ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ソル・キョング,リュ・スンボム,ハン・ヘジンと共にした1年.

☆movie.naver.com
文=キム・ヒョンジュン監督
構成=ネイバー映画







封切りを控えている<容赦はない>行って世の中の外に出てくるまでは忍苦の苦痛があったようです。 映画市場がこちんこちん凍りついた時期に作品準備をしたので当然の忍苦の時間繋いだが,顧みればその時間は私に幸運の時間だったようです。 私に幸運は主演俳優との出会いと同時によどみなく近づきました。 それで私は封切りを控えて<容赦はない>行って世の中の外に出てこれるようにした幸運の出発点であり張本人のソル・キョング,リュ・スンボム,ハン・ヘジンと共にした1年を振り返ってみようかと思います。


シナリオを使って前が見えない時間を切り取っている時映画会社では"この程度シナリオを脚色すれば俳優らに本を回してもかまわないようだ。"として私にどんな主演俳優を望むのかと尋ねた。 その時私はあたかもその質問を待っていたというばかりに"ソル・キョング,リュ・スンボムです。"と話をした。 その時映画会社代表,プロデューサー,企画理事の表情は'ぴったり'こうした。 '彼らを望む映画会社が大韓民国に10個は充分になれば良かったのに…〓.〓'しかし'何こういう大俳優らにシナリオを与えて拒絶されれば心はあまり痛くないようだ'という心情で負担なしで(?)シナリオを2人の俳優に押した。 正確にその日幸運の序幕が開かれた。

2009年1月3日,夕方酒の席があって建大駅に向かって地下鉄にからだを任せた。 すしづめのような混雑することに全身をあっちこっち折っている時携帯電話ベルが鳴った。 関心がなく携帯電話を耳につけた。 リュ・スンボム マネジャーであった。 "監督様,スンボム氏が近いうちに監督様一度お目にかかりたくて増えますが。"その時私の回答はそのまま唾"ごくり"だった。 また再び心臓がどきどきし始めた。

私に幸運を持ってきた'気前が良い男'ソル・キョング,'鼻大きい男'リュ・スンボム

いよいよソル・キョングに会う日がきた。 2009年4月12日だった。
ソル・キョングは帽子を'ゆっくり'押して使ってきた。 帽子窓(ウィンドウ)陰のために目がよく見えることはないけれど暗い洞窟の中の虎目を発見したようにちらちらとレーザーの光線光を感知することができた。 握手を渡すソル・キョングの手を握った。

私は"シナリオどのように見ましたか?"という要式的な質問で話し始めた。 中では'シナリオ良くなかったらここまできたよ。 バカな質問'という(のは)考えたが話をねじる初めての質問としては大丈夫だと自らを慰めていた。 ソル・キョングは押して使った帽子が足手まといだったのか帽子を取って頭にぶらりぶらりかけておいた。 いよいよレーザー出てくる目を見る瞬間だった。 しかし'なんだ?!'目にレーザーはおろか人見知りが激しいような人々がたびたび表現するぎこちない目つきに瞬間瞬間微笑みを浮かんでいた。 ひとまずレーザーを撃たないと少しは安心だった。 ソル・キョングは"私はこのシナリオ読んで何度か泣きました。"といいながら釜蓋二つで涙を拭くふり(そぶり)をした。 その姿にカッと笑うところだった。 '釜蓋のような大きい損失でレーザー出てくる目を触る姿が...'子供のようで可愛く見えた。

ソル・キョングよりリュ・スンボムを3月はやく会った。 2009年1月22日とても寒い日静かな韓国料理店であった。 リュ・スンボムは私を見るやいなや久しぶりに会った友人のように多情多感に挨拶をした。 リュ・スンボム特有の微笑みに気分が良かった。 リュ・スンボムは万遍なく博学な知識を持っていたしシナリオ分析もかなりうまくいっていた。 追い出されるように食堂を出ながらも出てきてリュ・スンボムは作品の話を継続した。 私は内心私たちの作品にさらに深い印象を植え付けたかった。 別れる最後の要人で"そのまま私たちの作品しましょう。"と話したかったが偏狭な自尊心に"スンボム氏,顔に比べて鼻がだいぶ大きいですね。"というお話にならない別れることの挨拶をした。

