チャン・フン監督のデビュー作‘映画は映画だ’,しばしば書いた予算を持って立派にさせたと話だが私は予算よりも大衆映画として整えなければならない部分を整えていて監督が発言しようと思うのを負担にならないように発言しているということが印象的だった。 普通新人監督らが愚を冒すことになる地点が自意識発動から出発するのではないか。 この作品で何かを明らかに見せるという。 だがチャン・フン監督はそのような地点を避けながらも自分がしたい発言を賢くさせていたよ。 分かってみるととても少ない予算で映画を完成したし。 それで‘この人真の平凡でないな’考えただろう。(笑い)

-そのようなチャン・フン監督と‘義兄弟’で現場で直接あたってみるとどうなのか?

●率直に‘映画は映画だ’を考えた時人がちょっと強いことと思った。 その予算を持ってあのように完成度ある大衆映画を作ったとのこと,監督が強くなくてはいけないそうで。 ところで会ってみるととても柔らかくて優しいことだ。 もちろんそのような強靭なは中に閉じ込めておいたんだろう。 だが外形的には人がとてもイェリコ優しくて年ちょっと意外であった。 それでさらにすごいという考えになったし。(笑い)

-確かに‘義兄弟’は分断に対する接近もとてもソフトだ。 理念より人を中心に置いた。

● ‘アイリス’が国家情報院,諜報員の姿をスタイリッシュに捉えたとすれば私たちは彼らの人間的な姿にフォーカスを合わせたようだ。 彼らも家族がいて暮らさなければならない生活人というものが強調されたんだろう。 事実予告篇を見ればアクションが強い映画のように感じられることもできるがこの映画の最も大きい美徳は二人がお互いの正体を隠して同行する過程で広がるエピソードで。 その中でそれなりの緊張と穏やかな面白味,疎通の過程が含まれることになることなのに結末がかなり胸が痛い感じもある。 新派のように涙流してそうでもないが情操的に話だ。 もちろんおっしゃったように私たちの現実ははるかに冷酷なこともある。 それでこうした結末がファンタジーのように感じられるのもあるだろうがチャン・フン監督立場で作家的な欲が生じることもできたはずなのに結局柔軟に対処したという考えだ。

-‘義兄弟’でソン・ガンホ氏は前作‘コウモリ’の上弦と相反する広さの演技をする。 冗談のように俳優ソン・ガンホの総合ギフトセットと命名する程大衆になじんでなじんで点が多かったし,反面‘義兄弟’を貫く情緒ということができるドンウォン氏が演技した松脂院は深さの延期演技を要する側面があった。 そのように相反した2人の俳優の演技方向が期待以上の興味深いアンサンブルを成し遂げたしそれにこのこの映画の最も大きい美徳になったようだ。

●ドンウォンが演技した松脂院という(のは)人物,表現しやすくはなかったことだ。 この人物は何か秘密を大事に保管した理由があって若干神秘な感じもなくてはならなくて自分信念に対する意志の強さもなくてはならないから話や事件よりは目つきやこういうもので人物を表現して作り出さなければならなかったので。 特に‘戦友分’のような映画を撮った後空白期もなしでまさに松脂院を演技しなければならなかったのでドンウォンも苦しいのか点があったし。 だが結果論的に見ればむしろ‘戦友分’とは正反対になる,カン・ドンウォンという俳優の他の魅力がよく含まれていて良かったと見る。 反面私が引き受けたイ・ギュハンは表現をたくさんしなければならない人物だ。 前作‘コウモリ’とは反対になるのか点があるだろう。 とりわけ観客吹いても立場では‘コウモリ’より‘義兄弟’中ソン・ガンホの姿がはるかになじむことだ。 ‘コウモリ’のように新しいイメージ,新しい演技をしてはいないが私たちがいつも見てきた姿だとうれしいようだ。

-ドンウォン氏とは共に演技してみるとどうなのか?

