ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

外国映画1000万時代,韓国映画の姿勢

☆search.naver.com



ハリウッド ブロックバスター'アバター'が外貨千万時台を開く。

20日映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば'アバター'は19日まで950万人を動員した。 このような傾向ならば23日頃外貨最初に1000万観客を動員すると予想される。

国内で他会が1000万観客を動員するのは'アバター'が初めてだ。 'アバター'は封切り一ヵ月目にも相変らず平日に10万観客を動員するだけでなく3D上映館は2月まで上映が持続する計画だ。 'アバター'はすでに劇場料金引上げと3D上映館料金引上げなどで歴代国内最大収入を上げた映画で記録された。

'アバター'が破竹の勢いで韓国映画市場を焦土化するや映画関係者たちは各々計算がはやくなっているある状況だ。 ひとまず封切映画らはぞろぞろ被害を受けている。 'アバター'と'戦友分(チョン・ウチ)'がはえ縄漁業興行を成し遂げて劇場を掌握しているや他の映画らは交差上映に追い出されるだけでなくスクリーンを確保することさえ不如意だ。

'ウェディングドレス' 'ペオロブ' 'パパが女が好きで'等去る14日並んで封切りした映画らは一週間ぶりに劇場を次から次へのがしている。 観客らが探してみることさえ難しい状況だ。

封切りを前にして'居候2' 'ガソリンスタンド襲撃事件2'も状況は同じこと. 劇場つかみに血眼だがなかなか容易ではない。 'アバター'が2月まで劇場でロングランする場合1月封切りした韓国映画らは大きい打撃が予想される。

だけではない. 'アバター'が外貨で1000万観客を動員することになるや外貨収入業者らをはじめとして映画関係者たちが計算も複雑になっている。 韓国映画がなかなか収入を上げることができない状況なのに加え外貨に対する観客付和雷同の現象がより大きくなると外貨収入で最初から方向をかえていること。

映画製作と収入(輸入)を共にする限り製作会社代表は"韓国映画封切り作が多くないばかりか昨年輸入した外貨が少ないだけ外貨収入により一層集まるようだ"と明らかにした。 韓国映画製作に投入されるお金が外貨収入に集まることになれば動脈硬化現象がより一層悪化して製作余力がそれだけ落ちることができる。

'海雲台(ヘウンデ)'に続き'2012' 'アバター'など観客が大作を探す傾向がより一層大きくなって韓国映画も大作で推進される現象も強化されるものと見られる。 100億ウォン以上が投入される戦争映画ら他にも'海雲台(ヘウンデ)'劣らない災難映画も推進中であることだしこのような現象は注意深く見る地点だ。 韓国映画多様性を象徴する30億ウォンほど規模の映画らがより一層減って10億ウォン未満の低予算映画と大作映画で両極化する傾向がより一層激しくなることができるためだ。

'アバター'が2D市場を確認させたことだし韓国映画中3D映画らも製作に速度を出すものと見られる。 ユン・ジェギュン監督とクァク・キョンテク監督などすでに3D映画に対する青写真を出した監督らだけでなく製作を前にしてSF映画らも3D製作を用心深く検討していると分かった。 外貨興行作らがSFが多数だけに観客の目の高さを合わせる必要があるというのが映画関係者たちの伝言だ。

'アバター'は現在の傾向ならば歴代国内1位の'怪物'の1300万人も見下げるものと見られる。 韓国映画関係者たちが最も憂慮するのは観客が外貨に傾いて韓国映画を順次無視する方向に行くことができるという点だ。

果たして'アバター'が開いた外貨1000万時代がどんな結果を産むのか,韓国映画関係者たちの悩みと憂いが深くなっている。

典型化キジャ記者

入力:2010.01.20 09:16
by kazem2 | 2010-01-20 20:45 | Comments(0)