ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

映画「義兄弟」大ヒットのきざし

☆stsr.mt.co.kr



カン・ドンウォンが2打席連続ホームランを打った。

'戦友分'で600万観客動員に成功したカン・ドンウォンが'義兄弟'でこれを越える態勢だ。

5日映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによればカン・ドンウォンがソン・ガンホと呼吸を合わせた'義兄弟'(監督チャン・フン)は開封日の去る4日から5日午前4時30分まで14万3445人を動員,ボックスオフィス1位を占めた。 封切り前示唆観客まで含んだ総累積観客は16万4274人を記録した。

カン・ドンウォンのまさに前作のチェ・ドンフン監督の'戦友分'という昨年12月23日封切り初日15万675人を動員,5日午前現在595万人という大ヒットした。

'義兄弟'の興行ホームランの可能性は'戦友分'より高い。 作品完成度や面白味を離れて'戦友分'の最大競争作だった興行怪物'アバター'観客数が減っているため。 '戦友分'開封日'アバター'は20万人を動員したが'義兄弟'開封日には8万人に終わった。

'義兄弟'は韓国,北朝鮮皆から捨てられた国家情報院要員と南派スパイが同居して広がる一連の事件とその中で咲いた二人の男の濃い友情を描いた作品. 今年前半期最大期待作に選ばれる。 トゥデイフォーカス

入力:2010.02.05 07:40
by kazem2 | 2010-02-05 08:21