ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

3Dは頭痛の種?

☆abcnews.go.com
映画「アバター」は3Dで見るのがお勧めです
私はメガネをかけた上に3Dメガネをかけましたので
ちょっと使いづらかったので次はコンタクトをしていこうと思いました
3Dが眼にいいのか悪いのか解りませんが頭痛の種になるとは思いませんでした



聴衆は太原(中国)で2009年1月7日のシネマの3D眼鏡を通して3Dフィルム'アバター'を見ます。
(ChinaFotoPress/ゲティImages)シカゴ(ロイター)--究極のホームシアター経験のための3Dテレビを当てにする映画ファンとスポーツファンは、最初に、彼らの目をチェックして頂きたいかもしれません--または、3Dは頭痛の危険を冒します、と米国の目の専門家は、土曜日に言いました。

ジェームス・キャメロンの「アバター」などの立体映画のうなぎ登りの人気(現在の10億ドルのヒット作)は今週ラスベガスの国際コンスーマー・エレクトロニクス・ショーで公開される、3Dテレビの作物を奮い立たせました。

そして、経験が新しいデジタル3D技術で多く、何人かの人々には眼疾患により満足になっている間、長引いている3Dセッションは痛んでいるヘッドをもたらすかもしれません、とそれらは言いました。

「非常に小さい方の眼疾患、例えば通常の状況下で、脳が自然に対処する小さい方の筋肉のアンバランスと共に歩き回る予定である多くの人々がいます。」と、マイケル・ローゼンバーグ博士(シカゴのノースウェスタン大学フェインバーグ医科大学の眼科教授)は言いました。
by kazem2 | 2010-01-10 13:01 | News