●顔だけハンサムなのでなく若干バカ正直な感じがする程考えがとても貴重だ。 自身を包装をしようとしないで馬鹿正直に,率直に自分の姿を表わすのに私はドンウォンのそのような姿が魅力的に感じられた。

-確かに美男俳優と演技派俳優ツートップラインがこの頃トレンドであるようだ。 大韓民国を代表する二つの演技派俳優ソン・ガンホ氏とキム・ユンソク氏が当代最高美男スターカン・ドンウォン氏を共有した間になったのもそうで。(笑い)

●あまりにも多くのキャラクターが出てくるだけに‘戦友分’ではキム・ユンソクとカン・ドンウォン二人ぶりの話に流れる状況ではなかったが‘義兄弟’ではドンウォンとあの,二人この映画の全体を導く。 むしろそうした側では私がキム・ユンソクよりカン・ドンウォンとさらに近い仲ではないだろうか。 ワハハハ。

-アクションがこの映画の中心ではないがこの映画の魅力であることは明らかだったよ。

●ご存知だろうがドンウォンと私のアクションはちょっと枠組みなのに私はちょうど戦いのようなことでドンウォンはキム・イルソン軍事大学を卒業したエリート工作員であるだけに専門的な姿が必要だから素晴らしく~. ところでおっしゃったようにこの映画は明らかにアクションが中心の映画ではない。 だがチャン・フン監督が上手にすることの中の一つがアクションを活用してジャンル的によく作ったとのこと。 認めるに値する。

-ところで生活アクションだと慇懃身体的苦労が冗談じゃなかったと聞いた。(笑い)

●率直にシナリオを譜面からはドンウォンが苦労たくさんしたと思った。 それでも若かったのでこの程度はすべきだ何しただろう。 反面私は身体的苦労ちょっとあまりしないんだなしたかったが実際に撮影に入ると苦労は私がもっとすることになったよ。 はっはと。 撮影現場でも監督様含むスタッフらが皆‘先輩がさらに苦労されますね’するのにその言葉が理由もなく憎らしく感じられたり。(笑い)

-某ブロガーが2000年以後映画はソン・ガンホが出演した映画とでない映画に分かれるという文を載せたが興味深く読んだ。

●それはとても過剰称賛の評でそのまま私の俳優生活10年を振り返った時私はものすごい幸運児だったなという気がして謙虚になろうと努力してはいる。 だがこれから10年俳優生活を設計することになるならば恐らく去る10年の光栄だけを考えていないことだ。 今後の10年に合う役割らがまたあることと見ることだね。 もう年齢もあって先輩だからある時は中心部退いて後輩らに譲歩もしなければならなくて全く新しい観点で出演もしなければならないだろう。 そんなことを自然に受け入れる必要がある。 俳優人生は長距離競走なのに一喜一憂が無意味だろう。 去る10年がこうしたが今後もこうしなければならないということもちょっとそうで。 今はそのように観照的に変わった。 良い状況では謙虚で良くない状況でも気をおとす必要がないという.

-去る10年を見て回った時俳優ソン・ガンホにキ・チン大きい傍点をつけた作品があるならば?

●そのような考えは普段してみなかったがみな最高の作品だったが最高でない最も印象的に記憶に残る映画ならば私の初めての主演作であったし基本的にその過程がちょっと特別だった‘反則王’を挙げることになるようだ。 コメディだが映画自体がとても孤独な作業だったよ。 私とのけんかをして,本当に全身を燃やした映画だ。

-停学した統計かわからないだろうが97年から今まで出演作が総17編(便)程度になるようだ。

●不思議に大衆や関係者の方らが私をかなり多作俳優のように考えているのに事実は平均的に一年に一つ程度したようだ。 助演や端役で出演した作品を除けばおっしゃった統計を見てもあらまし計算が出てくるのではないか。 代わりに着実にしたとのことと話題作が多かったということはある。 それでたくさんするように感じられるだけであって本当に多作する俳優らは別々にある。

-多作俳優ではないかも知らないが多くの監督様が愛する俳優であることは明らかだ。 監督様が注目はディレクターズ カット5回受賞に光る。(笑い)

●私が良い監督様にたくさん会ったことは事実だ。 そのような監督様伏隠本当になかったようだ。

-普通作品を選択する時シナリオと監督中どちら側にもう少し重きを置くか?

