ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

映画「女優ら」 イ・ジェヨン監督インタビュー

☆10.asiae.co.kr

<女優ら>
“女優らが難しいと? 最も常識的な人々”イ・ジェヨン監督とペク・ウンハ編集長,
映画<女優ら>そして‘女優’をマラダインタビュー,文.ペク・ウンハ整理.チェ・チウン写真.彩旗院編集.
女優は何で生きるのか“女優が難しいと? 最も常識的な人々”屋根突き抜けて女優キツネの一生12月10日封切りを前にして<女優ら>を見る前. この映画に対する個人的な予想はカン・ホドン,海苔C,イ・スンギの代わりにユン・ヨジン,コ・ヒョンジョン,キム・ミニが出てくる‘1泊2日’同じであることということであった。 しかし実際に蓋を開けて見るとこの104分のパフォーマンスは6人の女優が同時に出演した‘膝ぶすっと導師’に近かった。 実名で演技するわいわい騒いだリアリティー騒動劇よりは始終一貫面白味の手綱をのがさない真心のトークショー. あたかも几帳面でウィットあるインタビューを盗んで読む感じがして<女優ら>を見る終始インタビュアーという職業を持った人で若干嫉妬が私を状況だった。 次は永らく女優らを慕ってきたある記者とその恋慕をついにスクリーンの上でピョルチョネンハン監督が分けた午後の対話だ。







イ・ジェヨン
“出演者などは女優らしくない人々”
ペク・ウンハ:
ともかく果たして男,女を跳び越える‘女優’という存在は何か?
イ・ジェヨン:
事実すべての女優を代表する作品を作るという大層な意志より私が会ったいくつかの女優の話を観客らと一緒に分けたい心が大きかった。 いつかユン・ヨジョン先生がそのような話をしたよ。 ‘俳優’という漢字を見れば違う非を使って,‘人でもなくて人々を悲しくさせる’存在と。 ある瞬間をすぎれば人気は落ちて,年齢は入って,それでも絶えず美貌を競争しなければならなくて,演技を競争しなければならない職業. そしてそのすべての過程がそっくり大衆に見られること。 そうするうちに一般的な男や女たちの人生とは明確に違う生活を送らなければならないようだ。 結局その人々だけが持った属性らをちょっと表わすことができる映画を作ってみようと考えたことで。

ペク・ウンハ:
映画開始に最も大きいインスピレーションを与えた俳優は誰だったか?
イ・ジェヨン:
<多細胞少女>終わらせて去年しばらく失業者で過ごしてユン・ヨジョン,コ・ヒョンジョンのような俳優としばしば会って似合ったがとてもおもしろい人々だった。 ユン・ヨジョン先生も先生だが,コ・ヒョンジョンは多分男,女をあわせてこういう人間がないほどだ。 映画仕事を始めていくつかの女優らに会って彼女らの話を聞くことになってこの人らがする言葉が本当に多くの人々ということを知ることになった。

ペク・ウンハ:
一人で見ることがもったいない程? (笑い)
イ・ジェヨン:
そうした。 この映画に登場する,あるいは出演すると決心した女優らは私たちがあるいは私が持った‘女優’という普遍的な属性ではたくさん抜け出している人々だ。 正確に話せば最も‘女優’らしくない人々だ。 女優らはなんだか女神のようで,ベールに包まれていること同じで鋭敏であるいは無駄に神経質であること同じでそうなのではないか。 ところでこれらは女優に対する先入観をたくさん破った人々だった。 たとえば用心深く“女優らは一緒に寝る集まれないと聞いたがこういう映画を撮れますか?”尋ねた時“なぜできない? 自分たちがなくてできないんです”このようにごつんと答える人々だったんだろう。

