ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

監督作り。。。いい加減頭越し監督になること[2]

ポン・ジュノ監督

ロールモデルはパク・チャヌク監督で,使って見ると<オールドボーイ>なの? それでも障害. いくら粗雑なことでもシナリオで完結したということは本当にすごいことだ。 もう監督の道に入り込むための色々な段階らの中で何が最も君とよく合うのか悩まなければならない時がきたんだろう。 毎時間映画を考える地獄に入ってきたことをおめでとう。



映画撮影して監督らが睡眠剤食べて,映画滅びれば髪の毛むしりとるのは考えもできなくなってみただろう? <オオカミと踊りを>作家が40才が越えてこそ初めてのシナリオを世の中に出したか,<セブン>の作家が昼間にはタワーレコードで仕事をして夜には夜中シナリオを使ったということは別に知りたくないだろう? ハリウッドでは普通15回目シナリオが口封爵になるという話はどう?

監督作り3学期-漬かった作り

1.シナリオ公募前当選演出力は当代最高だがシナリオがハズレでて? どんな製作者が君の演出力を調べてみてお前を使うの。 キム・ギドク,キム・ジウン,キム・テウ,キム・ヒョンソク,ユン・ジェギュン監督ような人らがシナリオで始めた先輩らであって。 製作者らの目を引くシナリオを使うのはいつも重要なことだ。

2.短編出品君の想像力を覗いて見ればとても眩くて目が見えなくなることと? そうだ良くて。 3分でも良いから君の頭の中をちょっと見ようといって。 チョン・ジュナン,ポン・ジュノ,ソン・イルゴン,ノ・ドンソク監督気が気でない方から始めて映画界に自身の名前を知らせただろう。 シナリオだけ勢いよく売らずに不十分でも短編映画を一度作ってみて。 どんな場面がとることができないのか,何が良い連結なのか現場で直接体験して文を書くこともより良くなるのだ。

3.チェ酌婦短編映画を作ってみたと,シナリオちょっと使ってみたとできるのではないと。 パク・チャヌク,イム・サンス,ポン・ジュノなどすべての監督らが先輩監督らの下で授業を積んだだろう。 この頃はこういう段階を経なくて口をつぐむ人がいるが大博打で遊んでみなければならない必要があって。 なぜならなんだがね,長編を作ろうとするならその多くのスタッフらの心を動かすことができなければならないから。 人間性に対する洞察と政治力と判断力があまねく要求されるということだね。

4.その他ところで映画監督になるところは程度がないって。 イ・ジュンイク監督のように劇場宣伝部から始めて外貨収入などあらゆる映画関連の仕事を種々にして一歩遅れて花を咲かせた人もいて,監獄生活をして40才が越えてこそ映画学校を終えて50代半ばに初めての映画を作ったカネプスキ同じ人もいるだろう。 途方もない経験でも,無茶苦茶なお金でも,短編映画とシナリオのポートフォリオでもそのような物的・心理的土台を強硬に固めてこそ映画が出てくるというのは事実だ。 そのすべての土台と条件を‘漬かった’と呼べばどうだろうか。 結局映画は‘お金’が話す芸術であるから。 いや芸術家戚下は‘投機’なのかも分からないだろう。 とにかく‘君の夢が可能になり得るようにお金を用意しなさい’.(リドレー,スコット)

多くの支援制度を積極的に活用して,多くの映画祭に出品してみて,お金多くて(または金持ちのこれを知って)賢い投資家らに君の映画をよく説明してこそ(これをピッチングというのだ。 文章で心を釣れなければ話でも心を釣らなければならないのだ)という乞食. それもならないならばそのまま悪条件でずっと作らなければならなくて。 低予算の想像力ということがまたあるじゃないの。 照明がなければ自動車ヘッドライトでも使って,カメラ肉金がなければ借りて,照明器借りるお金もなければミディアクトのようなところに会員で登録して低価格に貸与して,良い俳優を交渉できなければ路上キャスティングでもして,そのようなアイディアさえもないならばロバート・ロドリゲス監督が<エル マリアッチ> DVD付録で聞かせた‘10分映画学校’のような講義でもメモして実戦に使いなさいね。

