ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

[無比&アート] 2009映画界,超豪華キャスティングの憂鬱

☆news.sbs.co.kr動画付
久しぶりに映画「10億」をみました
DVDは発売になっていますが 日本での公開はないのでしょうか
来年の韓流シネマフェスタで会えたらいいですね




映画'海雲台(ヘウンデ)'は忠武路(チュンムロ)最高の主演級俳優らが集まったことだけでも話題になった作品です。

期待感が高いだけ興行結果に関心が傾かなければならないんですが。

実感できるメガ津波と笑い!

そこに感動的な話までより増して千万観客を動員しました。

このように今年映画界にはおよそ二人の俳優が主役を演じるのではなくトップスターが一度に出演する超豪華キャスティングが目立ちました。

最高級俳優らの大挙出演は映画に対する期待感を高めるので(に)充分なのですが。

こういう雰囲気が醸成されたところには色々な要因があります。

最初には景気不況余波のためですが。

忠武路(チュンムロ)が経済不況の直撃弾を受けて製作編修(便数)が大きく減るや主演級俳優らの競争が激しくなるのです。

そうしたら完成度ある作品に俳優らが集まらなければならなくて俳優らの間では身代金を低くしても映画に出演しようとする雰囲気が醸成されました。

映画界を生かすために意気投合する俳優らが増加しているのも超豪華キャスティングの理由ですが。

だが噂になった祭りに食べる必要がないという言葉がぴったり合ったのでしょうか?

すべての作品らが興行に成功したことではないです。

パク・ヘイル,シン・ミナ,パク・ヒスン氏などなど忠武路(チュンムロ)代表ケソンパ俳優らが大挙出演した映画'10億'は静かに幕を下ろしたしオム・ジョンファ,チャン・ヒョクなど眼に触れる主演級俳優が十三人も出演した映画'五感も'また観客らから敬遠されました。

トップスターらが名前の値段をできなくて興行で苦味を見た理由は何でしょうか?

数人が同時に出演して見たら週,助演の区別がないばかりか話が散漫になって観客らの期待を充足させられなかったという分析です。

こういう指摘にもかかわらず超豪華キャスティング映画はずっと製作されているんですが。

国内最高の女優六人が一つになった映画'女優ら'!

そしてカン・ドンウォン,イム・スジョン,キム・ユンソクなどをキャスティングして下半期最大期待作と指折り数えられる映画'戦友分(チョン・ウチ)'が観客らを待っているんですが。

超豪華キャスティングの短所らを克服して観客らに共感を得られるか期待が集められています。

最終編集:2009-12-21 12:05
by kazem2 | 2009-12-22 23:11 | Movie