ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

[PEOPLE ]インタビュー100 ソル・キョング

☆10.asiae.co.kr

いつかは孤独でなかったか? 俳優は結局一人で行くの。”
文,写真.ペク・ウンハ編集.イ・ジヘ
インタビューというものが何だろうか? という質問に“最も私的な出会いを装った最も功績の出会い”と答えたことがあります。 1時間,長くて3,4時間余り,結局記事生産のための席という前提を無視できないから大部分のインタビューは最近の成果に対する評価で流れるほかはないことがかなり残念でした。 もう少し近く椅子を引いて聞くわずかな対話への渇望. 編集長のペク・ウンハがフィルム カメラで直接とって直接インタビューして直接使う純度100%アナログ インタビュー,‘インタビュー100’はそのように開始されました。 怠惰を震えないならば格主木曜日ごとに新しい対話相手に会うことになることです。 人と人が会うこの風景の最初の初代お客さんは映画<容赦はない>の俳優ソル・キョングです。




ソル・キョング:
ウワー-本当に引いた万は,今日はインタビューのほか,本当に昔の友人会う気持ちで出てきた。 私たちが最後のインタビューしたのが<力道山>撮影する時だったか? 富川(プチョン)セット扮装差で?

100:はい,記憶されますね。 それが最後でした。

ソル・キョング:
ハ-. 私がその時から大変だっただろう。 <力道山>滅びて(笑い) 8ヶ月の間何もしなくて,そうするうちに<公共の敵2>とるといって一ヶ月ぶりにダイエットして,人パニックなって。 よっぽどでなければ<公共の敵2>とる時は‘監督様今日高慢とってはいけませんか?’と尋ねたよ。

100:本当に? またとろうと締める人であって,思わずとろうというそういう話しないサラミジャナヨ

ソルギョング:
なので話です。

100:事実,その時からだったようです。 ソル・キョングという俳優の歩みを遠くから見守ってオ,でも何だろう? 何か他の世界へ行っているようだという気がしたこと。

ソル・キョング:
ウン,そのとおりですよ。 私他の世の中で生きた。 何かその時期を基点にして映画版の雰囲気もたくさん変わって,映画専門媒体はぞろぞろなくなって,心取り除いて話する人々も一つ二つずつ消えて,何か見慣れなくなった。 そうだ,<力道山>が基点だったの。 個人的にことも多かったし,時にはどこへ行くのか知らずどこでもそのまま引かれるように行った。 みなそうでもなかったが,違ったこと分かりながらも行ったこともあったし。

100:そのためか,<力道山>以後スクリーン上のソル・キョングはなんだか(道理で)見慣れなく見えました。

ソル・キョング:
私でなかったようで。 ちょっと疲弊されたとするが? 荒廃されたとするが。 周辺がずっと不明瞭だったし。

100:今はちょっと良くなったようですか?

ソル・キョング:
ウン,ちょっと非常に良くなったようで。 <力道山>封切りしてから精神的な衝撃もきたし興行もそうだが何か本当に変だった。 もしかしたら今でも延長線上なのかも分からないだろう。.. 霊化する人々とよく似合わないことになって,最初から出歩かなかったから。

100:映画デビュー以後ひたすら称賛と賛辞一色だった人々が突然背を向けてしまった感じだったようです。
ソル・キョングの演技の話より個人史に対して是非の言い合いすることになってから報道機関と大衆の隠された歯を見た感じがしてはいないだろうかと思う。

ソル・キョング:
それでちょっと閉じていたことのようです。 何の話をしようがそのようなニュアンスを漂う言葉が入ってくるから。 する言葉だけ言うことになったことよ。 前は悪口でもたくさんしたところで,今は悪口もしなくて。 (笑い)

“孤独だろう,表現をしないからそうであって胸破りたい場合も多くて”

100:<そいつ声>道(ド)そうで<容赦はない>道(ド)お父さんというアイデンティティがキャラクターの行動を誘発させる動力になるでしょう。 ひょっとしてお父さんを考えればどんな感じがするんですか?

ソル・キョング:
私がうちのお父さん話をよく本当に聞かなくてなんだがね。 (笑い)別に親しくないことで何. ところで韓国,特に私たちの世代でお父さんと息子が親しい場合殆どないということ同じでない? ママとはそれさえも話はするのに,もしかしたらお父さんが孤独なことを分かるからむしろ感傷的になるのが嫌いでそうするみたいで。

100:本人も孤独ですか?

