ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「海雲台」「アバター」1000万映画ビハインド ストーリー

☆news.nate.com



'海雲台(ヘウンデ)' 'アバター'映画広報社が明らかにする1000万の秘密

 1000万映画の連続だ。 去る2006年映画'韓半島' '怪物'以後の夢の数字でだけ見えた1000万映画が昨年'海雲台(ヘウンデ)'に続き'アバター'まで続いた。 1000万だけはシニ決めるという映画界俗説があるが'海雲台(ヘウンデ)'と'アバター'成功ポイントに映画広報マーケティング社映画関係者が共通に位置していて関心を引いた。 それで'海雲台(ヘウンデ)' 'アバター'を広報した映画関係者のシン・ユギョン代表に1000万ビハインド ストーリーを直接聞いた。

◇ '映画関係者'のシン・ユギョン代表. シン代表は'海雲台(ヘウンデ)'製作会社から1000万突破感謝盃を受けた。

 ▲肉も食べて見た人が食べる。

 映画広報マーケティング社映画関係者は国内で1000万映画を最も多く広報した会社だ。 '王の男' '太極旗を翻して'に続き'海雲台(ヘウンデ)' 'アバター'まで総6編(便)の1000万映画中4編(便)を広報した。 こういう成績が単純な偶然または幸運というには何か説明が不足する。

 シン・ユギョン代表は"今年11年間映画広報マーケティングをしてきた会社のノウハウを信じるようだ。 '1000万映画を経験したところであるからどうしても上手にしないか'という信頼のために規模が大きい映画が製作されれば私たちを探すこと"としながら"そうしたら1000万可能性が高い映画らと縁が結ばれたと見られる"と明らかにした。

 夢の数字という1000万を作るために映画関係者が注ぎ込む情熱はどの程度か気になった。

 シン代表は"広報という(のは)仕事が本来業務量が多いが,1000だけがなったということは職員ら手が届かないところがないという言葉と全く同じだ。 夜勤は基本だ。 時々職員らと会食や酒一杯飲もうと話取り出すのが申し訳ないほど業務量が多くて本当に残念だ"と告白した。 "以前より媒体もはるかに多くなってインターネット環境も良くなって広報業務がますます増えた"と付け加えた。 

 ▲'海雲台(ヘウンデ)'はユン・ジェギュン監督を広報素材で使った。

 '海雲台(ヘウンデ)'封切り全(前)1000万を期待した人は殆どなかった。 むしろ韓国型ブロックバスターの失敗手順を踏むのではないのかという用心深い観測まで出てきた状況. ところでシン・ユギョン代表は1000万を確信した。

 シン代表は"ユン・ジェギュン監督に注目した。 ユン監督の前作らがコメディだったが人を笑って鳴ることができる能力は充分だと信じた。 シナリオやはりやさしい話に広い世代共感まで布陣していて見どころのCGだけ解決されれば問題ないと考えた"と明らかにした。

 引き続き彼女は"それでもユン・ジェギュン監督は'海雲台(ヘウンデ)'広報で最大弱点だった。 '頭詞父母の祭日体' '色即是空'などのコメディを演出した監督がブロックバスター災難映画を作るというのが観客らには否定的に感じられた。 それで2007年'ティーウォ'をシム・ヒョンレ監督マーケティングで成功させたようにユン・ジェギュン監督も否定的見解を破らなければならないという戦略をたてた"と打ち明けた。 この戦略により映画関係者はコメディ監督ユン・ジェギュンの挑戦ストーリーを通じて'海雲台(ヘウンデ)'のCGと技術的な成功より人間的な側面を強調した。 自然に映画の焦点も涙と笑いがあるドラマへ渡ったし,人の話を強調した。 映画関係者のマーケティング戦略は功を奏した。 初めて瞬間的に話題になった津波 CGよりソル・キョング-ハ・ジウォン,パク・チュンフン-オム・ジョンファ,イ・ミンギ-カン・イェウォン,キム・イングォンなどの話に人々が陥ったし結局1000万を越えた。

 '海雲台(ヘウンデ)'の成功に対して期待値を低くするマーケティングの勝利という観点に対してシン代表は"そのような戦略をたてたことはなかった。 事実私たちは期待を持ってティーザーポスターと予告篇を公開したが,観客らの目の高さがとても高かったのか期待に沿えなかった"として"当時そのようにあざ笑いをたくさん受けることは初めてだった。 意図しないように映画期待値を低くすることになったが私たちの計画のとおりヒューマン ストーリーに押し進めた"と素早く打ち明けた。

▲'アバター' 1000だけは予想できなかった。

 'アバター'は外貨としては初めて1000万観客を渡した。 いくら'タイタニック'のジェームズ,キャメロン監督であってもシガニー・ウィーバーを除いて国内に有名な俳優もなかったし,映画の大部分がコンピュータ グラフィックで処理された3D映画と成功を占う人は何なかった。

 彼女は"'アバター'はやさしい話,普遍的情緒,人間的なキャラクターに見どころまで充分だった。 それでも外貨というハンディキャップのために1000だけは率直に予想できなかった"と告白した。

 シン・ユギョン代表は'アバター'を見るやいなや'映像革命'という(のは)コピーをまさに考え出した。 その程度で強烈だった。 ところで'アバター'は当初観客らに3Dアニメーションにだけ知られていた。 彼女は"まず'アバター'から3Dアニメーションという(のは)よく負わせられなかった服をはやくはがすのが重要だった。 アニメーションでなくアクション ブロックバスター映画で認識させるのが急務であった。 その次が1000万のためには再観覧が必須であった。 それで2Dで見た観客を3Dでまた観覧することができるように誘導する広報を広げた"と明らかにした。

 映画関係者の広報戦略はそのまま的中した。 まだ'アバター'の3Dアイマックス観覧は票を求めるのが難しくて,友人らの間で'アバター見たの?'でなく'アバター何に見たの?'が当然の質問がよくさせた。 当初計画のとおり着々合って入ったのだ。

 1000万映画をひきつづき成功させた映画関係者は事実韓国映画広報界の産室だ。 現在の映画広報に従事する多くの人々が映画関係者出身で,善意の競争を広げている多くの映画広報社らが映画関係者で派生した。

 映画広報界で女王姉さんに通じるシン代表は"後輩らに申し訳ない心がある。 映画に対する情熱だけで仕事をするよりは業務量に合う代価を受けることを願う"として"映画広報が重要で専門分野ならばノウハウが伝授されてますます発展するべきなのに度々離れる環境になって残念だ"と内心を打ち明けた。 引き続き彼女は"私をはじめとする先輩らが今の映画広報環境を改善しなければ次世代が変えることは難しいだろう"と明らかにした。

  <パク・ジョングォン記者jkp@sportschosun.com>
◇ '海雲台(ヘウンデ)' 'アバター' 1000万映画を相次いでヒットさせた映画関係者の職員ら.
2010-01-31 16:16


 


 
by kazem2 | 2010-01-31 22:08