ペク・ウンハ:
<女優ら>を見ればこれらを主人公にした劇的なドラマを作るという映画監督的態度よりは永らく‘女優’という動物を観察してきた自然ドキュメンタリー監督の結果のようだという気がした。 初めて女優らと共にこのような形の映画を作ってみればどうだろうかと思う考えたのがいつか?
イ・ジェヨン:
ぴったりこのような形ではなくて<情事>を終わらせてすべての登場人物が女たちのヌワール映画を撮ればどうかと思った。 ヌワール映画の主人公はいつも残ろうと女たちはいつも花やパムムパタルロマン登場する構図だからそれをひっくり返して‘女たちがすべてしてみよう’とする式の発端だった。 結局私のすべての映画は主流映画を少しずつひっくり返すところで出発すること同じだ。 <情事>道(ド)主流映画のようだがその間見た韓国不倫メローの流れを少し捻ってみようということであり,<スキャンダル>道(ド)私が分かる韓国式史劇をちょっと新しくしてみようという考えであったし。 その次に考えたのが‘欲望のはしご’と(笑い)きわめて制限された空間で絡まって混ざって広がる話であり,そしてフィクションとノンフィクションが混ざった映画,あるいはフェークドキュメンタリー形式で作りたい映画らも結構あった。 開始は即興的なアイディアだったが結果的に今まで私が作ろうと思った映画らの総体が<女優ら>になるようだ。

ペク・ウンハ:
映画会社を見て回ればヨーロッパやハリウッドの場合をジャンルの発達あるいは社会環境場合もあるだろうが,女優らが持つ多様なスペクトラムが存在した。 それに比べて韓国主流映画で女優ができる役割は限定されていたようだ。 90年代以前の女性キャラクターや女優らは被害者か対象化されていたという考えになって。
イ・ジェヨン:
現在も男性中心の映画らが主流紙しないか。 女優らも皆‘女らのための映画がこれほどないか’でわめきたてて。 結局女優らが自分の才能を腐らせている現実と女優らはなぜ一回ぐらい格好良く何かをしてみる機会さえないかという疑問が私の非主流的感性に会ってこの映画が発火したものと見られないだろうか?

イ・ジェヨン“女優の存在に対して最初に認識するようにさせたのはイ・ミスク.”

ペク・ウンハ:
映画を作る前一人の観客として女優を羨望して眺めるほかはなかったはずなのに,女優という存在に対する最も初めての記憶は誰だったか。
イ・ジェヨン:
もちろんその前にも当代にもすごい女優らが多かったりしたがあの人は女優,と認識するようにさせたのはイ・ミスク氏であった。 あのように美しい女が演技まで上手だとは。 (笑い) <冬旅人>,<ぷうっと>特に好んだ<その年冬は暖かかったよ>まで一つイメージをずっと維持するよりはずっと何かを破りながら行く人同じだった。 幼い感じにもとても素晴らしかった。 <情事>やはり‘イ・ミスクのカムバック作品’というのに欲が出た。 いや! 私がイ・ミスクと初めての映画をすることになるとは!

ペク・ウンハ:
私たちがよく‘女優’と呼ぶ単語の正義には括弧開いて‘スター’が入っているようだ。 韓国でもあるいは海外でも同じだろうが女優は基本的に俳優よりはスター性が要求されるのに結局これは俗物的な欲望らと連結作って考えざるをえない。 なぜあえてどんな映画セット場でなく<ヴォーグ>画報撮影会場で,マッコリでなくドン・ペリニヨンが出てこなければならない状況なのか考えた時女優ら中にやむを得ず席を占めた俗物性を元気に取り出して見せてくれたくなかったかという気もして。
イ・ジェヨン:
合う。 そうしたことだ。 初めてシナリオにはこのすごい女優らがなぜ演劇舞台のために集まることになるという設定だった。 各自連絡を受けてきたが来てみるから自分だけ連絡を受けたことでなかったしそうしたところで広がる葛藤,それを描こうとすれば色々な設定らを無理に持ってこなければならなかったがさっき話したように女優すれば浮び上がることすなわち‘スター性,ファッション,美貌,競争’こういう要素と装置らがファッション画報で場所を移すから最も経済的で効果的にあらわれることになったよ。

ペク・ウンハ:
観客らはあの俳優らにあのような面がある? ラで見ることもできるし彼女たちを分かるインサイダーらは合って合ってしながら見たよ。 どこまでが本物でどこまでが虚構であるかどうかの境界が本当にきわどい。 必ず俳優本人のエピソードではないのもあっただろうし。
イ・ジェヨン:
広く話せばその間映画界に身を置いている間聞いた女優に関するエピソードら,私が把握した女優らの特性らを選ぶように配置したものと見れば良い。 実際本人に起きたことでなくしてもとにかく女優らの共通した属性らで導き出された状況だから合致することだ。 現場に到着する順序に対する牽制とか,撮影しに行きたくなくてという弁解とか,別にとって後ほど合成してはいけないでしょうかという要請ら(笑い). ぴったりどこと話すことにはならないが聞いたものなど,あるいは十分にそうしそうなものなどを集めて出したことだ。

