ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[PEOPLE] 10 LINE イ・ビョンホンの作られ方

☆10.asiae>co.kr



登場するやいなや視線を引き付けた。 途方もない活躍をした。 だが突然危機に陥った。 その時ごとにきわどく危機を突破した。 そしてまた新しいことを探して世界を歩き回る。 人生がドラマのようなのか,ドラマが人生のようかわからないあるトップスターの人生. そして彼がもう一度人生の岐路に立った。

イム・チャンジョン:
イ・ビョンホンの初めての主演作KBS <日が昇る日>に共に出演した芸能人. イ・ビョンホンはソウルに今しがた上京したイム・チャンジョンを家に連れてきて宿泊を提供して親しくなった。 1991年 KBS公開採用でデビューしたイ・ビョンホンは<日が昇る日>を始め<明日は愛>,<ポリス>等をひきつづき引き受けて早くスターダムに上がった。 だがイ・ビョンホンはタレント研修当時セリフを国語の本読むようにして“一番最初に切られる奴”という話を聞いたし,発音も良くないという話を聞いた。 だがイ・ビョンホンはいくら行かなくて人々に“発音が良い”という話を聞く程早く発展したし,ずっと主演級俳優に残ることができた。

故チェ・ジンシル:
イ・ビョンホンと共にKBS <アスファルト男>,映画<誰が私を及ぼすのか>等に共に出演した俳優. イ・ビョンホンは分量の大部分をヘウェロケで撮影した<アスファルト男>の大きいスケールの中でもメローの雰囲気を維持して強い吸入力を発揮した。 大作ドラマで全体的なストーリーを引っ張っていきながらも相手女優とのメローを訴えの効果があるように解いていくのは以後<オールイン>,<アイリス>等で続くイ・ビョンホンの特徴. イ・ビョンホンは“私もそれなりのキャラクターがあって,それは愛の痛みを分かるとても繊細なキャラクター”と話すこともした。

キム・ジョンハク:
イ・ビョンホンが出演したSBS <白夜3.98>の監督. キム・ジョンハク監督はSBS <砂時計>でカン・ウソク検事役をイ・ビョンホンに任せたかったが,イ・ビョンホンは“とても幼くて作品を見る見識が不足して”非常に薄く作った陶磁器の胴体数をすると固執して出演が失敗に終わった。 以後イ・ビョンホンは何便の作品で失敗してスランプに苦しめられたし,“演技者としてのアイデンティティまで揺さぶる”リョッタ. その時イ・ビョンホンはキム・ジョンハク監督に激励の電話を受けたし,“話す言葉できない話”皆聞いてあげて自分の演技を正確に指摘するキム・ジョンハク監督に感動して,彼に演技に関する助言を聞いた。

ソン・スンホン:
SBS <ハッピーツギャザー>に共に出演した俳優. イ・ビョンホンがボクサーで出演したSBS <美しい彼女>にスパーリングパートナーの役割で出演したことを契機にイ・ビョンホンと親しくなって<ハッピーツギャザー>に共に出演した。 <ハッピーツギャザー>でイ・ビョンホンは以前のよくできて模範的なタフガイと違う姿を演技した。 当時“今見ると私がハンサムな煮込んで行ってなくやぼったくて淡泊なのがよく受け入れられる煮込んで”ということを分かったという彼は<ハッピーツギャザー>で能力もなくて未来もない野球選手ソテプンを演技したし,ドラマで男主人公がこういう無気力な姿を見せたことは昔も今もめったに見ないことだった。 また彼は映画<私の心のオルガン>でもどもりがちな語り口の教師を,SBSオムニバス ドラマ<ラブストーリー>の最初のエピソードで自我分裂症状を持った料理人を演技して自身の他の顔を見せ始めた。