ソル・キョング:
私も孤独だろう。 表現をしないとするからそうであって胸を破りたい場合も多くて。 そして私のお父さん,あなたも私ぐらい孤独だということ分かるのに,分かりながらも近く行こうとしなかったら。 40越えてから小言することリスニングも嫌いで(笑い). 友人やつら見れば息子中学校上がってきてから遠ざかるといったよ。 孤独な人々はお父さんらは。

100:忠南(チュンナム)が故郷でしょう? そのためか忠清道(チュンチョンド)の人のような感じが相変らず生きています。 のろくて話す言葉つくすひどく気味悪くある語り口. (笑い)

ソル・キョング:
ハハハハ。 生まれるばかりだっただろう。 そこで土地を踏んで歩いて通ったことがないから記憶はなくて。 幼い時まさに麻浦(マポ)路きたから。 お父さんが群山(クンサン)で家でもツシだからそうするのだ。 忠清道(チュンチョンド)話を時々すればおもしろくて。

100:幼い時はどんな学生でした?

ソル・キョング:
なんだ,今日何の戸籍調査する日か? (笑い)あるかどうかある子供? 平凡それ自体! 演劇映画科行くといった時担任先生の顔がまだ思い出すよ。 はっと,本当にあきれるという表情. 事実俳優でなく演出をするということだったが他の人々のように幼い時家にビデオカメラがあってビデオをとってみたかそうしたのでもなくてそのまま漠然と監督を夢見たことよ。 TV芸能プログラムに時々出てくる撮影現場の監督らを見れば,あれが本当に男職業だな,考えたのだ。 夜商のようなこと入庫頭もちょうどこんがらかっていて印象も台なしにして何か野戦司令官カッタルカ? その表面のかっこうに監督するといったんだろう。 ところで実際に大学を入ってみると皆具体的に準備らをした野郎らだったよ。 フランス映画だね,文化院だね,その友人ら比較すれば私はそのまま一般人水準であったし。

100:そのような人が映画演出でもなくて結局演劇俳優仕事をしたという話でしょう。

ソル・キョング:
普通当時極端(劇団)である始めれば冗談反本当の話半分で年俸10万ウォンといったが,私は4学年2学期の時演劇の時に出て行って月給を50万ウォンを受けた。 本当にとても金持ちになったようだったんだろう。 万ウォン券で50枚を半分でぴったりたたんでぐっとささって入れれば財布がピピーっと-したよ。 皆腹がへった演劇の時というのに私はむしろ腹がへったことがなかった。 翌月なるから60万ウォンをジュネ??終る時ぐらい80万ウォンを受けた。 他の人々何年分年俸をすでにすべて受けたもようだったよ。

“今は映画版も連帯意識のようなのがなくなった”

100:そうするうちに公務員試験を準備したんですって。

ソル・キョング:
ハハ。 それがどうなったかけるかといえばなんだがね。 漢陽レパートリーでとても出てきたいのよ。 すでに卒業はしたがそこは学校の延長であったから何か多様な人に会ってみたかったことよ。 ところでそのまま出て行くといえば置かないでくれることのようでチェ・ヒョンイン先生に公務員試験を受けるとホラを打ったよ。 (笑い)ところで私が真の即興的なのが,嫌いで出てくることはしたが直ちに何もなかったところで何. お金は必要だが家に手を広げることができないから結局まさに翌日ハクジョンにある先輩にポスターアルバイトでもくれと言ったよ。 ところで本当に珍しいのが,私がその底を結局離れなかったということだ。 もちろんその時離れたら結局人間のクズになっているかも知れないが。 (笑い)とにかくそのようにハクジョンに1ヶ月半分ぐらいあったか? 突然<地下鉄1号線>しない? したよ。 キム・ミンギ先生がたまたまポスター付ける私に,あの子誠実なようだと一緒にしようといったんだろう。 それが唯一のオーディションだったよ。 各界各層あらゆる経歴を持った俳優らが集まって3ヶ月練習をしたがきてこれはとてもおもしろいの。 それが<地下鉄1号線>の開始だったよ。 その上これがまた商売もうまくいったし。 映画<女の子たちの夕食>する前には月200,私がセピアを連れて歩いたから。 (笑い)ところで<地下鉄1号線>終わらせたら本当に仕事がなかったよ。 MBC <愛をあなた懐の中に>使った離船米作家が演劇出身なのにその時私を誠意主(州,株)作家に推薦したよ。 それが朝ドラマ<大きい姉さん>であった乞食. 私が人福が本当に良くて。

100:<大きい姉さん>以後でまたドラマするつもりはしないのですか?

