ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

"2012"ゴードンはなぜ死ななければならなかったのだろうか

☆www.movieweek.co.kr
とても面白い考察です^^





<チャン・クンヨン博士の無比+>

<2012>増えてで殴って壊すので(に)一家を成し遂げた監督‘ローランド・エメリッヒ’の新しい災難映画だ。 エイリアン,ゴジラ,温室効果を経て今回は地球儀内核を電子レンジのように熱してしまう中性米者が元凶だ。 似ているように地球内部で問題がさく烈するという設定の映画<コア>(2003)もあったが,視覚的な効果や規模においてはこの映画に従えない。 そしてその規模に似合うように興行もうまくいくようだ。 事実災難映画は映画歴史の草創期から最も人気があるジャンルであった。

歴史を遡ってみれば1937年ドイツの民間旅客飛行船‘ヒンデンブルク 号’がニュージャージーの係留場で爆発した事故はTVで生中継された最初の災難だった。 そしてこの災難は映像メディア業界最初のヒット作でもあった。 これがどんなに人々の目をひきつけたのか後ほどには最初からこの場面だけ別に劇場で上映したほどであった。 もちろん私たちはこの事件を大部分英国ロックバンド‘レッド チェッぺリン’が1968年に発売した初めてのアルバム ジャケット写真にだけ知っていない言葉だ。 その後数多くの災難映画らが出てきた。 <ディープ インパクト>(1998)や<アルマゲドン>(1998),<28日後...>(2003)のような映画から始まって今年の初めに出てきた<ノーイング>と今回の<2012>に至るまで全地球的災難,いや災難映画は続く。

災難映画を生かす二種類要素

災難映画の妙味は何だろうか? 先ずは破壊自らの魅力がある。 破壊は‘力’を意味して,人間は力に恐れを感じながらも魅力を感じるように進化した。 もちろん破壊を楽しむためにはその破壊力が私に向かわないという確信が必要だ。 川の向こう側の火は見ものだが川二編(便)で自分に近づく火は逃げなければならない恐怖ではなかったか。 それで災難は映画を通じてみる時最も楽しむことができることだ。 いくら途方もない爆発と崩壊といってもそれはスクリーンの中だけで起きるだけで実際には何も破壊されなかったという確信を提供するから。 そしてこの快感を十分に提供するためにはいつも観客の予想を跳び越える描写が必要だ。 人々がいつも当然感じた名勝史跡の破壊も付け加えれば良い。

ローランド・エメリッヒの<2012>はこういう面でできる全てのものをつくした。 LAは切られたケーキ彫刻のように海の中であふれてイエローストーン国立公園は天地創造級の爆発を起こして航空母艦はホワイトハウスを襲う。 我が国の<海雲台(ヘウンデ)>(2009)程度ではとうてい耐えられることはできないスケールだ。 だから破片がジャクソン(ジョン クセク)君の家族が乗った自動車と飛行機だけ避けて落ちるとぶつぶつ言ってはいけない。 それは“観客皆さん,これがみなフェークということご存知です!”というメッセージだ。 彼さえもなかったならば本当に恐ろしくて逃げる観客らが出てきたかも分らないことだ。

だがこういう途方もない災難をいくら楽しく見せるといっても災難映画の二番目核心要素を添えなければ映画は言葉どおり災難になってしまう。 その二番目要素はまさに本当の証明だ。 人間が最も正直になる時が死を前に置いた時だと話す。 私たちが嘘をつく最も大きい理由は後ことが恐ろしいためだ。 真実を明らかにした後に近づく後日の暴風,自分が負わなければならない責任ら. それを耐えられないからひとまず嘘をつく。 だが死はその後こと心配をする必要なくさせる。 したがって人々は正直になる。

そのような面で災難映画はまさにその率直な瞬間の連続だ。 登場人物らに死を覚悟しなければならない途方もない災難を投げて置いてその前で彼らの真心を暴くのは災難映画の必須要素だ。 先立って話したヒンデンブルク惨事がヒットした背景にもやはり真正性が一役買った。 この光景を中継したアナウンサーが涙声で話して叫んだ“ Oh,The Humanity!”という惨事自体ぐらい有名な大賜暇されたのだ。

真実でない真実への要求

この映画<2012>ではどんなものを真実だと出したのだろうか? これが問題だ。 映画の主人公のジャクソンの周辺人物を中心に調べよう。 ジャクソンを冷たく対した前妻(アマンダ フィート)は事実ジャクソンを相変らず愛していたし,ジャクソンを‘皆無時’した息子(名前が少しどころか‘ノア’だ)も事実は彼が尊敬する通り(距離)を見せられなかったためであって彼を好んでいた。 娘内米価おむつを離せなかったのも事実ジャクソンと一緒に住むことができなかったためであり,300部も売れなかったジャクソンの小説は事実大統領お嬢さん(テンディ ニュートン)も感動するほどの名作だった。 もちろん彼は事実世界最高の弾丸タクシー運転手であり,途方もない潜水能力者であり話だ。

良い。 これらがみな主人公興しの一環だとクチナシ. それなら前妻の彼氏ゴードン(トーマス・メカシ)はどうしてなるか? 彼は最も口実できない無責任なジャクソンが悲運席をとてもよく満たした残ろうだった。 有能な整形外科医師と経済的に強固な柱だっただけでなく,週末には子供たちにパンケーキを焼いてくれて共に時間を送る親しいお父さんであり,妻には相変らず情熱を燃やす良い夫だった。 その上彼は誠実な初歩飛行士として家族を救うのにジャクソン劣らない活躍をやり遂げた。 彼ではなかったらジャクソン四家族らはLAとともにけりがついたことではないのか。

だが映画は彼に極めて虚しい死をプレゼントする。 それが彼に与えられた真実だ。 彼の役割は消耗品であったし,臨時代替材だっただけだ。 彼が死んだ次にジャクソンあなたはまた集まる。 すなわち,ゴードンは家族結合の障害物であったという話だ。 私はまだ理解することはできない。 いったいなぜゴードンが死ななければならないのか?

事実理由は簡単だ。 米国も血は水より濃いと信じる,それで法的な夫でもないボーイフレンドより遺伝子を提供した過去夫がさらに重要だと信じる血縁中心価値観を持った国だったためだ。 確かめてみれば災難映画を通じてあらわれる真実は本当に人々の本当に真実でなく監督が信じたくて観客らも同意したい加工された真実だ。 過度に本当に真実に近ければむしろ観客らは無視することもできる。

<ノーイング>が失敗したのもまさにそのためだ。 率直に話してどんな理由でも太陽が頭にくるならば地球にこびて生きる私たちに来ることはただ終末だけだ。 どんな希望もつまらないことだ。 <ノーイング>はまさにそのような真実に忠実だったが観客は受け入れなかった。 観客らが願うものは大統領は死んでも主人公とその家族は生き残る<2012>式抑えがたい話だ。

映画のまた他の主人公のエイドリアン(チウェテル エッジ五浦)博士が方舟に上がることが出来ない人々のために人間性に対する感動的な演説をするが,事実そこで問い詰めることは人間性でなく‘契約履行’だ。 二党10億ユーロも受け取っておいて私知らないというのは人間性以前に上道義に外れることではないのか。 とにかく,そうして映画は血縁と常道医家人間性だと信じる人々をノアの方舟に乗せて最後に残った大地(敷地)アフリカに向かって行く。 それがこの映画が追求する真実だ。
by kazem2 | 2009-12-01 10:47