ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

韓国映画シェア1月期向上

☆hollywoodreporter.com.asia.news



韓国のフィルムは、1月にシェアを改良します。

2010年2月5日、東部標準時午前9時5分

ソウル--韓国のフィルムは、7週間連続でのローカルのboxofficeを上回って、1110万枚以上のチケットを販売した、メガヒット「アバター」によって圧力をかけられた1月に39%のシェアを取りました、韓国のFilm Councilによる毎月の市況報告によると。

3D超大作の成功にもかかわらず、韓国のフィルムのためのシェアは最後の月に12月の28.9%から39%の1月に10.1%上昇しました。

「アバター」は、史上で最も見られた外国産のフィルムとしてローカルのboxoffice記録を破って、切符の売上から1010億を獲得させました(8620万ドル)、ホン・ジュノ監督の「ホスト(グゥエルム(怪物))」は、韓国人が1301万の入場を引き付けて、作られたものをおよそ785億ウォン撮影するのを最も見ました。

「アバター」の勝利のため、41%で20世紀フォックスのシェアは先月すべてのディストリビュータの中で最も高かったです、2009年のすべてのために7.9%から上昇して。

また、「アバター」は別として、会社は「夏の500日間」、および子供のアニメーション「アルビンとシマリス」をリリースしました。

全体的に見て、1月の販売が22.3%前年比で上昇している状態で、シネマはスムーズに1年を始めました。

レポートは、「旧正月休日とバレンタインデーが2月にあれば、劇場入場は、成長し続けるでしょう。」と予測しました。
by kazem2 | 2010-02-06 22:07 | Movie