ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

テルン選手村のイ・ミンギ(役名同じ)


☆テルン選手村画像とシノプシス
ミンギが演じることに目覚めたという印象深いドラマだそうです
素敵なMVをみつけたので紹介します




エリート体育人. 彼らのリアルな後ろ姿20余種目男女体育人が集まっているオリンピックの産室泰陵(テルン)選手村. 一度もまともに公開されたことがない彼らの姿を最大限現実的に日常的に表わす。 スポーツは人生の縮小版メダルに向かった彼らの4年にわたった余情(旅行日程)は人生の畜養版と違わない。 一つの目標に向かってまい進する彼らの姿の中で現在の平凡な私たちの悩みと葛藤を共に表わす。 30分水の中に2種類の話が共にするスピーディーな構成. しかし主題は一つだ。2種類の話を30分中に表わすことでスピードを追求する。


<1部不運>

万年候補パートナー選手のミンギ(イ・ミンギの方)とアーチェリー世界1位スア(チェ・ジョンユン). スアの金メダルを拾ったミンギは金メダルを幸運と考えてしばらく回してくれない。 ミンギは自己行為に対する不足感にスアに是非を論じるがむしろ彼女の力に圧倒される。

国家代表選抜前の時ごとにからだが痛くて私の実力を発揮することできなかったミンギ. 今回国家代表がならなければ選手村退出という危機に陥ったミンギは新しく生まれる覚悟で強度が高い訓練をして,スアの秘法を思い出させていよいよ望んだ国家代表となる。 しかし同じ瞬間むしろスアは代表選抜戦から脱落してしまう。

<2部天才(天災)>

自尊心に激しい傷を負ったスアは代表候補生で選手村に残る。 表面ではなかなか良い振りをするがすでに自分をふわりと跳び越えてしまった天才(天災)後輩に勝ってみようと必死のあがきをつくすスア,しかし自らの自己行為に対する不足感に同じ部屋を使う天才(天災)体操少女床(キム別)に対する負担が重なってスアの葛藤は大きくなって行く。 床は自身に初めて暖かい関心を見せたミンギを一人で好んでミンギの心がスアに向かうのを知って嫉妬心ができる。

一方ミンギはスアが候補生に残ることになったのが金メダルを戻すことが出来ない自身のせいという気まずさに度々スアに気になる。 スアの部屋の前に菓子を積み上げるかと思えば時には真剣に追及する。 結局ミンギの前で率直な姿を表わすスア. もう同じ目の高さでお互いを眺められるようになった二人. スアには長い間の恋人の水泳選手東京(イ・ソンギュン)がいるが,ミンギはすでにスアに愛を感じることになるけれど...

<3話私の力>

国家代表として上手くするや意気衝天したミンギ. しかし彼の飛ぶ性格は選手村内で問題になる。 一方スアの長い間の恋人東京を目(雪)に可視のようにここはミンギはことごとに彼に飛びかかるがめちゃめちゃになる常.

いろいろ萎縮になったミンギはついに景気(競技)を亡ぼして,これを見守った監督はミンギの方法をいよいよ受け入れる決心をすることになるけれど...互いに違った個性と性格を持った泰陵(テルン)の選手たち,彼らが各自最善を尽くすことができるようにさせる力はどこにあるということだろうか。

<4話スランプ>

緊張を克服,大会に上位入賞して自信が天を突き刺すミンギ,しかし彼は世界選手権大会でグルジアの名のない選手にあきれる敗北にあってスランプに落ちる。 スアと床,東京また各自の理由でスランプのドロ沼から抜け出せなくて....

ある雨の降る日,ミンギの提案で泥沼で賭けサッカーをする四人は久しぶりに笑って騒いでスランプから抜け出す端緒を探して,スアはそのようなミンギのよどみない姿を見て愛を感じる。 そのようなある日,相変らず一人だけの苦悶に陥っていた東京は突然に選手引退を発表するけれど.....