後ほどリュ・スンボムがある話だ。 "監督様が最後挨拶をしてその明るい大きい目をパチパチするのに作品を断れば神様に罰を受けることのようで決めました。"大きい目で合図をされたご両親に感謝申し上げる瞬間だった。

サファリ猛獣が愛した女優ハン・ヘジン

ソル・キョング,リュ・スンボムがキャスティングされたといううわさが忠武路(チュンムロ)に広がって有名な女優らのラブコールがあちこちで聞こえてきた。 強い二人の男の対決構図の映画で話を導いていく役割が<容赦はない>の,ミン・ソヨンの役割だからだいぶ難解な演技をしなければならないキャラクターだ。 それで私はミン・ソヨンの役割キャスティングに慎重に慎重を期した。 しかし私は難しい決断を簡単におりた。 ハン・ヘジンをミーティングするやいなや...彼女は私が想像したシナリオの中のミン・ソヨンと似た。 トルマントルマンハン目つきと機転が利く話し方. そして愛嬌,人を配慮することができる性分が必ずミン・ソヨンの姿だった。

最後にハン・ヘジンが合流してリーディングができた。 私は多少心配をした。 作品に臨河面(イマミョン)猛獣になってしまう'ソル・キョング,リュ・スンボムという雄の臭い強い二人の男の中であの故人弱い友人が育てるよく展開するのか?'普通ブラウン管で飛んで長い演技者も映画に初めて臨河面(イマミョン)たくさん緊張して私の能力をまともに展開することができないのに気強いことで噂になっているソル・キョング,リュ・スンボムの前でハン・ヘジンが気を晴らせなければどのようにするかという心配のために初めてのリーディングは彼女をつくづくと観察して始まった。 ところで彼女は'愛されるために生まれた女優'であった。

最初に,彼女は努力する女優であった。 シナリオはすでにゴマ粒のような文字らで余白がなかった。 ハン・ヘジンは自身のキャラクター分析だけでなく相手方のキャラクター,そして本人のキャラクターとの関連関係まで熱心に分析した状態であった。 二番目,ハン・ヘジンは謙そんと配慮を分かる女であった。 リーディングをして討論をする終始人間的なハン・ヘジンの姿にソル・キョングとリュ・スンボムは徐々に微笑を浮かべ始めた。 三番目,ハン・ヘジンは積極的な女であった。 分からなかったり気になる点を恥ずかしがらないで"先輩,先輩."といいながらソル・キョングとリュ・スンボムの後をチョロチョロ追いかけて質問を繰り返した。 初めてのリーディングが終わって酒の席を持った。 ハン・ヘジンは酒をよくできないというのに先輩らが渡す小麦爆弾酒を一気に空けた。 サファリの二つの猛獣ソル・キョングとリュ・スンボムがハン・ヘジンの姿をほほえましく眺める瞬間だった。

一糸不乱だった3ヶ月間の撮影

撮影は一瀉千里に進行された。 普通新人監督らが計画した撮影回送をしばしば破るという憂慮感のために映画会社らはぴたっと緊張する。 さらには<容赦はない>は体当たりするシーンが多い映画なので映画会社は60回チャ・ジョンドに9月末になってこそ撮影が終わるだろうと考えながらも50回車に3ヶ月撮影という'希望'のような日程をたてた。 ところで映画撮影は必ず50回車に3ヶ月としてクランクアップをした。 梅雨期に撮影を始めたという悪条件の中で空も助けたが(非ために撮影が取り消しされたのがぴったり一日であったから)俳優らのあきれた演技ではなかったら不可能なことであった。 ソル・キョングは<海雲台(ヘウンデ)>広報日程で中間に撮影が中断されるのをいつも申し訳ないと思った。 彼はその申し訳ない思いを演技として立派に埋めてくれた。 撮影現場で出る二つのテークやあるテーク カット撮影でO.Kをおろす場合が多かった。 映画会社代表は"監督様,とてもはやくO.Kすること違いますよ?"としばしば話しかけた。 その時私は"どのようにします。 一度に気に入るように演技をするんですが。"監督として"コットゥ! ア... これではなくこのようにしなければならないですね!"とフォームちょっとつかみたかったがクランクアップの時までそのように格好つけることが一件もなかった。 〓.〓