イ・ウンヒ:
イ・ビョンホンの妹. ミスコリア出身でもある。 イ・ビョンホンの演技にあって家族は相当な影響を及ぼした。 庭のついた家で生きる程家経済事情が大丈夫だった彼はデビュー草創期には監督らに“裕福な成長過程が俳優としての短所”という話を聞いた。 反面彼はトップスターになった後お父さんが事業失敗で巨額の借金を残しておいて亡くなってその借金を返すために休む隙間なしで活動をすることもした。 このために彼は“ CFを喧嘩してことを止めるのか”という話まで聞いたし,“心に負担があるとのことを憂いの表情の中と過ごしてドラマを撮る当時に緊張が解けて精神的に不安”したと。 また彼はデビュー直後トップスターになって以後他の人の視線が気になって公衆トイレさえまともに利用できない人生を生きている。 完ぺきなトップスターだがかなりストレスも多くの人生. イ・ビョンホンは“この仕事をして多くの痛みもあったし,以前に体験できなかった新しい感情も経験した。 それで私に対する行き過ぎた信頼はたくさんなくなった”と話したことがある。

パク・チャヌク:
イ・ビョンホンが出演した映画<共同警備区域JSA>,オムニバス映画<スリー,モンスター>の‘カット’を演出した監督. イ・ビョンホンは<共同警備区域JSA>の成功で“正しくなされたシナリオ”を受け始めたし,映画での長い間の失敗終わりに成功したためなのか“興行俳優イ・ビョンホン”という冗談を言うこともした。 だが演技にあってイ・ビョンホンに重要な作品は<スリー,モンスター>でもある。 彼はこの作品であまりにも模範的だが内面にはサイコ的な姿がある映画監督を演技した。 こういうキャラクターは<ラブストーリー>でも見せたことだったが,<スリー,モンスター>の演技はそれ(彼)よりはるかに極端であったし,彼は典型的なドラマ主人公だけ引き受けた俳優で完全に抜け出し始めた。

チェ・ジウ:
SBS <美しい日々>と映画<誰でも秘密はイッタ>に共に出演した俳優. イ・ビョンホンは<美しい日々>で<ハッピーツギャザー>以後見せた演技変身を典型的なメロドラマに溶かして出した。 彼はこの作品で素敵な‘室長’でもあるが時には悪役と見える程野心にぎっしり埋まって,自身の家族史のために内面に不安だということを大事に保管した人物でもあった。 メロドラマでこういう多様な内面を持ったキャラクターは多くなかったし,イ・ビョンホンはもう一度自身の力量を認められた。 また<誰でも秘密はある>で三人の姉妹と同時につきあう男は<美しい日々>のようなドラマから出そうだった素敵な男主人公を自ら浮気者に変えてしまったキャラクターであった。 スターとしてイ・ビョンホンが持つ最も大きい長所がどんなジャンルの中でもメローが可能だという点ならば,俳優としてイ・ビョンホンはメロドラマの主人公ながらも人間の内面を表わすことができるという点だ。

ソン・ヘギョ:
<オールイン>に共に出演した俳優. <オールイン>は<アイリス>以前の大作ドラマでイ・ビョンホンの長所を見せた。 彼は<オールイン>の,キム・イナを複雑多端な個人史を持っていつも定着できなくて不安にあっちこっち放浪するようにするキャラクターで消化した。 “劇中人物がどのような変化を経験することに関心があるようだ”という自身の話を演技にそのまま実践したもよう。 それで彼は典型的なプロットの作品でも個人史や心理描写を目立つようにさせて,このために大衆性と演技力両側を持っていくことができる。 だが<オールイン>で話題になったことは彼の個人史であった。 イ・ビョンホンとソン・ヘギョの交際は大きい話題を集めたし,それだけ二人の決別はイ・ビョンホンに多様なデマが飛び交うように作った。 だがイ・ビョンホンは“愛をたくさんしたり,より大きい愛したり,狂った愛をしたり全部俳優には財産”としながら“スキャンダルが恐ろしくて,ファンたちが逃げるか恐ろしくて恋愛を恐れればそれはバカなこと”と話したことがある。

