ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

冬至きて

「蜘蛛の巣も いつしか消えて 冬籠り」

「柿の実の 甘さを知るや つがい鳥」

「冬至きて ゆずの香りに 温もりて」

今日はとても穏やかに晴れ渡り 気持ちの良い朝でした
自然になっている山の柿の木に鳥たちがきて 柿をつついていました
たくさんなっているのに 鳥たちがつつくのは決まっていました
鳥たちには甘い柿と渋い柿の見分けができるのですね
家に帰るとイ・ミンギssiよりクリスマスカードが届いていました
まっ赤な封筒です
雨に濡れないようにビニール製の袋に入っていました
ミンギの若い字に思わずニンマリ^^
日本語の訳も付いていますので 書いてあることはわかります
しかし ミンギのサインはいつ見ても読めません
私もミンギにクリスマスカードを送りましたが
メリークリスマスと書いたかしらと今気になりました
もし書いていなかったら ミヤネョ~ミンギ~❤
by kazem2 | 2009-12-23 20:00 | 俳句 | Comments(0)