ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

韓国エンターティメント産業にも3D時代

☆news.nate.com



(フロンティアタイムズ イ・ミンギ記者)

'アバター'が外貨最初に国内観客800万人を越えた。 注目されるのはシナリオよりも3D立替技術(映画を見ればあたかも画面の中に入っているような錯覚をあたえる技術)だ。

こうした中映画'海雲台(ヘウンデ)'のユン・ジェギュン監督が13日CBS<キム・ヒョンジョンのニュースショー>に出演,映画'アバター'に対して"技術的な部分においてどんな一つのパラダイムを変えるほどの技術的な発展がある。"と評価した。

これと関連して,ユン監督は私たちの3D技術力に対して"CG技術は‘海雲台(ヘウンデ)’が80%程度までハリウッドに近接をしたが,3Dと関連した技術は20~30%もハリウッドにならないそのような水準だ。"と冷静に話した。 それと共に"我が国の国民性がだいぶ優れる。 明確に早期にハリウッド水準に近接することができる。"として自信を表わした。

彼は3Dが早い時間内に商用化段階に入ることを予測して"2010年南アフリカ共和国ワールドカップから米国の方ではサッカー競技自体を最初から3Dで生中継をすると発表した。 もう映画,放送,全般的なメディアにかけて3Dが市場をたくさん主導することになるだろう。"としてすでにエンターテイメント産業に3D時代が開かれたことを強調した。

原文記事転送2010-01-13 16:37
by kazem2 | 2010-01-13 18:52 | Comments(0)