ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[義兄弟②]“壊れてもしたかった!”カン・ドンウォン

☆Movieweek 414号
☆movieweek.co.kr




-南と北が論外の懸案ならばキャラクターに対して各自どのように接近したか?

ソン・ガンホ,
イ・ハンギュは国家情報院要員だったがイデオロギーの中で任務を遂行するというよりは職業観が透徹した人物に近い。 自分が属している集団中で熱心に生きていく。 国家観が透徹したのでなく自身の人生と扶養家族のために最善を尽くして生きていく平凡な仮装だ。 それで国家情報院で切られても熱心に生きていく。 松脂院とあった時も過去の痛みよりは彼を利用して懸賞金を受けるという現実的な考えが先んじる。

カン・ドンウォン
私はセトミンらのインタビュー映像を見た。 北朝鮮工作員に会うことはできないから。(笑い)咸鏡道(ハムギョンド)出身の方が祖国に対して途方もない者はれることを見せる特別な部分を発見した。 そのような部分は監督様と話してキャラクターに溶かして入れた。 北朝鮮なまりはインタビュー見てずっとまねて覚えたが,監督様がある程度使うかも知れないといって無条件準備した。 後ほど‘一シーン程度’入るというので練習を中断した。 ベトナム語は一言言うのに上手にすることではない。 後詩録音をしながら上手にするバージョンと気楽なバージョンを録音したが,上手にする時発音がキャラクター感じと差があって聞きやすいバージョンに行った。 ベトナムの方らが聞けば良くできないと評価するだろう。(笑い)

-松脂院駅にカン・ドンウォン氏がキャスティングされた時期待があったとすれば?

ソン・ガンホ
キャスティング前からカン・ドンウォン交渉中という話を聞いた。 <コウモリ>(2009)のためにカンヌ国際映画祭に行ってくるのに考える余裕もない時だったがそのままうまくいけばという考えた。 松脂院は残念な理由を隠している神秘な人で,また自身の信念に対して自負心を持っている役割だ。 その年齢帯にそのような感じが似合う俳優がカン・ドンウォンしかないようでキャスティングされるのを希望した。

-それならカン・ドンウォン氏はどんな期待を持ったか?

カン・ドンウォン
事実周辺で心配していた。

ソン・ガンホ
ア,そう?

カン・ドンウォン
からだが大変で出演をしようかやめようか意見を求めたところ周囲に何人がしないでくれとした。 今ソン・ガンホ先輩会えば元手みなあらわれて完全にこわれて出てくると。(ソン・ガンホ ウハハハハ!) 後日にはしろとそうしたが私の立場ではソン・ガンホ先輩と演技したかったために時期が重要だという考えが聞かなかった。 周辺の心配があったが私はこわれる時こわれてもしたかった。 期待反恐れ半分だった。

-それで一緒に演技をしてみたところ….

ソン・ガンホ
たいしたものでないだろう? ウハハハ。

カン・ドンウォン
違います。 驚くことはしました。 それでとてもおもしろかったし。

ソン・ガンホ氏は80年代生俳優相手役が<義兄弟>が初めてだ。 年齢差を克服して兄弟のように親しくなるのが可能だったか?

ソン・ガンホ
そのとおり! <戦友分>チームの親しい俳優らがドンウォンに対して多くの話をしたがよく似合うことができることという予感がした。 なにをかいわんや,作業をして見たらよく合った。 私的席でも魅力的な友人だ。 2人だけ出てくる映画だから二人でよく遊んだ。
by kazem2 | 2010-02-01 13:50 | Comments(0)