<5話英雄>

スア(チェ・ジョンユンの方)は東京(イ・ソンギュン)の引退に対して何の助けも与えることができないことに対する自責感に苦しい。 一方ミンギ(イ・ミンギ)は表面のかっこうを働かせて女子学生ファンたちの愛情攻勢を受けるサッカーチームが不適当だ。 その上金メダルを取った誘導部先輩が異種格闘技で転向して試合する姿がテレビを通じて中継されて,ミンギは背信者とし激しくののしる。 そのようなミンギは全世界的な組織網を整えた異種格闘技スカウターに年俸五千万ウォンから開始としスカウト提案を受けるのに….

異種格闘技で誘導界先輩が対応無策になる姿を見たミンギは自身が立ち上がって復讐してくれるという言い訳で異種格闘技をするという意向を見せる。 一方東京は,すでにこれ以上自身に頼らなくなったスアを見て不安だということを感じるが,スアはミンギに向かった自身の気を引き締めてミンギを遠ざける。

<6話コンプレックス>

ミンギ(イ・ミンギの方)に想像も出来ないことが広がる。 スア(チェ・ジョンユン)が自身が好きになったこと。 一方選手村でまた会ったミンギとアイボリーの間には緊張感が流れる。 互角の競技を繰り広げる二人,ミンギは人々の間で顔を出すスアを見て心がより一層落ちつかなくなる。 結局試合でチン・ミンギは意気消沈してスアに会う勇気もできないのに,ある日夜誘導長中に正座して瞑想に浸ったアイボリーを発見して何か悟る。

ライバルの後輩未定に闘志を燃やしてますます記録が良くなったスアは,ある日未定が苦しがる姿を見て自身と同じ苦痛を味わっていることを知ることになる。 一方ミンギとスアの関係がますます深くなっているということを知ることになった床(キム別)は東京(イ・ソンギュン)を訪ねて行ってなぜスアを奪われて買うかと叱り飛ばす。 水泳を止めて突破口を探した東京はスアにプロポーズをするようになって,床は練習中に平行棒から落ちることになるけれど.....

<7話しん気楼>

大きい浮上(負傷)で選手生活をこれ以上することができなくなった床(キム別の方)は自身に近づいた不幸を理解することはできない。 ミンギ(イ・ミンギ)の心がますますスア(チェ・ジョンユン)を向かって自身が好む全てのものを一つ二つ失うことになった床はますますおかしな行動でミンギを捕まえておこうとする。 一方東京(イ・ソンギュン)のプロポーズで紛らわしかったスアに東京は互いに努力してみようというけれど...

東京はスアの心を変えるためにスアがいる所にいきなり現れてスアに笑いを与える。 スアもミンギを心で消してみようと努力する。 無関心なようにミンギを無視して部屋に入ってきたスアは机の下でミンギが襟を付けた一束の矢に一つ一つ書かれたミンギの落書きを見て浅く笑う。

<8話峰>

もう率直にお互いを眺めることになったミンギ(イ・ミンギの方)とスア(チェ・ジョンユン). 国家代表水泳選手という名刺も捨てて,もうスアまで失った東京(イ・ソンギュン)は毎日毎日自身を持ちこたえるのが容易ではない。 5年と付き合った東京と別れてミンギを眺めるスアを置いて周囲の人々は水芹待機始める。 善男善女が会ったことが何かつかむかと興奮するミンギを後にして,スアは東京を背信できないというけれど...

1年後オリンピック,学校に復帰した床(キム別)は模範生になっている。 水泳講師で新しい人生を始めた東京.道(ド)やっと希望の光を見始めた。 彼らが見守る中でオリンピックへ向かうスアとミンギ. 愛もオリンピックも終わりがどうなるかは分からない。 全てのものは過程で峰だけ,人生は続く。 皆が見守る中でミンギとグルジア選手は競技を繰り広げる。 伯仲の勢の試合を広げるミンギが自らを励ます叫び声が競技場を鳴る。

iamrolly [2007.08.02 16:08]
by kazem2 | 2010-01-09 22:11