●50対50だと考える。 だが重さは監督側にもう少しある。 なぜなら映画という媒体の特性上監督の役割自体がどんな部分では絶対的な力を発揮するから。 監督がどんな考えを持ってこの作品をするかにより完成された映画の色が完全に変われるために。

-そのように見れば‘コウモリ’以後ソン・ガンホ氏とメローしたいという若い女優らのラブコールが殺到するようだ。(笑い)

●スジョンは公開的に話をしたし他の俳優らも記事を通じて多く入ったがとても嬉しいことだ。 私にもこうした時がくるよ。 そうしたこと見れば私はカン・ドンウォンもうらやましくない。 ワハハハ。 ところでこれらのロブコン,出てきて必ずメローをとるということよりは先輩と良い作品してみたいという美徳のお話同じ話でないか? 私に大きく何かを望んでそうしたことではない消して。

-相手俳優福で打ってもカン・ドンウォン氏全くうらやましくない(笑い)とにかく‘コウモリ’という作品,大衆の判断や評価とは別個で俳優立場では色々な地点で特別な意味があったようだ。

● ‘コウモリ’という(のは)映画を見て大衆が映画自体も驚くべきだが俳優に対する驚きもあったことと考えるのに個人的には芸術家として新しい挑戦というか,最近作の中私に最も大きい刺激を与えた。 ところで周辺のそのような反応は私が‘密陽(ミリャン)’という映画を選択した時もあった。 主演でもあったが‘密陽(ミリャン)’は女性の話だったために。 イチャンドン監督様さえも‘君これ何故するといったか’いったほどだった。 そのように意外な選択であらわれた点もあったが私の立場では比重を離れて俳優として幸せな決定だったようだ。 ‘コウモリ’も同じで。 何より俳優として‘コウモリ’のように新しい作品,新しい姿はもちろん‘義兄弟’のようによく知っている姿だが面白くなった要素を整えた映画まで多様に出てきてくれるのが大衆に対する俳優の責務という考えもしている,

-日常では映画もドラマを見るという新聞やニュース,ドキュメンタリーをさらに楽しむと聞いたが本当にそうだろうか?

●ドラマをよく見ない。 ‘アイリス’もビョンホンと親しいことは一ケ所見られなかった。 私がドラマ一方を最後までみな見られないスタイルだとしばらくよりニュースやドキュメンタリーがさらに気になってチャンネルを変える時が多い。 不思議に向こう側はみな見るのにドラマは最後まで見られないことだね。 それはドラマを無視したのではない。 そのままドラマを見るというニュースやドキュメンタリーがさらに見たくてのせはしないかと思う。 映画も同じだろうが。

-シナリオも一度精読した後よく見ないという話を聞いたが。

●シナリオを精読してしばしば見ないそれなりの理由がある。 ひとまず演劇ならばずっと台本を見なければならないだろう。 (確かめる)固めてまた多智はそのような作業を終わりなしにしなければならないから。 観客らにそのように整った(鍛えられた)内面空白を休まないで見せなければならないから。 もちろん映画も同じだろうが媒体の特性はちょっと違ったようだ。 映画は(確かめる)固めるということより瞬間の生命をつかみ出すことが官権だと見ることだね。 それでシナリオを何度も見ればとても固められてなじむようになってしまうとあらましのアウトラインだけ頭の中に計算しておいてぷつんと演技することだ。 とても多くの考えを持って演技をすればむしろ生命力がなくなるから。 ところでそのように演技することが不誠実に見えたか?(笑い)とにかくこれは私のそれぞれの方法だ。

