ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ソン・ガンホ ‘義兄弟’興行自信がある

☆isplus.joins.com




ソン・ガンホ特有の笑いが続けざまに炸裂した。 映画'反則王'のレスラー'阿修羅X'が顔をあげたまま口を大きく開いてさく烈させる,漫画のような笑いだ。 彼は冗談半分で"私が出演した映画はみな最高であった"としてとりわけ自信あふれる姿を見せた。

ソン・ガンホが後輩カン・ドンウォンと呼吸を合わせたアクション映画'義兄弟'封切り(2月4日)を控えている。 彼は普段謙虚で家庭と映画の外に分からない俳優で知られているが今回のインタビューでだけは違った。 もう一度"クハハ"を連発して'義兄弟'の興行成功に強い自信を表わした。

-'義兄弟'は既存出演作らとどのように差別化されるか?

"'怪物' 'コウモリ'のように新しい試みをした映画とは違う。 硬いジャンル性を持った大衆映画だ。 アクション・コメディ・ヒューマンドラマを網羅した総合贈り物セットというだろうか? 去る10年間ソン・ガンホの姿が少しずつ皆聞いている。 '義兄弟'は捨てられた南へ派遣(南派)工作員(カン・ドンウォン)と前職国家情報院要員(ソン・ガンホ)の友情と人生を入れた作品だ。 初めに敵で会って兄弟よりさらに濃い関係に発展していく。"

-既存の役割らを考慮して'義兄弟'を選んだか?

"作品選択する時前作らは全く念頭に置かない。 私が望む駅がかちかち入ってくることでもなくて。"

-出演作ごとに興行行進だ。 興行秘訣が何だと考えるか?

"良い俳優らに会ったのが幸運だ。 また観客らが私に親近感と信頼を持っているようだ。 ひとまずマスクが身近ではないか。(笑い)私は映画俳優に対する幻想を破る人物だが観客は安らかさを感じるようだ。"

-興行打率がかなり高い。

"興行にならなくても(完成度面で)なかなか良い作品がある。 心理的満足感と共に自他が認められる作品まで合わせれば8割打率はならないだろうか。(笑い)"

-今まで出演した映画中最高を挙げるならば?

"十本の指かんで痛くない指があるか? '最高の映画'でなく'私の人生に最も印象的な映画'を選択するならば'反則王'だ。 どうなろうと私が出演した映画はみな最高であった。(笑い)"

-'義兄弟'の興行成績を占うならば?

"うまくいくようだ。 損益分岐点は越えないだろうか。 この時まで映画封切り前興行がうまくいきそうだという話をしてみたことがない。 こういう話は今日初めてだ。 製作者に損害を及ぼしはしないようだ。(笑い)"

-'義兄弟'撮影当時エピソードがあるならば?

"昨年夏猛暑注意報が出た。 窓だけ開いても呼吸しにくいほどであった。 私たちは建物てっぺんで一週間撮影した。 いつもきた台風もなくて絶望的だった。 撮影時ハムストリング負傷に遭ったが猛暑に比較すれば格別なことではなかった。"

-10年超えて映画を撮って感じたのは?

"俳優人生は長距離競走だ。 一喜一憂が無意味だ。 今は観照的に変わった。 良い状況では謙虚で,良くない状況でも気をおとす必要がない。"

-自分だけのストレス解消法は?

"知人らと酒一杯飲むことだ。 酒は悪いのではない。 適当に飲めば良い。 私にゴルフのような趣味があることでもなくて。 家で休む時私だけの休息方法があることでもない。"

-没頭する秘訣があるならば?

"演劇は皆が俳優の演技を尊重する雰囲気だ。 だが映画演技はちょっと違う。 血なまぐさい場所のような現場であっという間に没頭するのが容易ではない。 私だけの力でない。 相手俳優とスタッフの支持が交わってこそ没頭することになる。 過去映画は自分のカットをとって陥ったがこの頃はロングテイク場面が多くてますます演劇とすりへって行く。 感情が続くから相手側俳優との呼吸が重要になる。 韓国映画が発展する理由と考える。"

-呼吸が特別によく合った俳優がいるならば?

"'コウモリ'のキム・オクピンと良かった。 初めには周囲の憂慮もあったがキム・オクピンは驚くべき演技を見せた。 '義兄弟'のカン・ドンウォンも良かった。 出てきて容貌が全く似合わないが撮影後半部には兄弟のように互いに似通っていくという話を多く入った。"

-まだしてみない駅があるならば?

"史劇だ。 機会は多かったが縁がつかなかった。 とてもおもしろくてなかなか良い史劇があるならば出演してみたい。"

-極端(劇団)煙雨舞台出身だ。 演劇をするつもりもあるか?

"機会があればしたいが物理的な時間が不足する。 演劇は映画のように同時に二編(便)をできない。 良い演劇作品に会うのが容易でない。"

-印象に残るセリフは?

"'死ねば終わり!'だ。 'コウモリ'でキム・オクピンのセリフであった。 人生ということがそのようだ。(笑い)"


チャン・サンヨン記者[enisei@joongang.co.kr]写真=イ・ホヒョン記者
JES |チャン・サンヨン記者| 2010.01.19 11:02入力
by kazem2 | 2010-01-19 12:05