ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

映画「戦友分(チョン・ウチ)」このように作りました

☆news.naver.com
チェ・ドンフン監督・製作者イ・ユジン代表



<ソウル=聯合ニュース>ソン・グァンホ記者
韓国映画'戦友分'の勢いが侮れない。 昨年12月23日封切りした'戦友分'という観客500万人突破を目前に置いている。 800万を越えて1千万に向かって巡航中の'アバター'の独走の中で4週目ボックスオフィス2位を守って善戦している。

'戦友分'を演出したチェ・ドンフン監督とこの映画を製作した'映画会社家'イ・ユジン代表を最近江南区(カンナムグ),ノンヒョンドン'映画会社家'事務室で会って製作後日話と製作過程を聞いてみた。

--どのように'戦友分'を作ることになったんですか。

▲(イ・ユジン) "
チェ監督がある日悲しいスリラーをしてみたいといいました。 いったいどんな内容であろうか。 期待反ときめき半分でした。 そうしている間一日はチェ監督が悲しいこと使う時ではないようだとし突然'戦友分'話を取り出しますよ。 '戦友分'に対してよく分からなかったが,チェ監督があまりにも興味深く話すのに,聞いて見たら私も気づかない内に陥るほどおもしろかったです。 製作費負担が大きくて危険があったがしてみる価値はあると判断しましたよ。"

▲(チェ・ドンフン) "
'ノー(No)'といえばどうするだろう,という考えだけでした。 それで使う前に話にしたのです。 するとすぐ'戦友分役は誰がするか?'と尋ねるので(に)悩みなしでカン・ドンウォンだと話しましたよ。 (笑い). 色々な話をすると結局イ代表が一度してみようといいました。"

-- 120億ウォンという製作費は侮れなかったはずなのに,負担にならなかったんですか。

▲(イ・ユジン) "
シナリオを見た時200億度足りなかったんですよ。 ところが,韓国映画市場でそのようにすることはできないことで,適正な予算が100億で120億ウォン程度であったようです。 終わり物でもあったがその時(2008年8月)だけでも大作に対する投資はありました。 当時'海雲台(ヘウンデ)','国家代表'なども企画されていましたよ。 その時をのがしたら映画製作が骨を折ったかも分りません。 その年冬がきて映画版は完全に氷河期になったためでしょう。 とって負担が大きくなるほかはない状況でした。"

▲(チェ・ドンフン) "
普通製作費を多く使うのを恐れるのに'戦友分'だけはお金がもっとあったらと思いましたよ。 本来計画は6ヶ月間撮影であったのにワイアーをたくさん使って当初より二ヶ月もっと増えました。 製作費は上昇したし,金がないから毎日夜を明かしてとりました。 俳優,スタッフ全部超死骸状態でしたよ。"

▲(イ・ユジン) "
チェ監督が製作費を多く使う方ではないがワイアーとCG(この映画の4千200余カット中CG場面は約1千800カット)が多いと見ると時間がかかりましたよ。 ワイアーを設置することにだけ半日がかかるからです。 現場にながくなっていて見たらチェ監督声がかすれて行ったのです。"

▲(チェ・ドンフン) "
それで私が得音をしました。"(笑い)

▲(イ・ユジン) "
映画撮影会場に行ったがチェ監督頭が半白になっていたのです。 ストレスをあまりにも受けたせいで…."

▲(チェ・ドンフン) "
映画広報のために今はそめて通います。" (笑い)

-- '戦友分'という初めて見る時より二番目見た時より良かったです。 特に東・西洋の苦戦を混ぜ合わせる方式が印象的でしたが。 ギリシャ悲劇の構造を見せるようだよ。

▲(チェ・ドンフン) "'
戦友分'中(案)には'三国遺事','前愚痴前','西遊記','マクベス','ドンキホーテ'が溶けています。 そして最も熱心に溶かして入れたのはシェークスピアの作品でした。 花潭(キム・ユンソク)は正確にマクベスです。 そして'戦友分'という予言に関する映画でしょう。 指摘したようにギリシャ悲劇のような感じもあります。 それで映画にクラシックある感じが出るのも事実です。"