キム・ジウン:
イ・ビョンホンが出演した<甘い人生>,<良い奴,悪い奴,おかしな奴>を演出した監督. キム・ジウン監督はイ・ビョンホンに対して“途方もなく上手く演じて一日で壊れる人生を描くには最高の俳優”と話したことがある。 “演技をする時前,後の可能性を非常に問い詰めるスタイル”イン イ・ビョンホンは映画<中毒>でキャラクターを理解するために劇中キャラクターのようにカーレーサー資格証を取る程配役に深く没頭する。 それで彼はキャラクターの状況が変わる瞬間不安に揺れるキャラクターの感情を表現するのにたけていて,<甘い人生>はをイ・ビョンホンのキャラクターで具体化させた。 自身を裏切ったボスに復讐しながらも‘なぜ’という疑問を持って悩む彼は,熱いタフガイや冷静なキラーを演技しない。 代わりに彼はあらゆるきわどい状況の中でも自身のことを冷静に処理する男の予測不可能なきわどさを見せてくれる。 それで彼はトップスターになれば益々,どんなジャンルでも曖昧なキャラクターを演技するアイロニーを見せる。 ‘良い奴’はもちろん‘悪い奴’でも‘おかしな奴’,あるいは‘(狂う)及ぼした奴’もできるトップスターの誕生.

木村拓哉:
日本最高のトップスター. イ・ビョンホンと映画<ヒーロー>きて<私は雨が降って共に行く>エ出演した。 イ・ビョンホンは<ヒーロー>以後<私は雨が降って共に行く>,<g.i.joe:戦争の序幕>等に出演して本格的にハリウッド進出を試みる。 特に<g.i.joe:戦争の序幕>はボックスオフィス1位を占めるなど成功を収めたし,冷たくて陰鬱な声が入れられたイ・ビョンホンの英語演技は初めから発音問題は議論さえならない程立派だった。 イ・ビョンホンは<g.i.joe:戦争の序幕>続編出演が決定された状態. イ・ビョンホンはハリウッド進出に対して“ハリウッドで日本市場を念頭に置いた選択”繋いだと話したが,“私をさっと開けておきたかった”という彼の話のようにトップスターができるだけ自由になった彼の歩みのために可能だったことであろう。 彼は悪役を引き受けるのも,ハリウッド映画に出演して助演を演技するのも拒まなかった。 またイ・ビョンホンは典型的なブロックバスターであった<g.i.joe:戦争の序幕>でも自身の過去を回想して目つきだけで複雑な内面を表現する程自身の演技力をそのまま見せた。 イ・ビョンホンはそのように絶えず変化して,揺れて,また前に進む。

キム・テヒ:
KBS <アイリス>に共に出演した俳優. <アイリス>はイ・ビョンホンに<オールイン>を2倍ぐらい膨らませたような光栄を持ってきた。 <アイリス>のストーリーは多くの非難を受けたが劇中キム・テヒと再会する瞬間覆面で顔を隠したまま目つきだけで感情を表現するイ・ビョンホンの演技は感心の対象であったし,彼は200億ウォン台製作費の作品を担うことができる俳優と認められた。 彼は大作ドラマでもメロドラマでも,ハリウッド ブロックバスター悪役でもいつも期待値以上をしている。 しかし<オールイン>と違い彼は放映終了と共に良くないスキャンダルの主人公になった。 たとえ合意の下につきあったこととしても絶えず公開される二人の交際と離別の過程が彼に良い影響を与えないだろう。 大衆はこの事件を契機に彼のイメージを決めつけることもできる。 だが彼のスキャンダルぐらい明らかな事実. 彼はどんなことでもそれを自分の演技に反映したし,その演技でここまできた。 そして恐らく今回もそうするだろう。 彼はトップスターでもあるが,そのように演技することが人生だった人間であるから。

PEOPLE > 10 LINE 2009.12.21イ・ビョンホン
文.カン・ミョンソク編集.イ・ジヘ
by kazem2 | 2009-12-21 15:25 | kim jee woon