ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[キム・ジヘのCINE0419]義兄弟

☆sportsseoul.com




<スポーツソウルドットコム|キム・ジヘ記者>
小包母語ジンクス(sophomore jinx). 初めての作品・活動に比べて2番目結果が振るわない場合を示す用語だ。 小包母語は新人映画監督もたやすく避けるのが難しいジンクスだ。 デビュー作が期待以上の成功を収めたとすれば次期作に対する負担も加重されるはずだ。

強固な製作費と安定した製作環境,トップスター俳優らを背に負って作業を始めるとしても成功は大言壮語するのが難しい。 高い期待感が少なくない負担として作用するためだ。 実際にいくつかの監督らは2番目映画で期待の外結果を出したりした。 だがチャン・フン監督はこの不吉なジンクスを賢明に避けた。

デビュー作'映画は映画だ'以後1年ぶりに出した次期作'義兄弟'を通じてチャン監督は一層成熟した話法と演出力を誇示した。 '義兄弟'はスパイ事件で罷免された国家情報院要員ハンギュ(ソン・ガンホの方)と捨てられた南へ派遣工作員ジウォン(カン・ドンウォンの方)が6年ぶりに会って体験することになる話を描いたアクションドラマだ。

南北分断素材として重かったり憂鬱な雰囲気を先んじて想像する必要はない。 ハンギュとジウォンの身分が国家情報院要員と南へ派遣工作員で会うようになった契機がスパイ事件だがこの作品は二人が持った背景より人と人の関係で派生する感情に集中する映画だ。

この感情は男どうしの友情でもあり家族間の情でもあり国家に向かった民族愛でもある。 映画は二人の男の出会いを通じて醸し出す色々な関係らの中で自然にイ某でも情緒を合わせている。

お互いの身分を守るために対立した二人は長い時間が流れて最後の希望をひさし取るために共生する関係で再会する。 お互いがお互いを監視して追跡する中で家族の空席を埋めるジョン・ジェロ同志のような友情をわかちあうことになる。

映画が主題を話す方式はコーヒーに砂糖が溶け込むように自然でやわらかい。 アクションはスペクタクルするようにドラマは穏やかに解いていくなど話の速度を雰囲気に合うように調節して観客らの没入を安らかに助けている。

結果的にこの映画は友情と義理に関する話と同時に家族愛に対するドラマだ。 妻に離婚されたハンギュは英国にある娘を懐かしがって生きていくお父さんでジウォンやはり北に残した妻と娘の安全と危機を心配する限り家の家長だ。 敵で会った二人が友人になることができたことは'家族院の喪失'という似た状況から来るお互いに対する憐憫があったためだ。

'義兄弟'はジャンル的に分類しようとするならアクションといえるが映画全般を支配している情緒はドラマだ。 ややもすると重くて固く見えることができるお話は適切するようにさく烈するコミカルな場面らによって水と油が混ざるように自然に連結する。 緊張と笑いの自然な連結は見る人にとって目を離すことができなくさせる。

特に火のような性質の工作員でしらじらしい興信所社長まで多様な姿を特有の滑稽で表現したソン・ガンホの演技と家族と理念の間で葛藤する南へ派遣工作員の心理を繊細に描写したカン・ドンウォンの演技も映画を輝かせる。

また卓越した映像も引き立って見える。 映画序盤20分間進行されるアパート銃撃戦と後半部に登場する都心追撃戦は流麗な撮影でスペクタクルある快感をプレゼントする。 これは撮影担当した叔母犬撮影監督の感覚的な手助けから出た名場面らだ。

もちろん短所がない映画だとは言わない。 初中盤アクションとコミックがなめらかに混ざって緊張と笑いを同時に誘発する反面後半30分,二人の身分が明らかになって対立がなされる部分の結びは多少突然でなめらかでない方だ。

しかしこの作品増えた短所よりは長所が多い映画だ。 何より監督が話そうと思うところを明確に表現していて観客が映画のメッセージを興味深くて楽しくついて行くことができるということだけでも2010年最初'well made商業映画'というタイトルを付けることができる理由だ。

<写真=映画'義兄弟'スチール カット>ebada@media.sportsseoul.com
by kazem2 | 2010-01-24 11:11