▲(イ・ユジン) "
'戦友分'という伏線(複線)が多いです。 話を重ね重ねに積み上げましたよ。 初めて見る時のがすことらが多いです。 設定もなじみがうすくて,人物も,セリフも多いから初めにその妙味を全部味見という(のは)容易ではありません。 編集過程で何度も見たが見る時ごとに新しいですよ。 ただし,惜しかったのはソウル都心でアクション場面を撮るのが難しかったという点でした。 まともに計画をたててもう少し派手にとればという物足りなさはあります。"

▲(チェ・ドンフン) "
そうしたら清渓川(チョンゲチョン)や光化門(クァンファムン)を一週間以上防いでいなければならなかったでしょう。" (笑い)今回の映画を通じて本当に多くのことを習いました。 続編をとれば今は半年中にとることができそうです。"

--続編を計画中なのですか。

▲(イ・ユジン)
計画はしています。

▲(チェ・ドンフン)
シナリオを何枚使ったが,よく使わないで今は中断した状態でしょう。

--映画のエンディング場面が独特だったですが。

▲(チェ・ドンフン) "
クライマックスが観客のためのものならば映画のエンディングは監督のためのものであることもあって,映画に対する監督の態度であることもあります。 '戦友分'という道術が素材なので最後にはどうにか道術を整理したかったです。 何というか既視的な感じを与えたかったです。 映画中間に出てくる海に対する幻想は500年後にいつかは存在すると見られてあげたかったんですよ。 イム・スジョンに海を見せる道術は戦友分が見せた最も驚くべき道術でした。"

--カン・ドンウォンは水に浸る魚のように演技をしたのです。 最もよく似合いました。

▲(チェ・ドンフン) "
カン・ドンウォンのワイアーアクションは本当にすてきです。 飛び回ること見れば本当に素晴らしいです。 アクションやワイアー場面の98%を代役なしで消化しました。 '忍者アサシン'見れば雨が苦労したとのことがらしくなります。 ところで'戦友分'というカン・ドンウォンが苦労したティーがほとんど出ません。 本当にドンウォンがたくさん苦労しました。 6階高さの建物でジャンプするシーンがあったが,20回も再撮影したのにムダ口なしで継続しましたよ。 現場で全部ドンウォンのファン(パン)になりました。 演技も非常に新鮮です。 英国市のバイロン(1788~1824)の詩句中に'朝日差しのように明るくて,正午の太陽の光のように暖かい'という一節があります。 ドンウォンは'朝日差しのように明るくて,正午の太陽の光のように暖かい'友人でしょう。 演技だけでなく人間的にも素晴らしいです。 彼はひそかな利益のために嘘をつく人ではありません。 三十才に過ぎないが,対人の風貌があります。"(一座笑い)

▲(イ・ユジン) "
本当に率直で淡泊な友人です,飾りなくて。"

--次の作品は何を構想されるんですか。

▲(チェ・ドンフン) "
使いたいのがあるのに,まだ'戦友分'で抜け出せないで悩みです。 そのまま浮び上がる考えらだけ雑文形式でメモしています。 '戦友分'という今まで私が作った映画中最も抜け出しにくい作品であることのようです。 魂に'戦友分'が彫られたようです。 この頃はただ'戦友分'に出演した俳優らと毎日酒飲んでしゃべるのを楽しみにしています。 この頃彼らと分ける話題は'癌退治法'です。"

▲(イ・ユジン) "
本当に彼らのおしゃべりは絶えることがありません。"

--'アバター'とついたが憂慮よりはうまくいったようです。 700万程度見るんですか。

▲(チェ・ドンフン) "
私の前作'(受ける)乗って塩辛くて'が動員した観客は渡すことを願います。"

