ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<忍者アサシン> Rain’  “これはかなりよい勝負だ”

☆www.cine21.com
e0109292_13491738.jpg




<忍者アサシン>レーン

雨がハリウッドに進出した。 ウォショスキ兄弟との遭遇を知らせた<スピードレーサー>の端役が予告篇だったら,今度は本編だ。 ‘夢をかなえた’という彼に<忍者アサシン>この事件であるように,韓国観客にも‘レーン’という(のは)タイトルの画面占領は以前にない事件だ。

雨は唯一名前がたくさん必要なスターだ。 演技者で彼が領域を拡張する時,彼は実名‘チョン・ジフン’を前面に出して自身の変化を知らせた。 彼は,自身がチョン・ジフンと呼ばれるならばその間‘歌手ピ’で見せた舞台の上パフォーマンスの跡を振り切って俳優としてのアイデンティティを獲得できることと強調した。 実名の使用は自身がそれだけ演技に強い執着を見せるという真実性を照らす効果的なマーケティング手段になってくれた。 彼が名前を変えるということはそれで空白を説明する誰かの新しいヘアースタイル,あるいは整形手術と似た脈絡で読まれ(読ませ)る。 彼は突然スタイルを変えたり他外皮の目にメスを入れる代わりに,変わった名付けるかで変化を刻印してきた。 初めてのハリウッド進出作<スピードレーサー>から彼は悲悼チョン・ジフンでもない‘レーン’という称号で自身をアピールしてきた。 米国の幼稚園生も分からないはずがない基礎単語‘ Rain’はハリウッド市場で彼を知らせる絶体絶命の武器であった。

クレジットの力は思ったより大きかった。 <忍者アサシン>で彼が98分の間技芸に近い武術をリリースする時より,あるいは頻繁なクローズアップで彼の他外皮がとりわけ粗野に見える時よりさらに驚くべき場面は,映画の開始ワーナーブラザースのロゴの後に続き彫られた‘ Rain’というタイトルだった。

完成度を論じるのに先立ち<忍者アサシン>は・ツゥリョン自体ですでに話題になるほかはない映画だ。 メジャー製作会社ワーナーブラザース,製作者ジョエル シルバーとウォショスキ兄弟,かなりのブロックバスターに次ぐ2800ヶ館での封切り,そして彼が引き受けた英雄雷蔵まで。 孤児で育って秘密忍者養成組織‘オジュヌパ’により育まれた人間兵器雷蔵は優れていた武芸で師父の目に入る高弟だったが,脱出を試みた組織の一員であり初恋の友人の死以後組織を離反,逃亡者になって組織の瓦解のために戦う。 正義に向かって挑戦するハリウッド英雄の役割が人種と関係がなく彼に与えられた。 さらにはハリウッドで生まれて育って言語を習得した同胞でもない,彼は言葉どおり韓国での活動だけで抜擢された幸運児という点まで付け加えなければならない。 ‘ハリウッド進出’という広報効果だけ狙って実状と違い誇張されるように広報する映画らでない,‘本当に’ハリウッド主流映画を代表する俳優になったわけだ。 “アジア人としては初めての単独タイトルロールを引き受けたことだ。 考えてみろ。 ジャッキー・チェンは常にパートナーがあった。 彼が,30代後半に始めた自身よりは20代後半に始めた私がさらに可能性が多いから上手くするとし激励したよ。”レーンは自身が獲得した今の地位を否認しようとしない。

彼は途方もない幸運とそれにともなう努力を支払った今の自身が殊勝なように見えた。 自信の後には彼がハリウッドで流した話そのままの汗の雫があった。 <忍者アサシン>のメイン タイトルは<スピードレーサー>時から‘わざわざ眼に触れようと’撮影がない日にも行って練習して見守って信頼を積んで獲得した席であった。 苛酷な練習と撮影を自任して出たのはそれで他の迷惑でないレーン彼自身だった。 “この機会をのがしたくなかった。 出来ることなら私が飛び降りて私が車両と衝突したかった。 スタントマンなしで100%私がすべてしたかった。 とても積極的だと見るとむしろスタッフらが私を止める状況だった。”そのように危険水準高難易度の場面中80%がレーンの体で直接作られた。 映画の中驚くべき場面の中の一つの,尖塔いっぱいである時で逆立ち西暦(書記)する場面やはりCGでないレーンの演技だ。 “プッシー業をするのに吐きそうだったよ。 初月に一つ,トゥルチェッタルに二つ,セッチェッタルに三つ,ついに8ヶ月になって20個程度まですることになった。 とる日,私が戦慄が出た。 人はやはりならないのがなかったよ。”つらい撮影と練習が並行される期間. 吐いてご飯食べて,食べた通り吐くことを繰り返し,撮影をする間の中はめちゃくちゃになったが,きつい心は不思議にもそっくりレーンを支えてくれた。

ハリウッド映画を撮るといった時彼が接した最もありふれている質問は‘なぜアジア俳優らは毎日アクション ジャンルだけか’という非難混ざった質問だった。 しかし彼はこの非難の地点で自身の可能性を発見した。 それはその間一生懸命体験した米国という市場に対する分析と戦略とかみ合わさる。 “<忍者アサシン>を貧弱なストーリーと非難しても大丈夫だ。 アクション ジャンルの特性上明らかに楽しむことができるのか点がある。 重要なことはこの映画でレーンというキャラクターがハリウッド市場にいくらか刻印されるかという問題だ。 たとえ興行に成功できなくても名前は残ることができる。 それではなったことだ。 それでは,次のステップに進むことができる。”

ウォショスキというバックグラウンドは彼が歌手での成功をあるようにしたパク・チニョンと遭遇した時のような大きさのことだ。 ただアジア市場進出のためにすばしこく彼に接近した無数の企画会社とは違い,ウォショスキは純粋に彼のスター性だけ見て彼に投資した最も影響力あるつっかい棒だった。 “なぜ私のからだ酷使して彼ら良い働きさえしてくれるか。 私は自信があると私の価値をまともに評価する人が必要だった。”レーンは今その堅実なつっかい棒を踏んで駆け付けて結果を待つ。 “今でも米国でレコード提案は多く入ってくる。 ところでまだその提案を全部留保している。 <忍者アサシン>がどれくらいうまくいくかも知れないから。 うまくいくならばもう歌手でない演技者で活動したい。”すでに今回の成果により2編(便)と3編(便)の提案が待っている,でもかなりよい勝負だ。 “人生は断定するのが難しい賭博のようだ。 事実私がこれからどうなっているのか私さえ気になる。 確実なことは結果を心配する代わりに私に来た機会をつかむことだ。”

文:梨花(イファ)青写真:ソン・ホンジュ(写真部長)

スタイリスト パク・ヘジョン,正閠頃・衣装協賛D&G,ソンジホオムム,IWC 2009.11.30

☆この勝負 勝ちましたね^^ 
by kazem2 | 2009-12-06 13:46