ソル・キョング:
なぜしない? 呼ばれて通うことも多く吹こうと通っただろう。 公式オーディションではなかったが1対1で見ようという場合があったが頭からつま先まですっと目を通すそうしたことあるじゃない。 私はその目つきがとても嫌いだったよ。 そうするうちに<女の子たちの夕食>とって<鱒>とってからイチャンドンという人から連絡がきたよ。

100:<女の子たちの夕食>を見ますね?

ソル・キョング:
ウン,本来その映画を見るつもりがなかったが友人らがソル・キョングという(のは)この子を必ず見ろといってみたそうだよ。 見たかったとして<ペパーミントキャンデー>シナリオを与えたよ。 ところで映画が入ろうとするなら投資がなるべきなのにソル・キョングでは大変だと。 今度はただ見たくて会ったことだから,次の作品でもできればしようといわれただろう。 地下鉄乗ってきて漢方に読んだが,とこのシナリオが何の小説のようだったよ。 そのようなある日の夜ひょっとして今家に行けば会えるかと電話がきた。 イチャンドン監督様とミョン・ゲナム代表と訪ねてきて,君この映画したいのか? と尋ねたよ。 それでしてはしたいが能力にならなくてできませんよ,といっただろう。 迷惑及ぼしそうだったんだよ。 とにかく明日きてオーディション一度だけ見ろと言って結局その翌日行って頭に銃ねらう場面を演技したんだろう。 何入ることがなくてクシ持って。 ところで翌日私にキム・ヨンホをしろと連絡がきたよ。 オーディション映像を見たイ・チャンドン監督奥様が過ぎ去ってぷつんと投げた一言“あの子がキム・ヨンホだね”して熱いと。 鳥肌が立ったよ。 そして美術監督がシナリオ見て描いたモンタージュがぴったり私だったそうだで。 そのような話を聞いてもある10日とても恐ろしくてOKをできなかった。 それもそうすることが<緑色の魚>で映画版によく無事に到着したイ・チャンドン監督も,(名)ケナムがヒョンド豊かに映画会社しているのではないが私が痛めつければみな痛めつけそうで恐ろしかったよ。 ところで結局そのまますると決心した。 私がいつから霊化した奴だと滅びれば映画もっとしないことで何. 演劇の時帰ろう。 これが終わりだ,終わり! して。

100:アそれがすでに10年前ですね。

ソル・キョング:
この前ある記者が今帰るならばどの地点に帰りたいかと尋ねて<ペパーミントキャンデー>封切りする日,だと答えた。 私は今その時その時期が切実で。 その時の人々でもその時期の気勢らが。 今日もインタビューしに出てきてかなり正月・なんだよ その時<シネ21>とインタビューして泣いたことそんなことがとても懐かしいのよ。 2000年1月1日0時ピカデリー劇場広場の前でにせ物目ばら撒いてうれしがったその日にまた帰りたい心がとても切実で。 もうこの世の中にないイ・ウンジュがママと遊びにきてはい葉クローバープレゼントしてくれて行ったことも思い出して。 <容赦はない>封切りがぴったり1月7日なのにとにかく1月第一週だから。 10年になったよ。 ぴったり10年. その時は映画作る人も俳優も記者らもみな同僚同じだったがなんだがね,同じ仕事をする人のような連帯意識. 今はそうしていなくて。 10年が短いと考えたが長かったよ。 本当に多くのことがあったよ。

100:そうするうちに2002年頃なのか。 <オアシス> <公共の敵> <光復節特使>にぞろぞろ出演するソル・キョングを見てこれ真の研究対象だね,しました。 いやどのようにイチャンドンと仕事をした俳優がカン・ウソクに続きキム・サンジン監督とあのようにおかゆを合わせて,それもよく合わせて仕事をすることができると思う疑問. もちろん俳優が監督の好みと指向を問い詰めるということも滑稽だが,この監督らの間の間隙はとても大きいという考えだったんですよ。 それで私自らの家庭は1.ソル・キョングは意外に計算して社会生活が上手だよ2.ソル・キョングはひょっとして何の好みもない無鉄砲じゃないの? のせました。 当時には電子にさらに疑惑を置いていたが振り返ってみると結論は後者,この人本当に無鉄砲だね熱いよ。 (笑い)

