ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<静かな家族>くぼみ一つ堀るのに30分ならば充分で シネ21

映画週刊誌シナリオ公募前を通じて当選したキム・ジウン監督の出世作<静かな家族>はコミックと恐怖ジャンルを結合した素材の斬新だということに多くの注目をあびた作品. 映画には印象的な場面らが多いが観客の最も笑いを引き出したことは死体を引っ張って土に埋めてきて食卓で対話をする場面だ。 度重なる死体埋めるので(に)履歴が出たこれらは食卓に集まって土地を堀る選手になったら良いと言っている。

e0109292_20203872.jpg

☆cinemakorea.org映画「クワィエットファミリー(静かな家族)」



‘初めに一つ尋ねるのに五時間かかったではないか! もうある穴を掘るのに30分ならば足りる’というお父さんの話にずっと好んでオーバーなソン・ガンホの姿がコミカルだ。 彼は‘お父さんまたモ埋めることない!’という(のは)セリフを吐き出してキムチ甕の話を取り出したりする。 まったく死体をたった今埋めて家族皆が言うセリフとは信じられない。 アイロニーにもこの映画のコミカルなは全部死体になって埋めてする過程から出る。 その中最高の名場面はまさにこれだ!

文:キム・ジョンチョル(エクストリーム無比(http://extmovie.com)編集長)2005.03.24
by kazem2 | 2009-12-15 20:21