ANEMA E CORE


by kazem2
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

CINE21 [掛け値&切れ端]

☆www.cine21.com
映画「執行者」は上映中止になっていたんですね



映画<執行者>の俳優,監督,製作者がユ・インチョン文化体育観光部長官と面談している。(写真)

今週,‘不公正’を強く叫ぶ二つの記者会見がありました。 先に映画<執行者>製作陣です。 11月12日プレスセンターで主演俳優チョ・ジェヒョン,監督チェ・ジンホ,製作会社活動史陣代表チョ・ソンムク氏が参加した中で‘交差上映撤回’を要求しました。 初めての週20万観客を突破してボックスオフィス1位を占めても封切り2週差に入り込んで交差上映に押し出されたためですね。 記者会見直後製作陣は文化体育観光部を探してユ・インチョン長官に嘆願書を提出して意見を交わしたといいます。 一方同日11時ミディアクト大体の室にはキムジョグァンス監督の映画<友人間?>の製作陣が集まりました。 彼らは映像物等級委員会がこの映画に青少年観覧不可判定を下したことに対して不満をさく烈させました。 “ラブシーン程度が低いことにも有害性判定を受けたのは同性愛映画に対する差別を公式化した不公正審議ふるまい”というかけます。 映画本編を上映した後には支持発言と質疑応答時間も持ちました。 この糾弾に対して皆さんの考えはどうか気になりますね。

釜山(プサン)国際映画祭が去る11月9日米国チャップマン大学ダッジ映画メディア芸術大学とパートナーシップ協定を結びました。 これで今年始める‘チャップマン釜山(プサン)ウェスト映画祭’で釜山(プサン)国際映画祭に上映した作品を上映する予定といいます。 チャップマン釜山(プサン)ウェスト映画祭は11月20日から22日までカリフォルニア オレンジ カウンティに位置したチャップマン大学キャンパス内メリアン ノツ スタジオで開催するそうです。 上映作は<コウモリ-監督版> <甘い人生-監督版> <マザー> <追撃者> <ウォナンソリ> <最後の証人> <長男> <魔女のカン> <必ず抱いて涙くるっと> <天下壮士マドンナ> <慶祝! 私たちの愛> <私の青春に叫び>でありパク・チャヌク・キム・ジウン・吏読(イドゥ)用・パク・チンソン・キム・ドンウォン・キム・ヨンナム監督が参加します,パク・チャンウク監督のマスタークラスも開かれるといいますね。 韓国映画を知らせる良い交流の場になるよう願います

‘アジア多文化主義:秘書区疏水性の政治と連帯のために’という深度深い上映会および学術会議が11月21日(土)と22日(日)シネマ想像の広場でヨルリムニダだ. この行事はインドとマレーシア映画を中心に上映して議論する行事です。 インドで最初に売春従事者を扱ったドキュメンタリー<肉体という>,マレーシア共産党で追放された後亡命したひとりの人生を扱った細微ミュージカル ドキュメンタリー<最後のコミュニスト>,歌手と映画監督カップルの二人の恋人関係を覗いて見る<私は美しくないのか!>等その間見るのが難しかったインドとマレーシアの進歩的少数政治学の映画を見ることができるといいますね。 監督と対話および多様な学術コンファレンスもある予定とか関心がある方に良い機会がありそうです。

文:精悍席 2009.11.16
by kazem2 | 2009-11-16 19:28 | kim jee woon