▲(イ・ユジン) "
難しい点が多かったんですよ。 初めての週に180万人,第2週には350万人を集めました。 ところで'アバター'が思ったよりとても強かったんですよ。 2等を固めて幸いなことはしましたよ。 だが'アバター'だけでなく大雪と酷寒という災難も会いました。 3週差から少しずつ観客が減ったが,幸いこの頃は再観覧する方たちもいて,反応も大丈夫であるようです。"

▲(チェ・ドンフン) "
私どもの映画は多分地球温暖化の犠牲者でしょう。"(笑い)

--'アバター'はどのように見られましたか。

▲(チェ・ドンフン) "
本来競争作はよく見ない傾向があります。 まだ見られませんでした。 'アバター'(ジェームズ,キャメロン)だけでなく'シャーロック・ホームズ'(ガイ・リッチー),'パルナソス博士の想像劇場'(テリキルリオム)も見られませんでした。 私はキャメロン,リーチ,キルリオム監督のファン(パン)ですね。 惜しいです。"

▲(イ・ユジン) "
おもしろく見ました。 よくよいと思ったがこのように大当たりが出る方法は率直に予想できなかったです。 2時間40分に達する長い上映時間という障害物があったのにずっと観客を集めたのです。 ひとまず3D体験が驚異的でした。 私たちも熱心について行くと考えたが,私たちが熱心にしていればハリウッドは相対的にそれくらい遠くへ行っていましたよ。 'アバター'を見て事実自己恥辱感が聞きました。"

-- 'アバター'以後3D映画が一般化されそうですか。

▲(イ・ユジン)
そうですね。 よく分からないでしょうね。 ただし,3Dが一般化されれば俳優らの位置は萎縮しそうです。 'キャリー飛言の海賊'がヒットする時ジョニーデップ話は多かったんですよ。 ところで'アバター'のために泉ワーディングねじったや組漏れるダナーに対する話はほとんど出てこないでしょう。 むしろ映像革命やキャメロン監督の話が多いです。 俳優には3Dが良くないシステムかも知れないでしょうね。"

▲(チェ・ドンフン) "
確かにそうです。 俳優を見て感じる畏敬感が消えないだろうか,という憂慮もあります。 とにかく,戦友分に入ったお金では'アバター'の3分分量しか作ることができません。 規模的にはゲームになりません。 だが映画で最も重要なことは想像力です。 それからがお金と時間順でしょう。 韓国がハリウッドをついて行こうとするなら想像力を育てる方法しかないです。"

--お互いをどのように見ておられてから。

▲(イ・ユジン) "
開かれた耳を持った監督です。 あまりにも言うことも好むが他人の話聞くのも好みます。 愉快に仕事をすることができる監督でしょう。 活力があふれて鋭敏ながらも芸術的才能が多い監督でしょう。 ただし,性格がちょっと急です。"

▲(チェ・ドンフン) "
私が演出部にある時プロデューサーとおられました。 映画的洞察力がすごいです。 この代表様と映画話して'戦友分'だけで三場面を変えました。 本当に上手にしたことのようです。 映画的センスが優れた立派な製作者です。"

◇映画会社'春'でプロデューサーで日韓イ・ユジン代表は去る2006年'映画会社家'を設立した後'そいつ声'(2007.パク・ジンピョ),'幸福'(2007.ホ・ジノ),'西洋骨董洋菓子店-アンチーク'(2008.ミン・キュドン),'私の愛内そばに'(2009.パク・ジンピョ),'戦友分'(2009.チェ・ドンフン)を製作した。 2007年には米国の映画専門紙'バラエティー'が発表した'注目するほどの10人のプロデューサー'にアジア人では唯一選ばれた。

◇去る2004年'犯罪の再構成'を通じて長編デビューしたチェ・ドンフン監督は'(受ける)乗って塩辛くて'(2006)で580万人(映画振興委員会基準)をかき集めて注目された。 緻密な構成とスタイリッシュな画面,心をひきつける台詞が長所だ。

buff27@yna.co.kr 記事入力2010-01-17 10:00
by kazem2 | 2010-01-17 10:36 | Comments(0)