戦慄を感じた最後の撮影3日

<容赦はない>は映画終盤部に二人の男の避けられない'運命の対決'が白眉でありこの映画のハイライトだ。 それだけ映画の終盤部は重要な場面らの連続だからこの部分撮影を一番最後につかんでおいて順にとることに俳優らと約束した状態であった。 私はこの場面に対する悩みのために何日夜をまんじりともしないでたてるようにしたしソル・キョングもまた何日夜を寝なかった状態であった。 それだけ負担感が大きい場面らの撮影だった。 終盤部撮影の初日出てきてスタッフらは明け方4時に気象(機上,起床,奇想)して5時に撮影準備をした。 6時に姿を照らしたソル・キョングの目は目が落ちくぼんで精気がなかった。 映画の中で娘を探すために3日夜を抱こうと飛び回ったカンミン好意の姿そのままであった。 スタッフらが近付くこと恐ろしいほど全身に育てる精一杯集めていた。 撮影入る前,出てきてソル・キョングは数種類短い会議をして撮影全(前)までは互いに目つき交換さえしなかった。

7時半初めてのテークを回した。 ソル・キョングが自らまたとろうといった。 二番目テーク. またNG行って出た。 三回目テーク. ソル・キョングは撮影をしていて止めて'どっかり'横になって寝た。 そうしては30分裂いてびくともしなくて空だけ見つめていた。 私は助監督に"そのまま置いておいてスタッフらをソル・キョング周囲から抜出すようにしなさい。"とした。 モニターと見えるソル・キョングの表情は深い苦悩に充ちていた。 一時間余りが過ぎたのだろうか... ソル・キョングが私に用心深くきて"監督様申し訳ありません。 午後に撮影してはいけないでしょうか?"私は笑って"明日撮影しても大丈夫です。"と答えた。 昨日お昼,夕方を飢えたというソル・キョングは今日お昼も食べない代わりに焼酎半ビンを飲んだ。 焼酎半瓶を水杯にいっぱい入れて口の中で打ち明けた彼は深い思索に浸ると私に静かに"一度行ってみます。"した。 私は明日撮影するべきだとの安らかな気持ちでカメラを回した。

ところで,ソル・キョングはあたかも神おりた巫女のように神懸かりの演技をし始めた。 すべてのスタッフらが戦慄に包まれた。 一日に正しくなされたワンカットでも得ようという小心な希望を望んだ私たちにソル・キョングは30カットを越える場面らをただ3時間ぶりにあまりにも完ぺきな演技で表現した。 数十作品をしたベテラン キム・ウヒョン撮影監督も撮影して初めて感じる戦慄だと話した。 撮影が終わってすべての気を吐き出したソル・キョングは気力尽きていた。 その姿がどれくらい美しかったのか(?) わっと抱いてあげたかった。

開始が良いから3日間の終盤部撮影は一瀉千里で成し遂げた。 二日目なる日リュ・スンボムとハン・ヘジンが合流したし彼らはあたかも永らくハプを塩辛いように表現一つ一つ,同船一つ一つを隙間ないハプで私にもう一つの幸運を抱かれてくれた。

クランクアップ... そして封切り

撮影が終わってすべての俳優らとステップらは1泊2日のMTで空しさをくれといった。 サッカーもして酒も飲んでゲームもして歌も歌って別れることの物足りなさをくれといった。 またまた会うことができようかと思うハン・ヘジンのコミックダンス(意外に... だいぶよく踊った)とお互いを抱き合ってとるティカジルロ朝日は浮かび上がって私たちはそのように別れた。

もう封切りを控えて私は私に幸運を抱かせたソル・キョング,リュ・スンボム,ハン・ヘジンと遭遇をしたしこの頃しばしば顔を見る。 もう封切りをすれば舞台要人など等で映画<容赦はない>のためのまた他の余情(旅行日程)をするだろう。 私たちは恐らく酒杯を傾けて走馬灯のように過ぎ去った撮影会場でのエピソードで騒々しいするだろう。 もう観客にwell madeスリラーをリリースすることができるという希望で2010年1月7日を待つ。 2009年を共にした私たちの俳優らと私たちのスタッフ,そして2010年を共にする多くの観客らに永遠に人を<容赦はない>行ってなることを祈ってみる。
by kazem2 | 2009-12-08 23:15