ペク・ウンハ:
コ・ヒョンジョンとチェ・ジウの口げんかシーンはもしかしたらこの映画のクライマックスなのに(笑い)嫉妬あるいは競争ということが女優らを動かすようにする一つの動力という気がした。 悪いウイ迷路でなく,彼女らを奮発あるいはファイティングするようにする。
イ・ジェヨン:
事実それはすべての人間がそうなのではないか? 記者ら間でも他の記者らよりもう少しよく使おうとして,‘1対1で会うべきで,ラウンドインタビューのようなもの絶対しなくて’こうしたことあるじゃない(笑い)これはどの性やどの社会でも共通した属性だと考える。 この映画を通じて一人一人の人間的な魅力を見せてあげたかったし,結局は人間的な魅力の上に垂れた女優としての姿が見られることで,一歩進んで女たちの話になることで,結果的に社会像をちょっと反映しないだろうかという気がした。 序列というか,それなりの組織中で広がる葛藤のようなものらまでも。 あたかも‘扮装室のカン先生’のように。

ペク・ウンハ:
‘扮装室のカン先生’こそ<女優ら>と最も高いシンクロ率を自慢したこと同じだけど? (笑い)
イ・ジェヨン:
ハハ。 映画を作っているのにこういうコメディが出てきてびっくりした。 良いことは行って悪いことは行ってしたくて?

ペク・ウンハ“ファッション画報撮影会場という場所は女優の俗物性を元気に取り出すとみられた。”

ペク・ウンハ:
六人の女が‘女優’という(のは)共通点で縛られる部分もあるが,各々考える女優や大衆と接する地点の高さや深く同じなのがみな違うという気がした。 イ・ミスクの場合女優は大衆の期待に応じる適当な神秘感と距離感を持ってくれなければならないと信じるようだし,コ・ヒョンジョンの場合は普段や映画でも演技でも態度的な大差ないようだし。?
イ・ジェヨン:
社会が変わるだけにその中にある女優らも,人々の認識もたくさん変わることと見る。 以前のように結婚すれば終わり,離婚すれば退出,帰ってくれば誰君の叔母,叔母へ渡る時代ではないのではないか。 イ・ミスク,チャン・ミヒ,キム・ミスク,その下キム・ヘス,イ・ヨンエ,コ・ヒョンジョン,チョン・ドヨンまで以前に比べれば活動年齢帯もたくさん上がったのが事実で。

ペク・ウンハ:
一方過去は時代を代表する象徴的な女優らがいたとすれば今は女優らがもう少し多様で多くなったが次世代の代表走者がまだ登場していないとの気がする。
イ・ジェヨン:
トロイカ,同じ象徴はいつも言論で作り出してきたのは事実なのに,今作り出すことができないということは,ウン...それだけそれぞれの個性らがちょっと格別で二至しないだろうか?

ペク・ウンハ:
イ・ナヨン,ソン・ヘギョ,イム・スジョン,ハ・ジウォン,シン・ミナなど次に世代の女優らは明らかに存在するがその前世代を威嚇するほどのメガ級の女優らが出てこないでいるのが事実だ。
イ・ジェヨン:
出てこれなかったのもあるが先立って話した俳優らの活動年齢帯が上がって分散させたのもあるだろう。 イ・ヨンエ,チョン・ドヨンが相変らず健在だからその壁を越える人々がないということというか。 それは男俳優らも同じだ。 チャン・ドンゴン,チョン・ウソン,イ・ジョンジェ以後にその下ではみな分散している感じる。

イ・ジェヨン“ユン・ヨジョン,コ・ヒョンジョン,イ・ミスクは女優だから甘く見る視線と戦ってきた。”

ペク・ウンハ:
イ・ミスクが“女優らが表紙に出てくるのが初めてだと? ところでなぜ私たちにプライドを持てといったの? 自分たちがプライドを持たなくちゃ”という話に本当にドキッとしたよ。
イ・ジェヨン:
ユン・ヨジョン,コ・ヒョンジョン,イ・ミスクは女優だから甘く見る視線をいつも拒否して生きてきた人々だ。 この頃論議になるスポンサーとか,カバン与えるから行事をこいマというそうしたことあるのではないか。 例えばユン先生はクラシックが好きで文人らもたくさん知っていてそれで何の名士らのパーティーに友人でも招待されて行くのに,それでそこ来た人々が‘どうやっていらっしゃいましたか’このように尋ねるといったよ。 それが一番自尊心が傷つけられることの中一つと。 どのようにくることは,くるべき程であるからきたものだが皆‘俳優がどのようにこういう席まで’と考えるということだね。 結局女優らだからこうするのだという取り扱いを受けないと,その偏見らと次第ずっと戦ってきた人々であることだ。 なので堂々とプライドの話ができることで。

