ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

韓流狙う"アイリス" 国家安全局(NSS)に翻訳要員を^^

☆star.mt.co.kr
☆作戦名”K7”を広報しなさい!



シン・ヒウン記者

一回当たり製作費10億ウォン,派手なキャスティング,30%台をふわりと越える高い視聴率で韓流牽引車役割をすると期待されるKBS 2TVドラマ'アイリス'が頻繁な英語誤打に字幕ミスでひんしゅくを買っている。

製作陣の翻訳失敗は主に国家安全局(NSS)要員らがコンピュータを通じてNSSネットワークに接続する場面に現れた。

要員がネットワーク窓(ウィンドウ)にIDとパスワードを入力すれば画面には接続成功を知らせる'サクセス(SUCCESS)'表現が浮かび上がる。 ところで製作陣はこれを'SUCESS'と表記したこと。 この場面は要員が主要な業務を遂行する時ごとに登場して作品の完成度を落とした。

劇中NSS局長白山(ペクサン)(キム・ヨンチョルの方)がキム・ヒョンジュン(イ・ビョンホンの方)の両親を殺害したという内容が入れられたファイル名には'ミッション(MISSION)'を正体が分からない英語単語'MISSINON'で表記した。

ファイルで標的の生存を意味する表記は'DEAD'に対比される'ALIVE'でなく名士(名詞)'LIFE'を使うこともした。 単純な誤字脱字だけでなく基本的な英語翻訳に問題があるということを示唆する大きな課題だ。

韓国に浸透した北朝鮮テロリスト一行の隠れ場所を追跡する場面でもコンピュータには'スキャニング(SCANNING)'で'N'を一つ抜かした。 銃撃を受けて亡くなった新婦に対する資料は'殺人(MURDER)'代わりに'MURDRER'という意を分からない単語を使った。

この他にも'情報(INFORMATION)'とは'IFORMATION'で,'血液型(BLOOD TYPE)'とは'BODY TYPE'で表記して失笑を買った。 衛星追跡画面でも'SATELLITE'に'L'を一つ抜かした。

'科学捜査室長(SCIENTIFIC INVESTIGATION CHIEF)'を意を正確に理解するのが難しい'SCIENCE INVESTIGATION CHIFE'で翻訳することもした。 'CHIEF'の綴りも間違いだ。

このような英語翻訳失敗は俳優らの話を完全に理解して流れを把握する国内視聴者には大きい問題にならないこともある。 しかし'アイリス'が海外にそのまま輸出される場合,理解することはできない英語表現は外国視聴者たちの没入を邪魔する障害物になることができる。 だけでなく韓国ドラマ コンテンツのイメージまで傷つけることができるという指摘だ。

視聴者たちは"日本など海外に輸出する'アイリス'でこういう誤字脱字が発見されるとは情けない"として"必ず修正作業を経ることを望む"と声を高めた。

入力:2009.11.24 09:51
by kazem2 | 2009-11-24 14:47 | kim jee woon