ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[インタビュー]カン・ドンウォン“結婚,独身主義者ではないがまだ…”

☆eto.co.kr




<経済トゥデイ>
皆が変わったとだが私,カン・ドンウォンは頭をしきりにかしげてするほかはない。 自ら考えてみる時性格も容貌も相変らずそのままだ。 何がどのように変ったというのか…. あえて変わった点を探そうとするならただ一種類。 相手方に対して心の扉を開く速度が速かった。 そうだ,それだけは認める。

“ ‘戦友分(チョン・ウチ)’チームが人のように暮らせるようにしたことでしょう。 性格は変わりませんでした。 本来明るかったんですよ。 過去一人でいるのが好きだったとすれば今は先輩らと一緒にしたいことでしょう。 今が良いです。 感情起伏が大きくて以前で帰ることもできるが帰らないそうです。 ‘戦友分’チームのキム・ユンソク,ユ・ヘジン,キム・サンホ先輩らに感謝するだけでしょう。”

#カン・ドンウォンの昨日:戦友分悪童導師

カン・ドンウォンは昨年12月封切りした‘戦友分’が500万観客を突破して興行俳優の位置づけを構築した。 俳優として個人目標も達成してひたすら幸せだ。

“ ‘ M’時からセリフを正確に,感情を幅が広くしながら自由になろうということが目標であった。 ある程度成し遂げたが‘戦友分’時一層さらに自由になったようだ。 そして現場にあることが楽しかった。 スタッフらと俳優らと共に遊んだ方が良かったよ。”

カン・ドンウォンは‘戦友分’チームと厚い親密なよしみを自慢する。 特に酒の席をたくさん持ったとのことは有名なエピソード. 酒量と注射を尋ねたところ株当りといいそうである返事が帰ってきた。

“酒量はよく分からない。 たくさん飲んで…. よくは飲む。(ハハ)その日その日違う。 もちろんからだには良くないだろうが精神健康には良いようだ。 共にした人々と話を交わすから。 注射はそのまま笑うらしい。 話も多くなって…. 時々話を繰り返して質問をたくさんするらしい。 周囲で思わずちょっと尋ねろという。 そして寝る。”

‘戦友分’では母性愛を刺激する姿から抜け出して惜しみなく壊れた。 滑稽な表情と行動らをコミック演技で解いて観客らにもう少しなじんだ俳優で近寄ったという評価を得た。

しかしカン・ドンウォンは“なじんだ俳優と…. 私は全く同じだ。 一つも変わらなかった。 仕事をする時だけ変わったことだけだ。 私のファンたちとは1年に一度集まって出会いを継続しているけれど大衆に親しくなったという点は分からない”と自ら考えを伝える。

#カン・ドンウォンの今日:義兄弟南へ派遣工作員

2月4日から‘義兄弟’(監督チャン・フン,製作ショーボックスメディアフレックス ルビコンピクチャース多細胞クラブ)で観客らと会う。 すでに忠武路(チュンムロ)では‘戦友分’の興行に弾力受けて2連打ホームランを期待している。 カン・ドンウォンもそれとなく期待をする表情だ。

“私は常に自己満足が一番重要だと考える。 今回の映画は私が満足したから。 映画がおもしろくて観客らもおもしろいようだ。 ‘義兄弟’チームもうまくいくことだと予想している。 数字(興行)はよく分からない。 それが人の領域ではないと考えるから。 だがおもしろい映画というものには自信がある。”

カン・ドンウォンは劇中ち密で冷徹な北朝鮮エリート工作員ジウォンを演技した。 いわゆる北朝鮮の厳親,芸能界厳親アであるだけに似ていたというや彼は“違う。 私は中・高等学校の時文句(問題)屋であった。 友人と交わって通って文句(問題)をたくさん吸った。 何かもめ事を起こしたかと? 詳しいのは秘密,想像力を開いておくように願う。 そのままペンジルペンジレソッタ”と話して気がかりなことを加える。

今回の映画を通じて初めての呼吸を合わせたソン・ガンホとは映画の外では本当に義兄弟になったが映画の中では火花散る激しい演技をした。

“本当に激しかった。 (ソン・ガンホ)先輩が本当に上手にするから…. 火花が散ろうとするなら激しくなければならないのではないかそれが映画の面白味でもある。 喜びを感じるほどおもしろかった。 もちろん先輩をついて行こうとするなら遠かったがキャラクターとしてぶつかるのがおもしろかった。”

#カン・ドンウォンの明日:カメリアそして….