ペク・ウンハ:
それで映画を見ればユン・ヨジョン,イ・ミスク,コ・ヒョンジョンは生存者のようだという気がする。 死なないで,消えないで,逃げないで,とにかく生きてここまで来た人々.
イ・ジェヨン:
この女優らが共通に難しいという言葉を聞く人らなのに私の基準として見れば彼らはとても常識的な人々だ。 常識的でない社会に常識を度々突きつけるから‘なぜあの人々はおおまかに行うがあのように難しく夏至’という話も聞くことだね。 これを私が何故する? 俳優なので私がこれをしなければならない? という疑問を持つから。

ペク・ウンハ:
年齢が何歳でも女優はデビューする瞬間年齢が止まるという話を聞いた。 悪く話せば社会的に未熟で,他の見方をすれば還暦を越えても純真さ同じなのが普通女たちよりさらに多くの人々だと。
イ・ジェヨン:
よく女優らがずる賢くて機会もよくとらえてそうしそうだけど意外に純粋な人々が多い。 なので俳優をすること同じで,監督や作品だけ信じて自分を投げる事もできるし。 計算が多ければそうすることはできない。 それだけきれいな部分がある人々だと考える。 それをユン・ヨジョン先生は‘突拍子もない’で表現するのに例えば<女優ら>道(ド)カッとしてある場合が大部分だった。 シナリオもキャスティングもギャランティーも出てこなかったが,‘監督様そうしたこと本当にしたい? 私が助ければ良いですか? してみるが何.’このように5分目に。 こういうのを計算してはできない。

ペク・ウンハ:
ところで普通女優らという(のは)古い昔から気まぐれが激しくて寝やすいこと追いかけて行ってそうしそうなイメージが多い。
イ・ジェヨン:
もちろん感情の起伏も激しくて鋭敏で。 こうするから俳優をするのだろう。 でなければ一般人のそこ. 本人が楽器の人々なのに繊細で鋭敏でなければできない職業でそれだけ傷も簡単に受けることができて簡単に陥ったりもするようだ。 結局感情がさらに主な武器の人々であるから義理というものも計算より感情から出ることで。

ペク・ウンハ:
一人の監督立場では率直にどんな女優らが気楽なのか。 例えば自我がとても強くて自己主張がある俳優? でなければ主張がない受動的俳優? <テス>の監督そうしたのかで,女優は基本的に白痴と。
イ・ジェヨン:
学習が長いだろうが短いだろうが間に習うという結局監督の話を理解をしてそれを表現やり遂げなければならない人々だ。 それで私は賢い俳優が良い。 白痴でなく白紙. 賢くて自らの感情を白紙で空けることができるそのような俳優. 監督が塗りたい色がそのままにじみ出るように純粋な人々が良いことだ。 ずる賢いこととは他の賢い俳優が良い。

イ・ジェヨン“女優が素敵な自我を維持しにくい社会”
ペク・ウンハ:
悲しい話は一ケ所男俳優らが年を取って得ることになることとは違って女優らは確かに老化というところでさらに自由でないようだ。
イ・ジェヨン:
本来シナリオでイ・ミスク氏の設定は‘うつ病かかったイ・ミスク’繋いで。 表面であまりにもりりしいがスタジオに入ってくる前に憂鬱な表情を皆歩いて入ってくるそのような女優,ところでとても陰がなかったよ。 (笑い)うつ病かかってみたこともなくて,‘前にちょっと憂鬱だといわなかったんですか?’したところ‘そのままする声紙,本当に憂鬱ならばそのような話をしますか?’だよ。 もちろん20代,30代,その美貌とそのキャラクターで本当によどみなく生きたことだ。 ところで今は決心してもならないこともあるということに対する挫折感があるはずなのにイ・ミスク氏は内面でたくさん闘争して生きているようだ。 冗談のように“私が新薬開発しているから皆後ほど連絡して”といいながら老化に対するストレスを一人で積むのでなくちょうど解いてしまう。 5,6時間ずつ運動をして,ビタミンよく支度して食べて。 ストレスがないことでなくそういうのを表面に表わして克服する人であることだ。 ユン・ヨジョンは本人自ら‘ノ・ペウ’ ‘老人’という言葉を頻繁に使いながら暮らして自分の自らを戯画化して客観化してむしろそれを克服して細いようだ。 他の人々が先に‘あの両班(ヤンバン)なぜこのように老いたって?’と攻撃する前に‘私老いたこと分かります。 分かるから攻撃しないでよ’とすること一緒に。

