ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カン・ドンウォンのキャロルが評判!

☆10.asiae.co.kr
☆クリスマスソングを歌うカン・ドンウォン



カン・ドンウォンのキャロル歌う料亭は“コピーコピールームルーム”注文を覚える砂料亭だけだと思った。 しかし映画<戦友分(チョン・ウチ)>の試写会場ではマグロの料亭が歌を歌う。 大邱(テグ)試写会でユ・ヘジンの突発先行で‘ジングルベル’をうっかりして呼ぶことになったカン・ドンウォンは以後“私たちにもキャロルを!”としながら観客平等を叫ぶ少女たちのためにたびたび映画上映の式典行事でキャロルソングを呼んでくれている。 本人は“憂鬱な声”と謙そんを働かせるが,超低音の“白い雪サイで- (歌詞を忘れて)ウンウン音”というキャロルを聞いていますとママ微笑を浮かべなければならない。 その上‘静かな夜偉大な夜’,‘カササギ正月’など替え歌レパートリーが多様化するという噂を聞けば舞台挨拶だけ有料で進行してもみに行く用意ができる。 考えてみれば<オオカミの誘惑>,<彼女を信じないで下さい>でもカン・ドンウォンは歌を歌う場面を演技したことがある。 どうしてもDVDが発売されれば“ア-これが監督様の特別ソプルモントゥ‘マグロ キャロル母音集’のためある種の作戦だったのね”しそうな予感がする。(記事抜粋)
2009.12.28
by kazem2 | 2009-12-28 14:28 | Movie | Comments(0)