ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

さらに浮かび上がりなさい! [3] -イム・スジョン cine21

イム・スジョンが話すイム・スジョン,
キム・ジウン監督がみたイム・スジョン
“パッと笑うことができるとは分からなかった私,演技で会って”
e0109292_21533190.jpg

                    オネエみたいな監督^^






カメラ前に立った時,イム・スジョン(23)の顔には慎ましいように紅潮ができた。 映画の中人物でムービー カメラを向き合う時とは違い,イム・スジョン本人の姿を表わすのはまだ習熟でない形だ。 映画デビュー2年もならない内に確実な主演級にのぼったが,イム・スジョンという俳優は相変らず作られている過程にあるようだった。 6ヶ月前<長靴,紅蓮>封切りに控えて会った時に比べて印象も変わった。 鋭敏で冷たい感じはそのままだが,前より快活で円満に見えた。 “<… ing>とって笑う姿が美しいという言葉を初めて聞きました。 その3ヶ月の間生きながら一番たくさん笑いました。 私にもパッと笑う表情があるんだな。 前は無表情で,何か分からない<長靴,紅蓮>の首尾のような姿が多かったんですよ。 常に緊張していて新しい状況に簡単に心を開けられなくて閉じられていたし。 それで以前にはファルチャク笑えなかったがこの頃には自信があるように笑います。 また人会う時もたくさん開いているようです。”

イム・スジョンは演技をしながら感じる成就感の一つが自ら分からなかった自身を発見していくことといった。 それが<… ing>では‘パッと笑う姿’であったし<長靴,紅蓮>では(“妹愁然に執着する首尾のように)私がそのようにひとりに執着する姿を見せるだろうとモルラッ”甘いことだ。 イム・スジョンが聞かせる普段自身の姿はこうした。 “私が周辺に別に関心がないです。 長所であり短所が自分の考えをたくさんするといいますよ。…他人に怒ることが起こっても内心和らげます。 怒れば怒る私の姿のためにさらに腹が立ちます。…いつも感情をよく表わさないのに習うその時その時の感情状態をみな伝達しなければならないでしょう。 それで演技が良いようです。”瞬間香港俳優リャンジャオウェイ(ヤン・ジョウィ)が浮び上がった。 “いつも私を表現するところになじむがができなくて映画を通じて表現する,それが幸せだ”というリャンジャオウェイの話をイム・スジョンに伝えたところうれしいように笑って話す。 “ア! それ分かりそうです。”そのような俳優らがいる。 普段にも気勢があふれてスクリーンまでふいて出てくるチェ・ミンシクのようなスタイルと違い,普段には自分中に唾(針)睡眠して演技で発散するこれら.

そのように見ればイム・スジョンが漂う無関心さと冷たいということには妙な深く感がある。 大きくて丸い目は世俗と遠く離れているようだが,陰湿でむさくるしいその世界が半径何km外側に存在するということを意識している目つきだ。 世俗と完全にかけ離れた別世界に住むようなイム・ウンギョンと違いイム・スジョンには不安だということがある。 それが緊張感を与える。 イム・スジョンに押し寄せるシナリオの配役がこういうイメージと関連があるが,その緊張感を拡張させるキャラクターは珍しそうに見えた。 “10代後半の少女,幼くてキャナルプで,おとな同じでないがケガして痛みがあって成熟して,平凡な10代でない…(ぞろぞろ暗記するように特徴らを数え上げて自ら笑う)そんなことが私のイメージらしいです。 ところでそのキャラクターらに共感は行きながらも憐憫が生まれないというか,陥ることになりはしません。 私は私が演技するキャラクターに憐憫が感じられるかが重要ですね。 恐らく最近数ヶ月間に私の心があやした側に行っているようです。”

イム・スジョンは次の出演作を定めることが出来ない状態だ。 トレンディーな企画映画は“避けるのではないが私がつまりません”と話した。 “すでに何か枯渇したような感じ”が入って自らを満たすことができる時間を設けたいという言葉もした。 “立派な俳優になるために私に最も必要なことですひとまず自信のようです。 しきりに自ら弱くなります。 自信があってこそ私を引き上げることができそうです。”

◆キム・ジウン監督がみたイム・スジョン,魅力あふれる冷たいカリスマ

オーディションの時イム・スジョンは他の同じ年頃演技者らと別に話の深さが感じられた。 他の友人らと話す時は言葉がぶんぶん漂うようだったが,修正と話す時は言葉がぴったりくっつくようだった。 また良い意味でも,悪い意味でも閉鎖的な部分があった。 男とよく似合うことができなくて社会性もないようだったしその一方で思慮深いと考えて。 イメージではその同じ年頃他の演技者らが溌刺として軽くてよどみなくて,女性であるより中性的に近づいたがスジョンは古典的な意味の女らしいということと冷たいということを与えるようだった。 簡単に触れにくい冷たいカリスマというか,そして年齢よりはるかに幼く見える感じも格別だったし。 また唇がやや分厚いながらも若干上に上がったのが外形的にも魅力的だった。 ちょうど水ですくい出して洗った桃同じさわやかさというか。

最も大きかったのはイム・スジョンの雰囲気自体が,妹に執着が行き過ぎて人生の一部を網むいて浮かび上がるだろうは首尾駅に適合するとみられた。 初めて撮影時は度々自分を閉じ込めることために大変だったが,ある瞬間からそのような自身を破って出るようだった。 <長靴,紅蓮>道(ド)良かったが私は<… ing>を見て本当に良い新人演技者という気がした。 主人公ミンア役は悲しい運命を持っていきながらも他の演技をするべきなのにあふれることも足りなくもなく正確にやり遂げた。 また首尾役はある程度作られた範囲の中の演技だったがミンアのような場合は俳優自らが作り出した演技と考える。

文:イム犯(<ハンギョレ>記者) | 2003.12.26
by kazem2 | 2009-12-06 21:50