ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

演芸関係者選定ナムジャ(男)1位は。。。ミンギは?

☆osen.mt.co.kr



<OSEN=チョ・ギョンイ記者>
俳優イ・ビョンホンが演芸関係者たちが選定した今年の俳優1位に上がった。

2009年一年を輝かせた俳優らの中で最も影響力があった俳優には誰がいるだろうか。 毎年演芸関係者を対象にしたOSENアンケート調査でワールドスターイ・ビョンホンが男俳優1位を占めた。 アンケート調査は国内芸能界各分野の関係者30人対象に3人ずつ推薦を受けて,最多得票順序で順位を選定した。

イ・ビョンホンは90票中に17票を獲得して今年の俳優1位に上がった。 イ・ビョンホンは今年映画‘私は雨が降って共に行く’ ‘G.I.JOE-戦争の序幕’等でハリウッドに名前を知らせてアジアのスターを越えて世界的なスターに新たに出た。 また6年ぶりにカムバックしたドラマ‘アイリス’で強烈なアクション演技でカリスマを吹きだすだけでなくキム・テヒと切ないメロー演技をして女性視聴者はもちろん男性視聴者たちの愛も一身に受けている。 一方イ・ビョンホンが最近過去のガールフレンド クォン謀氏と訴訟にまきこまれて芸能界の非難にまきこまれているけれど今年の俳優1位に上がるのに大きい影響はなかった。

2位は俳優ハ・ジョンウであった(7票). ハ・ジョンウは昨年映画‘追撃者’でサイコパス役割を受け持って殺伐な演技内面空白を見せた。 今年は映画‘素敵な一日’ ‘ボート’等で多様なキャラクターをリリースしたし夏には映画‘国家代表’で国家代表スキージャンプ選手で出演して観客らの涙腺を刺激した。 この映画は850万観客を動員して興行にも成功した。 昨年に続き今年やはり下情友情演技力と観客動員力に異見がなかった。 現在の下情右はナ・ホンジン監督の新作‘黄海’の撮影に真っ最中だ。

3位は俳優キム・ナムギルとチャン・ドンゴンが共同に上がった(各々6票). キム・ナムギルは映画‘鋼鉄中:公共の敵1-1’ ‘モダンボーイ’ ‘美人図’等の作品でその間忠武路(チュンムロ)関係者たちの間でその演技力を認められた。 今年はドラマ‘善徳女王’で押す(コ・ヒョンジョンの方)の息子非塀で出演,序盤悪童のキャラクターで視聴者をひきつけた後劇の終盤の善徳女王とメローラインを構成して一方で政治的にはその誰も見下げることはできないカリスマを吹きだして人気追求に真っ最中だ。
e0109292_845344.jpg

チャン・ドンゴンはチャン・ジン監督の政治風刺コメディ‘グッドモーニング プレジデント’で国内復帰申告式を払った。 チャン・ドンゴンは劇中で政治的な信念は明確で曲げることがないが人間的には誰より暖かい内面を持っている若い大統領を演技した。 以前より肩に力を解いて余裕があってウィットある演技で観客らの心を動かした。 今年青龍映画賞主演男優賞候補に名前を上げたが受賞には失敗した。 最近では映画‘恋風恋歌’で呼吸を合わせた90年代人気スターコ・ソヨンと恋人関係であることを明らかにして世間を驚かせた。

ソル・キョング,キム・ミョンミン,イ・ミンホが共同で4位に上がった(各々5票). ソル・キョングは今年映画‘海雲台(ヘウンデ)’で1000万観客の祝砲を打ち上げた。 彼の演技力において忠武路(チュンムロ)関係者たちだけでなく観客らも信頼を送るだけでなく‘シルミド’以後二番目‘千万俳優’にのぼる気炎を吐いた。 キム・ミョンミンは今年‘私の愛内そばに’で殺伐な体重減量を敢行してルーゲリック病にかかった人物を演技して出した。 今年大鐘賞映画祭と青龍映画賞で主演男優賞をさらって2冠王に上がった。 イ・ミンホはドラマ‘花より男’で多くの人気を集めた。

5位はソン・ガンホ雨(ピ)が共同に上がった(3票). ソン・ガンホはパク・チャヌク監督の映画‘コウモリ’でヴァンパイアになった神父に変身して観客らに驚きを抱かれた。 以後カンヌに招請されて4番目の間のレッドカーペットを踏む主人公になった。 また雨は映画‘忍者アサシン’でハリウッド初めて主役を演じて全世界のスポットライトを受けた。

その他にペ・ヨンジュン(2票),キム・ユンソク(2票)をはじめとしてハン・ソッキュ,ウォンビン,キム・イングォン,イ・スンギ,ソン・ヒョンジュ,イ・ミンギ,パク・ヨンハ,カン・ジファン,ユン・サンヒョン,チャン・グンソク等もの名前を上げた。

質問に参加して下さった方々

カン・テギュ(大衆文化評論家),キム中(案)処を(礼堂エンターテイメント総括広報チーム長),キム・ジュファン(ショーボックス広報チーム),男僧用(SBS芸能CP),ノ・ユンエ(Y&S代表),パク・サンヒョク( SBS芸能PD),パク・シンウ(‘白夜行’監督),パク・ヒョンソク(‘三回り’ PD),新乗根(フィルムさらにデイズ代表),中(案)子米(オンメディア企画広報チーム次長),オ・ユンソン(CJ広報チーム),ユン孤雲(パン・エンターテインメント PD),ユン・ドンファン(チェムコルチョス),移動民(広告プロダクション617企画チーム長),イ・ミョンハン(KBS芸能PD),イ・ムヨン(‘お父さんとマリと私’監督),イ・ウジョン(KBS芸能作家),イ・イルファン(SBS広報チーム),移住だって室長(メントエントテインモントゥ広報室長),イ・ジンヨン(広報専門家),イ形勝(アイビーピクチャース代表),イ・ホジェ('作戦'監督),チャン・ヒョンソン(スター第二マネジメントチーム課長),チャンヒでは(MBC広報チーム),チョン・トクヒョン(大衆文化評論家),チョン・ウォンジョン(インウ企画チーム長),主筆号(ジュピターフィルム),チェ・ジンヒョン(オルストゥエントテインモントゥ室長),ある水旱(スタウスエントテインモントゥ理事),一支線(JKフィルム企画室長)

crystal@osen.co.kr  2009.12.16 07:35
by kazem2 | 2009-12-16 08:33