ペク・ウンハ:
映画でユン・ヨジョンが“君たち内前で皮膚話をするな”とするように? もしかしたら全部老化という自然現象を逆らうことができないからそれぞれの精神治療法が別々にあるようだ。
イ・ジェヨン:
それなしでは耐えるのが難しい職業起こったことだ。 世の中はずっと女優の年齢を触るから。 なぜ我が国にはカトリーヌ・ドヌーブ,イジャベルウィペル,メリル ストリープのような女優がないかという話をたびたびするのにこれは女優の資質問題でなく韓国社会の問題だ。 ある時点が過ぎてスターダムの権力の座から降りればあなたは‘終わった’と簡単に評価してしまうから女優が素敵な自我を維持していくことあまりにも難しい社会環境であることだ。

ペク・ウンハ:
もし俳優らが集めておいてこういう映画を作るならばとても違った風景が広がりそうだという気がしたよ。 序列による平和が造成されないかと思う疑い? 鳥肌出ない線で女たちだけの平和を成し遂げる方法をこの映画で見たこと同じだった。
イ・ジェヨン:
男たちは表現するのをぎこちないからこのような形の色とりどりなは出てこれないことだ。 もし男俳優らならばこのように多様な世代の話よりは同じ年頃らを集めてみたい。 同じ年配らが互いに一つになることさえできるならば。 イ・ビョンホン,チャン・ドンゴン,チョン・ウソン,イ・ジョンジェ....でなければ韓流スターらが集まって広がる仕事だというだろうか。 (笑い)

ペク・ウンハ:
女優らのように本当に集まることができるだろうか?
イ・ジェヨン:
それは分からないだろう。 ところで多分<女優ら>の女優らも女なのでよく集まったことではないことだ。 この人らであるからしたんだろう。 どんな女優らは集まること自体が恐ろしいというから。 そのようにして参加できない俳優らが結構ある。 結局ここに出てきて与えた人らは枠組みに閉じ込められた女優のイメージを拒否した人々のそこ.

ペク・ウンハ:
映画が‘記録の媒体’というあまりにも当然の事実をもう一度刻印させた映画であった。 このそうそうたる当代の女優らが集まったとのことが,そしてこの女らの真心や声が少なくとも真実に近接した方式で記録されたとのことが作り出す価値話だ。
イ・ジェヨン:
画の中で,2008年12月24日私たちがこのように集まったことを記念で写真を取ろうと話すように,<女優ら>は2009年6月2週間私たちがこの映画を撮影したということを遠い将来追憶するための記念になるようだ。 彼らもいつか変わって行くし。 誰かは消えていくことだ。 そうする時,合って私たちの一時あのように送ったが,卒業アルバム見るように取り出すことができるのも同じで。 出演した女優らはこの映画を通じて各々どんな部分が治らないだろうかという気もして。

ペク・ウンハ:
ここに出演しなかった他の女優らやはりこの映画を見て似た感じを受けるようだ。
イ・ジェヨン:
結局6人の国家代表女優を選んだということよりは喜んで女優らを代表して代弁する人々が出たとのことが合うことだ。 とにかくすべての女優らが一回ぐらいしたかったお話を代わりに話してくれているから。

ペク・ウンハ:
10年後にこの女優らをもう一度集めて映画を撮ってみればどうだろうか? 2018年クリスマスイブぐらい同窓会のように?
イ・ジェヨン:
ア! 本当にそうか? その時は実際ドキュメンタリーでしても良いようだ。 見て,その時ならばユン先生が七十三なのに…? 全部どのように変わるのかかなり気になる。 (笑い)

10 FOCUS 2009.12.03
by kazem2 | 2009-12-04 08:35