ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

2009 韓国映画が産んだ3代'奇跡'

☆osen.mt.co.kr



<OSEN=チェ・ナヨン記者>
2009年は韓国映画がそのいつの時よりも高い占有率を記録してファインプレーした一年だ。 特に映画史に残るほどの驚くことらがいくつか繰り広げられた。 上-中-下半期で分けて'奇跡'と呼ばれた三つ事件を選んでみた。

○上半期:ウォナンソリ(牛の鈴音)-独立映画の奇跡

今年前半期'奇跡'で呼ばれたことは'ウォナンソリ'が持ってきた独立映画の奇跡だ。 イ・チュンニョル監督の映画'ウォナンソリ'は興行異変,症候群を越えて奇跡と呼ばれて上半期韓国映画興行を主導した。

劇場に足がまばらだった40~50代以上中壮年層が'ウォナンソリ'を見るために劇場を探して少しの間だけでも年初中壮年層新規観客の流入を期待させた。 '9時ニュース'にまで登場したので,これは独特の社会的現象まで広がった。

'独立映画界のシュリ'や違わない'ウォナンソリ'の商業的波及力は大きかった。 独立映画によそよそしかった言論らも熱い関心を持ち始めた。 続けてヤン・イクジュン監督の映画'便パリ'は海外映画祭で18個のトロフィーを一人占めして記録的な受賞行進を継続して独立映画熱風に燃料を入れて火をつけた。

映画界では確かに独立映画制作編集が多くなったし,あちこちでもう韓国映画の代案は'10億映画'という言葉が聞こえる。 さらに'ウォナンソリ'は韓国で唯一興行展望が暗いというドキュメンタリージャンルであった。 奇跡だ。

○中盤期:海雲台(ヘウンデ)- 1000万観客の奇跡

歴代5番目に1000万観客がさく烈した。 8月'海雲台(ヘウンデ)の奇跡'に人々は泣いて笑った。

ユン・ジェギュン監督の海洋災難映画'海雲台(ヘウンデ)'の1000万突破は映画関係者大部分が予想できなかったという点で他の1000万映画とは差別点を持った。 '海雲台(ヘウンデ)' 1000万突破の意味は何よりも不可能を可能に作ったとのことにある。

'海雲台(ヘウンデ)'は製作初期からCGに対する憂慮が大きかった。 またうわさやはり悪かった。 だがすべての憂慮と心配をひっくり返してベールを脱いだ'海雲台(ヘウンデ)'は見る人々をびっくりさせた。 ぎこちなくなければ幸いだという考えをひっくり返したためだ。

CGが完ぺきではないけれど前部は'海雲台(ヘウンデ)'住民たちの笑いが入れられた日常事で,後部分はメガ津波が襲って起きる悲しみと感動がよく似合って'韓国型'災難映画を作ったという評価を受けた。 これは歴代5番目に,3年ぶりに起きた1000万観客の奇跡という(のは)光栄を産んだ。

コメディ監督に留まったユン・ジェギュン監督は企画力ある映画製作者兼監督にそびえ立ったし'海雲台(ヘウンデ)'は韓民族情緒とブロックバスター間の異種交配が可能なことを知らせた。

○下半期:女優ら-キャスティングの奇跡

押すコ・ヒョンジョン,韓流スターチェ・ジウ,カリスマ イ・ミスク..ユン・ヨジョンを筆頭にイ・ミスク,コ・ヒョンジョン,チェ・ジウ,キム・ミニ,キム・オックピンなど6人の女優らが一つの席に集まった。

これらは自らこれを'奇跡'だと呼んだ。 ユン・ヨジョン,イ・ミスク,コ・ヒョンジョンは"事実このキャスティングが成功ならないことと思った。 このように集まるのがやさしいか,私たちがこのように一緒に座って(映画広報)インタビューをするのもよくミッキョジジしない。 一言で奇跡だ"と口をそろえた。

スキャンダル,嫉妬,喫煙など女優らに対する末梢的関心を燃料を入れて火をつける'女優ら'(10日封切り)はドキュメンタリースタイルの映画で有名な6人の女優らがファッション画報長で彼らの話を放つ。 映画は現実と虚区の境界をこんがらかるようにさせて観淫症的欲求を充足させる。

20代から60代まで各世代を代表する六人の女優らが一つの席に集まって起きるこの映画は一言で'キャスティングの奇跡'だ。 やむを得ず一緒に演技する他の女優らと気力の戦いをしなければならないこれらは'この作品をしようかやめようか'という(のは)長い考えの時間を経て参加を決めた。 自分だけ引き立って見えたがる女優らの本能を自制してこの特別なプロジェクトが参加を決めた自体が奇跡でもある。

nyc@osen.co.kr 2009.12.08 08:07

  
by kazem2 | 2009-12-08 13:01