-不誠実だと是非を論じるのでなく一種の嫉妬だったんだろう。 持って生まれたのがあるので(に)可能な部分であることもあるから。(笑い)

●ところで振り返ってみればそのような指向は芝居する時からだったようだ。 芝居する時もセリフを一番遅く覚える俳優中1人だと演出先生にひどい目にあっていた。 どんな演劇は初めての公演して大使をみな覚えただろう。

-はっと!。

●一時はそれのためにものすごくひどい目にあった。 先輩らと演劇をする時なのに先輩らは2週前から台本をみな覚えておいて練習しているのに私は明日あさってが公演なのにまだ台本を持って練習していると不誠実に見えられたのか大声を張り上げたよ。 ところでわざわざ覚えなかったことでなく暗記と同時に演技をすることがチェ・ヨンギ スタイルであるから。 先立って話したことと同じ脈絡だったんだろう。 それで結局初めての公演をした日,二時間ずっとしなければならないから分量が途方もないが大使がアリむくだろうしたりしたが一度も違わないでずっとその時みな覚えた。 その後では師匠様が‘次から君の思いのままにしろ’いっただろう。 ワハハハ。

-それでは撮影する時も序盤テークが良い方なのか?

●それは作品により違う。 ‘コウモリ’は初めてのテークが良い時もあったがむしろ何度も行った時OKが出てきたようだ。 反面‘殺人の思い出’のような場合は初めてのテークが良くて大部分初めてのテークをOKカットで使っただろう。 ‘優雅な世界’序盤テークが良かったし。 ところで‘密陽(ミリャン)’の場合はNGなしで台本の腕ぬき一つ違わないで行ったが序盤が良いのもあって後が良い時があった。 ‘義兄弟’もそれほど半々であったし。

-‘奴奴奴’と‘義兄弟’等を一緒にした叔母犬撮影監督がこうした話もした。 ‘ソン・ガンホ氏はカメラだけ回せばそちらを現実世界へ作ってしまうと。 (笑い)

●今回の撮影で叔母犬撮影監督のためにNGもたくさん出た。 カメラを入っていて度々笑うから。 私がカメラを見ればそれが見えるのではないか。 それでNGを出しながら‘君なぜ度々笑って’とがめたりもしただろう。(笑い)ところで叔母犬撮影監督,あまりにも親しいから‘奴奴奴’も一緒にしたし。 あまりにもよく分かるからであるようだ。

-共に演技した俳優らもソン・ガンホ氏のそのようなエネルギーのためにシナジーを受ける時があるといったよ。

●気持ち良い声かわからないだろうがドンウォンもそのような話をしたよ。 ‘見るだけでも笑わせて見られない’で。 私が笑わせるようになったか? 私が動物園猿でもなくて話だ。(笑い)ところでドヨンもそうしたよ。 どんな場面では私のために度々笑いが出てNGがナニーカメラがバストをこのように捉える時下に見えない所を自分の爪で出血するように押して演技したよ。 マア。

-個人的にはソン・ガンホ氏がSFファンタジーに行った時どんな感じかかなり気になる。

●私がシン・ハギュンと親しいのではないか。 ハギュンがチョン・ジュナン監督の‘地球を守れ’に出演した時友情出演を必ずやりたかったが結局はできなかった。 試写会行って映画を見ると一番最後に私がエイリアンに出てきたとすればどうだっただろうか想像が出来ることだね。 皆見て回るのに私が外界話をとことん行ってそのような姿. 本当におもしろかったと思うが個人的にはそれをできないのが後悔したよ。(笑い)

-チョン・ジュナン監督様と直接的に作品をしたことはないと知っているのにお二人様が会うならばとても興味深い結果が出てくるようだ。(笑い)

●それにしてもこの前に偶然に会ったがドンウォンが釜山(プサン)プロジェクトをするのではないか。 (文)音とチョン・ジュナン監督と皆同じくビール一杯をした。 シナリオも読んでみろと与えたがまだ読んでみられなくて話だけ聞いただろう。 とてもおもしろいといったよ。 チョン・ジュナン式ファンタジーになることと,ところで苦労はほどほどにしたよ。(笑い)

-俳優がソン・ガンホでない生活人ソン・ガンホの普段の姿はどうなのか?

