ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

映画「義兄弟」 興信所社長とエリート職員の日課

☆breaknews.com




マスコミ試写会以後ソン・ガンホとカン・ドンウォンの好演,(始終一貫)緊張感を失わないながらもユーモアがあふれる演出力で好評を受けて興行予感を加えている映画‘義兄弟’が社長ソン・ガンホとエリート職員カン・ドンウォンの違ってもとても他のライフ スタイルを公開した。

一時国家情報院要員だったが作戦失敗で罷免された後,ベトナム新婦を探す興信所の社長になったイ・ハンギュ. 事務室兼オフィステルで一人で暮らしているハンギュの一日は昨日の靴下を脱ぎ比較的すっきりしている靴下を選んで履くことで始まる。

フンシン業務で情報は生命! 時々ハンギュにことを依頼する警察署を訪ねて行ってご挨拶を差し上げて,他の興信所を探して情報もやり取りする。 どんなキャラクターを演技しようが生活人の姿を溶かして出して現実性を付与する俳優ソン・ガンホは‘義兄弟’でもいったい不可能なソン・ガンホだけの魅力をリリースする。 日常的なユーモアだけでなく家族と落ちて生活する‘ハンギュ’の個人的な痛みまで表現やり遂げるソン・ガンホの演技は観客らに笑いと感動を同時にプレゼントする。

キム・ジョンイル政治軍事大学出身のエリート南へ派遣工作員の‘松脂院’. ‘ジウォン’の一日日課は興信所社長‘ハンギュ’を助けてベトナム新婦を探すことで大部分成り立つ。 興信所業務が人を探すことが基本であるだけにエリート工作員として受けた体系的な武術訓練と諜報訓練が光を放つ。

むやみに周辺人物を訪ねて行って尋ねたり,周辺を探索する‘ハンギュ’とは違い体系的な移動同船について捜査網を狭めていく‘ジウォン’はいつも百発百中,はやいスピードで人を捜し出して‘ハンギュ’の驚きをかもし出す。 大先輩ソン・ガンホと素敵な演技呼吸を見せるカン・ドンウォンは無愛想ながらも人間的な魅力を漂う‘ジウォン’役を通じて前作らとはまた他の魅力をリリースする。

映画‘義兄弟’は来る2010年2月4日(木)封切り予定だ。

オンラインニュースチーム

記事情報提供および報道資料119@breaknews.com (c)入力:2010/01/26 [15:42]最終編集
by kazem2 | 2010-01-26 18:35 | Comments(0)