監督作り4学期-映画という友情の学校

リュ・スンワン監督

ひょっとしてなぜ映画版にそのようにヒョンジェ監督らが多いのか知っている人? 他飛鴉とか,公園,ウォショスキ…. このように多くの兄弟が共同作業をする場合は他の芸術ジャンルで探すことはできないだろう。 映画と似ているように見える演劇,TVドラマでもこういう場合は珍しいだろう。 たとえ兄弟ではないが監督-撮影監督,でなければ監督-作家があたかも夫婦のように毎度のような作品で仕事をする場合も同じことだ。 スピルバーグすればカーマインスキー,ウディ・アレンすればゴードン,ウィリス,イム・サンスすればキム・ウヒョンのように監督と撮影監督はシャム双生児のように共に通うじゃない。 目をもう少し聞いてみれば友人らどうし作ったスウェーデンの映像集団‘トラクター’,ビデオ貸与店店員同僚らと共にこづかいをはたいて映画を習ったタランティーノ,町内と学校の友人らで配役を全部構成して映画を作ることを習ったロバート・ロドリゲス,8才の時ご両親の友人が買ったカメラで町内子供らと映画を作ることから習ったピーター・ジャクソン,俳優の弟(妹)を起用してデビュー作を作ったリュ・スンワン監督などが映画は友情の学校という点をよく見せる事例らであって。

映画は一人でするのではない。 監督になろうとする理由がスターになりたかったり権力を振り回したかったり絶対指輪をはめた帝王の席に上がりたくて違うの? そのような監督らがないことではないがそれは監督の属性というよりは極めて一部監督の成功結果であるだけだ。

映画が違う芸術と唯一違う点はいつも友人らと共に共同作業をしなければならないということだね。 積もった雪を片づけていて止めてスタッフが逃げてしまったり,執拗な監督がとても嫌いで助監督が逃げてしまったりすれば全く無駄なことであって。 もし友人らをかき集めて映画をすると打って。 装備はどこで誰が借りることであり,製作費はどのように調達することであり,車を運転できる人と車はどこで手に入るんだろう? それをみなお金で解決しようとするならご両親お買いになる家をこっそりと売らなければならないかもしれなくて。 それなら直ちに友人らからよくつきあわなければならないだろう? もし普段性格が汚かったとすればこの機会に人格も修養して人を配慮する方法も習えと。 自分だけ演出するつもりでなく友人らにも演出する機会を与えて照明,撮影,サウンド,編集など映画各部門のスタッフ仕事をするのも必ず必要で。 ピーター・ジャクソンとクエンティン タランティーノが享受する名声だけ羨むのではなく彼らがとても幼い時から友人らと映画で対話して共に作ったという点を注目しなければならないってことだね。 少数だけ入学が許されるエリート コースに入ることができなかったといって苦しまなくてて。 死ぬ時まで友人らと一緒にしなければならないことならばそのコースの期間は本当にとても小さい部分かも分からない。

1.映画に投資できる自分だけの基金をマリョナギアムゴッもないことから始まるよりはアルバイトで映画にだけ使える自分だけの金庫を作れば良いだろう。

2.いくらみずぼらしくても自分だけのシナリオを蓄積下記の友人はいるのにシナリオがないならばハズレだろう? 自分の話らを機会がある時ごとに人々に聞かせて。 もちろんその話で友人らを集められるとより良いだろう。

3.各種短期映画学校に登録下記好みと熱意が似たしかし普段会うことは難しかった多様な年齢帯の映画の友人らに会う機会だ。 しかし無条件友人らに会うよりは‘漬かった’とシナリオを準備して出て行ってこそより良いだろう。 皆自分の映画を作りたくて,時間とお金と装備は限定されているから。

4.説得することと助けること映画学校に行って皆自分の映画を作ることができるのは違う。 自分の映画を作ることができなくてスタッフに入ってもよくやり遂げなければならなくて。 君がどれくらい立派で素敵な人なのか見せるのも重要なことで,君のアイディアと情熱が友人の映画をさらに光るようにするのもすばらしいことであるから。 カット!

文:異種も| 2006.02.07
by kazem2 | 2009-12-27 22:03