‘戦友分’,‘義兄弟’に続き去る1月中旬からは‘カメリア-ラブ フォーセール’まで撮影に突入して休むということなしで引き続きランニングをすることになったがカン・ドンウォンは“体力は本来良い”として“周囲でダークサークルが降りてきてするのにそれは酒をたくさん飲むからだ。(ハハ)キム・ユンソク先輩は私が遺伝子上本来良い体力ではないが難しいことを感じられないということだといったよ。 私のような子供たちがさっと行くと….”とパッと笑う。

‘ラブ フォーセール’では自身の昔の恋愛見よ(ソン・ヘギョの方)に対する記憶を奪ったラブ マスターを追跡するジェイ役を担ってソン・ヘギョと呼吸を合わせる。 カン・ドンウォンは“ソン・ヘギョは率直な友人であるようだったよ。 今はたくさん親しくなった。 この作品は親しくならないではいけない。 古くなった恋人関係を表現しなければならないから。 私が演技をもっと上手くやりたいからさらにはやく親しくなりたかった。 ソン・ヘギョも同じだっただろう”と耳打ちする。

カン・ドンウォンは今年三十才になった。 タマゴひと勝負年齢になれば心的な部分に変化がくるのが常だがこの男,竹ひらのようだ。 “そのようなものがあるのか。 年齢は数字に過ぎない。 年齢を入るほど激しくなるだけだ。 私はまださまよう青春,疾風怒涛の時期だ。 責任に値する日が進むにつれ大きくなる部分のそこ…. そのまま男や女や30代ならば顔が良くなるようだ。 さわやかだということから深さができるから。 私の好みがそうしたことなのか。 私は30代の顔が良い。 女も….”

先に女の話を取り出したことだし,ついでに結婚に対する考えを尋ねた。 カン・ドンウォンは“友人らは結婚をしたし子供まで産んだが私は結婚考えが全くない。 友人ら中に一番遅く行くことだ。 学生の時からそうしたから。 誰かを責任を負う程余裕がなくて何の準備ができていない。 独身主義者ではないが一人で暮らしても悪くないようだ”と打ち明ける。

彼の女性ファンらが聞いたとすれば悲しむほどの返事だ。 相変らず彼を保護してあげたい男だと目星をつけているからだ。 彼は“私が哀れに見えるか。(ハハ)保護してあげたい男も悪くない。 むしろ私は良い。 責任感があまり感じるのか。 あえて保護するならば有難く…”として冗談を言う。

カン・ドンウォンは美男俳優で脚光を浴びているけれど最高の演技者になることが目標だ。 我が国で多様な映画らが製作されてアジアを越えてハリウッドでも認められる,大韓民国映画が世界最高価なるのを夢見る。

“大韓民国映画が世界最高価なったら良いだろう。 ハリウッド進出やはり同じ脈絡だ。 ハリウッドを経験してみるのは悪くないけれど誰か‘君はハリウッド行かない?’と尋ねれば気持ちが大いによくない。 我が国市場が大きくなって私がいる所が世界最高価なれば良い。 大韓民国国民として自分の分野が世界最高価なれば良い風は全く同じであることではないだろうか。” (写真=チャン・セヨン記者)

ソン・ジェウン記者jaeni0224@eto.co.kr
記事入力:2010-01-25 16:10,最終修正:2010-01-25 17:40
by kazem2 | 2010-01-25 18:20