ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<甘い人生>,言論に初公開

<げんこつが泣く>とともに上半期最高期待作と指折り数えられるキム・ジウン監督の<甘い人生>が今日(3月21日)午後龍山(ヨンサン)のある劇場で言論に初めて公開された。 二ヶ館を戴冠しなければならないほど劇場には数多くの映画関係者たちでガヤガヤ騒いだしキム・ジウン監督,イ・ビョンホン,キム・ヨンチョル,シン・ミナ,キム・レハ,ファン・ジョンミンなど出演俳優らも全部参加して上映前舞台に上がった。





卑劣なバック翔破ボス白砂浜を演技したファン・ジョンミンは“このように立派な監督,俳優らと作業することができてうれしかった”と所感を明らかにしたしブラウン管でなじんだキム・ヨンチョルは“13年ぶりの映画出演だと新人俳優という姿勢で臨んだ”と久しぶりの映画外出に対する抱負を固めた。 主演俳優イ・ビョンホンは“毎度この位置に立つ時ごとにどんな評価が出てくるのか震えるのに映画の完成本を妻蔭補は今そのような負担がより大きい”としながら“ミュージックビデオは見たが本当によくできていました”という話で挨拶の言葉を終えた。 キム・ジウン監督は“愛にも色々な形態があるが血のにおい私は,ピガプチルをある愛物語を扱いたかった”という話で演出意図の代わりをしたし“どうであれ独島(ドクト)は私たちの土地”という最後のコメントで笑いをかもし出すこともした。

<甘い人生>はボス(キム・ヨンチョル)がおりた指示を彼の右腕のキム室長(イ・ビョンホン)がささいにオグンネミョンソ皆が耐えられるのが難しい破局に突き進むことになるという内容. “どのようにこの状況になったのかは分からないだろうが今になって元に戻すことはできない”というセリフのようにスクリーンの中人物らは因果関係を悩まないで目撃する現実だけ全身で向き合う。 嘱望されたボスの右腕で巨大な組織と単独で戦わなければならない境遇に転落したキム室長は“私になぜ?”と絶えず反問するが映画は決してターニングポイントを見せてくれない。 キム・ジウン監督はそのように予定された破局を,よそ見をしないで馬鹿力あるように展開させる。

血なまぐさいにおいがする男たちの世界を表現したビジュアルに対しては“洗練された”ということが衆評. 助演俳優たちの演技も選ぶ方だがイ・ビョンホンは今まで作品中で最も記憶に残るいくつかの場面らをプレゼントする。 ただしストーリーラインが過度に一面的で話のきめが多少やぼったいのが傷だ。

競争作<げんこつが泣く>のような日の4月1日に封切りする<甘い人生>は二編(便)全部スター監督と俳優らの作品という理由ですでに好事家らの雑音に上がっては下りる中. ショイストゥ(<げんこつが泣く>)とCJエンターテイメント(<甘い人生>)の配給競争も関心事だ。 320万ドルという高価に日本に販売された<甘い人生>は5月初め日本の黄金連休期に大々的に封切りするマンモス級マーケティング戦略を立てていたりもする。

文:コ・イルグォン 2005.03.22
by kazem2 | 2009-12-11 21:51