ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ソル・キョング  映画「容赦はない」公開を控えて

☆sports.chosun.com



 2000年1月1日0時. ソウル7ヶ館,全国17ヶ館で'ペパーミントキャンデー'が封切りした。 新しいミレニアムを開くその象徴的な瞬間,'ペパーミントキャンデー'の出発点はみすぼらしかった。 "ソル・キョング(41)とムン・ソリ誰が分かったか。 無名俳優であった。 今同じならば投資もならない映画だったが。" 10年間に無名俳優ソル・キョングは'シルミド'と'海雲台(ヘウンデ)'を通じて1000万映画を二回も作り出した韓国唯一の俳優になった。 果たして彼の席の代わりをすることができる俳優が大韓民国にあるだろうか。 40代演技派俳優らの顔がいくつかの浮び上がる。 キム・ユンソク,ソン・ガンホ,チョ・ジェヒョン,チェ・ミンシク等等. 優劣をつけるのが難しい演技の達人らだが,吹きだすエネルギーの種類はそれぞれ違う。 もしこれらの中誰かソル・キョングの位置に立ったとすればどうだったのだろうか。 'ペパーミントキャンデー'の名セリフ"やまた帰るよ"をキム・ユンソクが叫んだり'公共の敵'のバカ刑事鋼鉄中をチェ・ミンシクが演技することだ。 彼らだけの新しいキャラクターが創造されたことが自明だが,ソル・キョングだけの味を消して二つの映画を想像することは少し大変だ。 '海雲台(ヘウンデ)'で生涯2番目1000万観客をとったソル・キョングが'容赦はない'(来年1月7日封切り)に帰ってくる。 代替材が存在しない彼の演技は今回の映画をどのように表わしたのだろうか。

娘求める解剖検査の役割

精神的ストレスに苦労'ペパーミントキャンデー'最も余韻残って


◇ソル・キョングは去る2日開かれた青龍映画賞授賞式の後始末を専門担当した。 主演女優賞を受けたハ・ジウォンのためにゲストを呼び集めて祝いパーティーを準備した。 "翌日明け方六時まで酒を飲みました。 ふぅ大変で死ぬものと思いましたね。" <チョ・ビョングァン記者rainmaker@sportschosun.com>

 ▲ソル・キョング,リュ・スンボム,ハン・ヘジンのアンサンブル

 '容赦はない'という科学捜査隊最高解剖検査医家彼の娘を拉致した殺人魔(リュ・スンボム)と行う対決を描いたスリラー物だ。

 ソル・キョングは解剖検査のカン・ミンホ教授を,彼を助ける熱血女刑事ミン・ソヨン役はハン・ヘジンが引き受けた。

 "'海雲台(ヘウンデ)'をとる時は肉体的に大変でも周辺に先後輩演技者らが多くておもしろかった。 'シルミド'時は30人程度の俳優らがパンツだけ着て万年雪が覆われた山の頂上を跳ね上がったが肉がみな裂けた。 氷直前の雪であったからほとんどかみそりだった。 それでもへへおかげ通りとしながら本当におもしろくとった。 ところで'容赦はない'という肉体的なことより心理的に大変だった。 頼るところがなかった。 それでもスンボムを頼ることもできないから。 一緒に撮影ある日には約束したように互いに話もしなかった。"

 ▲花びらで容赦はなくてむくだろう

 ソル・キョングは1996年花びらでデビューした。 '容赦はない'まで総26編の映画に出演した。

 その中には声だけ出演した映画('英邁,産業資源と死んだ者の和解')もあって比重ない端役('ラブストーリー(1996)')や特別友情出演した映画(私の愛私の傍に(2009)')等が含まれている。

 ソル・キョングは今回の映画'容赦はない'を選択した理由に対して"シナリオを読んだが残像が長く残ったため"と話した。

 その数多くの出演作の中でソル・キョング自身に最も余韻がたくさん残った映画を尋ねた。

 ソル・キョングは躊躇なしに"ペパーミントキャンデー(2000)"と答えた。 "主人公ということ初めてしてみた映画だったが,とても数えた映画であった。 永らく主人公男(ヨンホ)の残像が残っていてインタビューをして泣いたことも何度もだ。 一度は記者の方が一緒に泣いてくれてインタビューしていて止めて一緒に酒を飲んだこともある。"

 ソル・キョングは2000年'ペパーミントキャンデー'で第21回青龍映画賞主演男優賞をはじめとして大鐘賞新人男優賞,韓国映画評論家協会新人男優賞などをさらった。

 ▲'千万'の光栄もう一度?

 "私がとったのではない。 1000万映画に参加できたとのことが光栄だけのことだ。"

 ソル・キョングは1000万観客話が出るや球を'シルミド'のカン・ウソク監督と'海雲台(ヘウンデ)'のユン・ジェギュン監督に回した。

 "'シルミド'は社会的な論議とイシューがあった。 映画ホームページは追慕波が立ったし,観客らに一種の借金意識ができたようだ。 (観客を集めるほどの)社会的雰囲気が形成されたのだ。 '海雲台(ヘウンデ)'は率直に予想できなかった。 ところでもう人口が与えるのにまた1000万映画ができるだろうか。"

 <クォン・ヨンハン記者champano@sportschosun.com> 2009-12-08 16:28
by kazem2 | 2009-12-08 18:22