ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

[韓国映画10年総決算③] 2002年,韓国型ブロックバスターの可能性!

☆www.movieweek.co.kr




ワールドカップの開くが熱かった2002年,韓国映画は予想できない突風に会った。 年初63億ウォンという製作費が投入された<2009ロースト メモリズ>ガソウル観客86万人を動員した時だけでも韓国型ブロックバスターの可能性を占うことができた。 だが80億ウォンがかかった<イエスタディ>がソウル観客12万 5,000人を動員するのに終わって,80億ウォン以上を一度に注いだ<ア ユーレディー?>道(ド)存在感なしで消えた。

<マッチ売り少女の再臨>はそれこそ災難だった。 製作費が120億ウォンを越えるこの映画が全国劇場に呼んで集めた観客数はわずか14人. 劇場収益で製作費の5パーセントも取り出すことができない興行惨敗だったのだ。 大作映画の失敗は投資心理を停滞するようにした。 反面小さい映画らは予期できない興行を作った。

製作費7億ウォン台の<悪い男>は全国70万人,16億ウォンを入れた<家で…>は419万人,18億ウォンの<夢精期>は240万人,8億ウォンを投じた<聞くなファミリー>は全国50万観客を動員して克明な対応を成し遂げた アン・ビョンギ監督は二番目恐怖映画<フォン>で全国200万観客と会ったし,組織暴力映画熱風を続く<一族の光>やはり興行に成功した。
by kazem2 | 2009-12-16 20:01 | Movie