●特別な趣味があることでもなくてかなり平凡だ。 あまりにも怠けてちょっと面倒なことを嫌いで。 人々は私が芸術家あるいは映画俳優とか実際映画もたくさん見て思索にもたくさん浸るだろうするが全くそうではなかったんだろう。 もちろん映画を最初から見ないのではないが映画狂のように探してみることでもなくて。 休む日にはそのまままぬけに静かに座っている。 ちょっと変だろう。

-何かを空ける時間のかけているか?でない消耗的なエネルギーを減らしたくて?

●合う。 違うものに神経使わないから必要ないエネルギーが消耗ならない。 それで演技をしない時も何か活動的にエネルギーをずっと使っている方々を見ればうらやましかったり珍しかったりもするだろう。

-健康はどのように管理するか?

●ヘルスこういうのを別に好きではなくて登山をする。 火谷山(コクサン)だと私たちの家の近所にあるとても小さい裏山. 清渓山(チョンゲサン)は人が多くて。 もちろん火谷山(コクサン)も登山される方がかなり多かったよ。 ところで登山だというよりは散歩コースに近いだろう。 それを上がって行ってくれば汗が素早く出るのに一週間に3度だけ着実にしても良くなったよ。 それ他には特別に変わった運動はしない。

-‘復讐するは私のこと’ハリウッド リメーク版権が売れた。 この俳優がソン・ガンホ氏キャラクターを演技したら良いという想像をしてみたことつなぐか?

●してみなかった。 私は外国俳優もよく知らずに。 もちろんとても有名な俳優らは知っているが。 それで確実に誰浮び上がる人がない。

-パク・チャンウク監督様の作品らはリメイト下記に原作の罠があるようだ。

●パク監督様があまりにも興味深い映画を撮られるから。 米国で最も広く知られていて最も代表される方がパク監督様一挙だ。 本人がその話をしないからそうであって数年前からハリウッド最高俳優らがつくシナリオも送って本当に大騒ぎでもなかった。 それでも本人が自分が望む映画ではないからみな断って。 そういうのを重く考えないから。 とにかくパク監督様は韓国監督中米国でも認められる本当最高有名な監督様だ。 もちろんキム・ジウン,ポン・ジュノ監督様も外国で認められている立派な監督様だが。

-そういえばその方らの共通点がある。 ソン・ガンホ氏を共有した間という。 本当に幸せな習われる。(笑い)

●ワハハハそうだ。

-最後に次期作話をしてくれ。 イ・ヒョンスン監督様と一緒にする古典的なヌワール‘夜霧’と聞いたが。

●イ・ヒョンスン監督様は私が普段必ず作業してみたかった監督様だ。 ‘夜霧’は長い間の友人であった二人の男が組織ボス(ソン・ガンホの方)と冷静なキラー(キム・スンウの方)で敵になってまた会って,1人の女性を間に置いて交錯した運命をむかえることになる正統ヌワールイジャ オールドあるおいしい,古典的な感じのスタイリッシュな映画になると思うが男たちの話だが男を動かすのは女紙しないか? その中心には強力なメローラインがあることだ。 今仕上げ作業をしているのに4月や5月頃入りはしないかと思う。 封切りは下半期になるようだし。

[毎日経済スタートゥデイ チョ・ウンギョン記者helloey@mk.co.kr/写真=カン英国]

2010.02.08 10:43:06入力,最終修正2010.02.08 10:49:49
by kazem2 | 2010-02-08 12:26