ソル・キョング:
私? 無鉄砲よ。 ささればそのまま行くことが前後計算なくて。 もちろんある(どんな)人に対する私なりの先入観はあるが他の人々がそのように考えるから私もそのように考えるそうしたのはなくて。 カン・ウソク監督に対する世間の評価は別に神経を使わなかったし,そのまま<公共の敵>シナリオを見たがおもしろいと,本当にゴール殴るようにとんでもなくて。 それでそのまましようといったところで何. むしろ<力道山>終わって考えが多くなってそれが問題だった。 その時は撮影している中にわざわざ次の作品をあらかじめ決定をしてしまった。 シナリオ受けるのがとても負担になって断るのがあまり荷が重かったから。 それと共に強弱を調節するとこういう映画次にはこういう映画,という式の頭を使ったようで。 それがどれくらいまぬけなことこれであったかを今に分かるだろう。 私のような奴は頭を使ってはいけないということだよで。 (笑い) <容赦はない>道(ド)そのまま計算の中と決定したよ。 シナリオを読むのにエンディング30分がとても痛かったんだよ。 絡まって絡まった人生を解こうとするのにそれが緩まない時の広くて果てしない。 もちろんキム・ウヒョン撮影監督があるからしよう,する計算程度はしたところで(笑い).

100:撮影監督との共闘は確かに俳優には監督以上で重要なようです。

ソル・キョング:
ふぅ,とても重要だろう。 結局演技を表わす最後の人は撮影監督であるから。 <そいつ声>とってキム・ウヒョン撮影監督と互いに本当に好んで信じた。 <容赦はない>道(ド)キム・ウヒョンを捉えようと私がどれくらい努力したが。 (笑い)キム・ウヒョンと同じようにラーメンいつでもまた作品としたくて。 やめることはできないからそうであってどれくらい可愛いんだけど。 文字メッセージも可愛く送って。 (笑い)

100:一時チェ・ミンシク,ソン・ガンホ,ソル・キョングが韓国映画界をみな導いていくと話した時期に比較すれば現在の男俳優の解説広くなったようです。 もちろんその時は互いに比較されるという負担はあったがそれでも互いにたくさん話もして取りまとめて行ったこと同じだが,今はちょっと孤独に行っているという考えは聞かないですか?

ソル・キョング:
エイ,そうではなくて。 いつかは孤独でなかったか? 俳優は結局一人で行くの。 トッコダイ. それで皆精神病も少しあって。 その上に<海雲台(ヘウンデ)>俳優らとはちょっと違った感じだ。 何か理由を上げても度々見てしばしば会って。 そのチームは本当に妙で。 地方に閉じ込められて撮影をするからなのか,映画がうまくいくからなのか。 誕生日パーティーもして誰撮影会場遊びに行くやそれでみな来て。 度々集まることになったよ。

“日閉じ込めなければどんな監督でもみな合わせることができて”

100:事実<海雲台(ヘウンデ)>はソル・キョングという俳優のフィルモグラフィー中でおかしな座標にある映画です。 いつもチームトップに近い映画を選択したことに比べて<海雲台(ヘウンデ)>は事実必ずソル・キョングではなくても関係ないそのような映画だったんですよ。 その上ソル・キョングとは違いユン・ジェギュンという(のは)監督は徹底して商業的な監督という認識があるのに,こういう出会いがどのように成り立ったのか気になりましたよ。

ソル・キョング:
どんな監督と一番よく合いますか? という質問があったが私はそうだった. 皆知った合うと。 全部合わせていくことと。 <海雲台(ヘウンデ)>は何か事故を起こしそうな映画だった。 事故を起こせばチェ・テロとしてでなければまともに乞食(埋まる)けりそうな感じる。 事実ユン・ジェギュンという(のは)監督がただ見れば賢くて賢い人なのに,私の目には純粋だったよ。 汚れていて見せなかった。 私はそして監督に本当によく合わせて。 <容赦はない>とって(リュ)スンボムが驚いたよ。 警句兄はみな合わせようとすると。 私が監督ではないがどうするのだ。 俳優が合わせなくちゃ。 もちろん私の行動を不便(不快)にすれば苛立つだろう。 アングルの中に俳優を閉じ込めようとして身動きが出来なくという場合にはちょっと大変で。 ひとまず日閉じ込めておかなければ,私はみな合わせて行くことができて。

100:<そいつ声>時インタビューを見れば唯一その時苦しがっているんだな,寂しがっているんだな,するのを感じました。

ソル・キョング:
個人的に大変だっただろう。 <熱血男児>続いて<戦い>時は最悪だったよ。 その時一緒に通ったマネジャーに申し訳ないほど。 個人史が仕事に影響を上げない人ではないから。 カメラの前で感情状態をダイコン切るように皆切って入れないようで。 表情を隠せないで,みな出てきて。 ソン・ヘソン監督がそうしたよ。 この子はNG出れば顔でみならしくなると。 ハン・ジスン監督でも(海苔)テヒに本当に申し訳ないだろう。 <戦い>時が頂点! その時に私がたびたびした言葉が‘底までみな打ってみた’のせたよ。 本当にそうしたところで何. ところでそのように底を打ってから楽になって。 この頃はたびたびする言葉が‘水が流れるように行こう’だ。 もしかしたら以前よりさらに無鉄砲になったのはかもしれないだろう。 (笑い)

100:もう今年で四十三で,頭よりは体で直感で演技するタイプなのにエネルギーが付くという考えは入りませんか?

ソル・キョング:
体質が健康体質なのか,よく痛くなくてまだ生き生きしていて。 <容赦はない>解剖検査場面を朝始めて夜をぐっと漏れてとった。 ところで私はずっととったら良かったよ。 ダーク サークルさっとくぼめて目解けて味がなくなっている私の顔が二シーンにとてもよく合って良かったよ。 それで今日終わらせよう,何市になっても! ラでしただろう。 ところで朝7時頃なるから私だけ生き生きしていてみなゆがんで寝ているの。 その上に当ててどのように撮影しようといってそのままたたんだだろう。 私は眠れなくて現場仮面. 絶対眠れなくて。 精神力が睡眠に勝って。

100:ともかくその手はいつ見ても本当に大きくて分厚いです。 <ペパーミントキャンデー>で私の手本当に優しいです,したその手.

ソル・キョング:
この手のために<公共の敵>時インサートとろうと撮影ないのに坡州(パジュ)まで行ったじゃないの。 突然手が必要だが代役を探せなかったよ。 このようそうな手がなくて。 (笑い)<公共の敵2>時(本当に)俊豪とプールで戦うシーンとって私の手を見るのにこの大きい損失がぶよぶよ吹くことさえして必ず血陥った豚足のようだったよ。

100:手もそのようにできて鋼鉄中同じキャラクターのためなのか‘ソル・キョング=経た男性’というイメージが強いでしょう。

ソル・キョング:
よく分からない人は日本当に経た人だと考えをたくさんしたよ。 暴力的で。 ところで会っては意外な姿といったよ。 何が意外がこれが出るだろう? 恥ずかしいのが多くのそのままそのような人は

100:この頃若い男俳優らはメロー映画をすれば何か俳優として一段階低くなることと認識するようだったんですよ。 それでさらに強くて,さらに荒くてさらに男性的な役割を追っているようで。 だがソル・キョング氏は<ペパーミントキャンデー>時から自身のすべての映画がメローと主張しておられたが(笑い)相変らず正しくなされたメロー映画に対する期待があるのですか?

ソル・キョング:
そうだなメローは…いつがよいかは分からないだろうが年齢40を越えてこそ正しくなされた愛物語が出てこないだろうか??イベントの話,恋愛の話のほか。 本当に愛の津液のようなこと。

100:相変らずよく泣きますか? <力道山>時シナリオ読んで旅館の部屋で一人でわあわあ泣いたという話は昨日聞いたように生々しいですね。

ソル・キョング:
もちろん個人史にも変化が多くて周辺もたくさん変わったが,私は私が星に変わったようでなくて。 相変らず涙が多くてまだかっとかっとする時多くて。 もちろん最近では涙が上がってきてもこらえようとするほうだろう。 むしろこの頃はじっとしていて目がしとしとと濡れる時があって。 うつ病ではなくて(笑い)

100:とにかくそのように20109年がきましたね。

ソル・キョング:
そうなの,また他の10が開始されるはずなのに…残った10年がかなりおもしろいと思い。 10年という(のは)時間が君-無ギルダーと。 もちろん以前に死ぬかも知れないが(笑い)なので私たちのいつまでもしょっちゅう見ようと。

PEOPLE >インタビュー100 2010.01.07
by kazem2 | 2010-01-07 19:01 | Comments(0)